中野区保育争議をご存知ですか?

「たかが非常勤」と見下して、中野区は非常勤保育士を全員解雇。保育園に戻るため裁判などでたたかっています。

保育園前でのお願い4

2006-07-31 20:21:52 | Weblog
7月31日 今日で7月も終わりですね。長かった梅雨も終わり、それっ夏休み!と思ってたけれど、気温の低いせいか晩夏って感じです。カラッと晴れてくれますように!
 さて、今日は宮の台保育園。2年前に私たちが解雇させられたときに、中野区はこの保育園などを民間委託することを解雇理由にしました。もちろん私たちは他の保育園で働いていたので、いまでも納得行かない説明なんですが。
 2年前は、この宮の台保育園前でよくチラシをまいて、署名をとりました。民間委託を反対、延期してほしいと思っている。保護者が多かったのでいっしょになって署名を積み上げました。2ヶ月あまりで各種10万筆ですからすごいものです。でも区長さんはこの声を無視してしまった。
 宮の台の子どもたちは元気です。年齢別に色別された帽子をかぶって園庭せましと遊び回っていました。あの2年前にまだ乳児だった子がもう年長なんですよ、と話してくれたおじいちゃんもいました。前に通っていた区立保育園にいた、子どもも親もみんな大好きだった非常勤の先生が辞めさせられたことをいまでも覚えていると話してくれたお母さんもいました。あのときの辛さと「忘れられていないんだ」という嬉しさが絡み合う2時間半の門前でのお願い。また来ますね、みなさん。
 宮の台保育園の門前には、みかんの木が植えてあります。アゲハチョウもやってくるでしょう。木の脇にある、滑り台(避難用と兼用)の赤さが映えてきれいな保育園です。ちょっと困惑した風ながらも、チラシまきにご理解くださった園長先生、どうもありがとうございました。

保育園前でのお願い3

2006-07-28 20:17:03 | Weblog
7月28日 今日は桃が丘保育園、新井保育園での署名のお願い。
 桃が丘って本当に素敵な保育園です!児童館と公園が併設されていて、子どものための空間って感じ。車道からちょっとわき道に入ったところにあるんですが、そのわき道は自転車が1台はいれるかなという程度の幅。いっけん不便にみえるんですが、そこは車が入れないところだから、子どもが走り回っても大丈夫。中野区はいいところに保育園をつくってきたんだなと感心しました。
 この保育園も区の直営保育園を辞めてしまう計画がでています。いったいどうなるのか、説明会にでてもよくわからない。よくなるという話ばかり聞かされる感じ。あるお母さんはそう話していました。

 午後は新井保育園。桃が丘保育園とは対照的に、ここは車のとおりが激しい。しかも保育園の出入り口前には、そこだけ歩道の柵が途切れています(写真参考)。子どもたちがいきおいよく門から飛び出すことはよくあること。ひやっとしたケースも、この日見受けられました。こうした時間帯だけ車両規制するとか、せめて可動式の柵を設置できないものでしょうか。まちづくりって、安心して歩ける保証がなければ成功しているっていえないように思えました。

中野区幹部職員の不正打刻事件

2006-07-28 15:33:37 | Weblog
7月28日 
 課長が部長に、病気休職を繰り返しいったんは職場復帰したものの勤務実態が明らかになっていない同僚の幹部職員の出勤取扱いを相談したところ、「出勤扱いにしておくように」と指示され、課長がかわりに何十日もタイムカードを押し続けて、給料の支払いをさせていた。
 これがいま問題になっている中野区幹部職員の不正打刻事件です。この課長は、いまは子ども家庭部長として、保育園の民営化計画を進めています。また部長は、いまも総務部長として最も中心の役職に就いています。現在、住民が区の責任を認めさせるため裁判で争っていますが、まもなく結審しそうです。
 今日はそのことを知らせるビラを区役所庁舎前で撒きました。原告の人たちが作っている中野オンブズと一緒に、わたしたちもビラまき。これまでもちょこちょこいっしょにやってきたので、顔なじみの人たちになりました。みんな、「おかしいよね、これって」というのを大事にして生活しているんですね。なかなかそれはすごいことです。
 ちなみにこの不正打刻事件が起きたのは、ちょうど私たちの首を切った時期です。病気で休みがちでかわいそうだったにせよ、幹部職員には優遇して、「たかが非常勤」には首切りだけ宣告して、その後の保障をしてくれなかったのは、やっぱり許せない。私たちだって、優遇された幹部職員にまけないぐらいに子どもや区民のためにがんばってきたのですもの。

