日記

日々の出来事を感じたまま書きます

次の質問をどうぞ

2018-12-13 11:12:30 | Weblog

河野外相が記者の質問に答えず、次の質問をどうぞ。
北方領土交渉におけるロシアの厳しい態度が透けて見える。
ラブロフ外相は平和条約締結をおねだりなどしないと言っていた。
実効支配している島々は戦後、ロシアのものだとしている。
日本人が思うほど甘くはない。
平和条約はこの一両年では難しいのではないか。
記事にできないからと言って河野外相を責めてはいけない。

中谷不動産のホームページへ

コメント

過ぎたるはなお及ばざるがごとし

2018-12-06 09:13:23 | Weblog

韓国の最高裁判所が新日鉄住金に対して賠償命令を出した。
続いて三菱重工業にも。
戦後の日韓における歩みを全く無視した判決である。
原告の韓国弁護士が新日鉄住金を訪問して門前払いを食らっている。
彼らは強制執行するぞと声明を出して帰国した。
韓国は戦後、いろいろと対日請求を提示し日本は対応してきた。
ここまで来ると日本政府も相手にしないと開き直っている。
中国の格言「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」を思い出した。

中谷不動産のホームページへ

コメント

野党反発

2018-11-29 09:27:22 | Weblog

野党反発。しばしば見かける。
そして悪しざまに与党を批判している。
されど、法案は多数決で押し切られている。
犬は吠える、されどキャラバンは行く。(野党を犬に例えて失礼。立派な先生が居られる。)
法案が否決されれば国民生活に支障が出るのでいたしかたない。
野党の非力と言うべきか。
来年の統一地方選、参院選で与党が善戦する気がする。

中谷不動産のホームページュへ

コメント

辺野古移設

2018-11-27 16:09:10 | Weblog

那覇市で買い物をしていた時ゴーと言う騒音に驚いた。
米軍戦闘機の離陸だった。
上空を見ていると米軍輸送機がすれすれに着陸態勢に入って来た。
基地に悩む沖縄、旅行で体感した。
県は辺野古移設に絶対反対で一歩も引かない。
辺野古に移れば普天間は返還される。
負担は軽減すると思うのだがこれは県外の見方かも。
基地絶対反対は県民の理想だが、
妥協して金をとることも選択肢だと言った県民を知っている。
知事にこのような視点はないのかな。

中谷不動産のホームページへ

コメント

大阪夢洲万博

2018-11-26 16:07:44 | Weblog

2025万博が大阪・関西に決まった。
関係者のご苦労をねぎらいたい。
7年後なので楽しみにして、長生きしなければならない。
ただし、元気な姿で迎えられるかどうか必ずしも自信はない。
2025年には卒寿を迎えるので弱気なことを言ってしまった。

中谷不動産のホームページへ

コメント

世代交代

2018-11-26 15:43:05 | Weblog

貴景勝が優勝。
22歳の若さにおめでとうを言いたい。
相撲界の世代交代につながってほしい。

中谷不動産のホームページへ

コメント

内部告発

2018-11-22 16:29:53 | Weblog

日産のゴーン氏が内部通報(告発)で逮捕された。
日産の救世主で手腕のある実力者だということを認める。
彼が逮捕されたとは遺憾。
司法取引と言う手があった。
悪いことはできない見本のようである。
似たようなことをしている他社はあるかも知れない。
今のうちに手直ししておくことを奨める。

中谷不動産のホームページへ

 

コメント

2島返還

2018-11-16 14:29:30 | Weblog

歯舞群島・色丹島の返還とプラスアルファで日露が合意できるか。
2島返還で野党は静かにしている。
上手くいけば衆参同日選挙もありうるか。
平成の成果にしてもらいたい。

中谷不動産のホームページへ

コメント

入管法案審議入り

2018-11-13 08:57:22 | Weblog

我が国は島国で保守的な社会だが、外部からの刺激で変わってきた。
徳川幕府は種ヶ島(鉄砲)によって出来たと思う。
明治維新は黒船の来航で出来た。
昭和20年の敗戦で平和国家に変身した。
次は何か。
平成の後期から新元号時代の社会変化が考えられる。
審議入りした入管法改正案(移民法案)による変化である。
多くの外人が入ってくる。
どのように変わるか注目したい。

中谷不動産のホームページへ

コメント

高齢者の登山

2018-10-31 11:46:52 | Weblog

三浦 雄一郎氏(86歳)が南米の登山に挑戦。
高齢者に勇気を与えるニュースである。
寄る年波には勝てないと控えめな年寄りは、
元気を出してもらいたい。

中谷不動産のホームページへ

コメント