東京都労働委員会での第4回尋問

2006-07-27 21:03:48 | Weblog
7月27日 今日は東京都労働委員会での第4回目の尋問でした。
 私たち争議団は、東京公務公共一般労働組合という労働組合に加入しています。解雇される前から、非常勤や臨時といった非正規雇用労働者の地位向上と働く条件の改善のために、この組合に入ってがんばっていました。年次有給休暇も付与させたし、雇用保険の加入もさせたし、本当に一生懸命に。私たちを全員解雇したのも、区長にとって目の上のたんこぶになったからなんだろうと思います。
 労働委員会というのは、組合に入って活動した人たちに不利益(解雇とか)をされないように、またそれを救済する機関です。私たちに対する救済を求めるため、現在、尋問や調査が繰り返されているわけです。
 わたしたちはすでに尋問を終えているのですが、やっぱり人のを聞いていても緊張する!自分のときのことを思い出してしまうわけで。なにも悪いことしていないのになんでこんな緊張しなきゃならないのって必死に自分を抑えながらの尋問は体力消耗しちゃいます。
 次回は8月29日(東京都庁第1庁舎34階)。前の保育課長の榎本さん、人事課職員だった伊東さんが尋問を受けます。だれでも参加できますのでぜひきてください。

保育園での署名のお願い2

2006-07-26 10:46:27 | Weblog
7月26日 とうとう晴れましたね!昨日と違ってとても気分がいいものです。もっとも暑いのですが。
今日は、今年から民間委託された西鷺宮保育園。門の前にある桜の木がとっても素敵な保育園です。
これまで何度か門前宣伝をさせてもらったことのあるところなので、何人か顔を覚えている保護者の方もいらっしゃいました。
おどろきは先生がみんな若い!こと。朝早くからみんな一生懸命がんばっていました。今日はプールなのか、朝一で掃除にかかっていました。
給食食材の搬入業者さんの車ナンバーが「品川」でした。ご苦労様という思いと、以前は地元の「練馬」ナンバーだったよな、民営化後変わってしまったのかなと悲しい気持ちとが入り混じっています。どうなんでしょう?
帰りに園長先生にお礼のご挨拶もさせていただきました。いろいろ思いもあったでしょうが、保護者のみなさんにチラシをスムーズにお渡しできとてもありがたかったです!

保育園での署名のお願い1

2006-07-25 10:54:35 | Weblog
7月25日 今日も雨。ちょっと気分が滅入りますね。
 今日から保育園前で、私たちの裁判が一部勝利したことの報告や最近の区政の記事を掲載したニュースを配り、署名のお願いする取り組みを始めました。
 霧雨の中、南江古田保育園、住吉保育園で早朝からお願いにあがりました。
 こういうときは雨っていつも以上にいやなもの。けれども保護者のみなさん、みんな快く受け取ってくださるし、人によっては「中野の保育園はどうなるんでしょうね」といった話になります。業者さんとの話もできたし、やっぱり足を運ぶべきだなと思いました。

中野のおすすめのお店

2006-07-22 20:37:04 | Weblog
7月22日 わたしたちはよく(日夜問わず)中野区を廻ります。協力して欲しいとお願いにあがったり、「保育園をよくしよう」と宣伝で訴えたり。
そうしているものだから、中野の素敵なお店を紹介してもらったり、発掘したりします。
活動報告ばかりだとちょっとしんどいので、時々お店紹介もここですることにします。
第1号は、中野区新井薬師商店街にある「PAPABUBBLE」(パパブブレ)。
一言でいえばキャンディ屋さんなんですが、フルーティーな味覚をみなさんにも堪能していただきたいのです!(きっぱり)。
食べてしまうのがもったいないくらいのかわいさも魅力的。
開放的でシンプルな店舗では、お兄さんたちが飴の製造の様子をお客さんに見せてくれます。近所のちびっ子にも大人気。
私、今日はレモンを買いました(自分用?)。もちろん家族用のおみやげもです。

PAPABUBBLEのHP
http://www.papabubble.com/start.htm

中野のジャパンヴィステック松本争議宣伝・要請

2006-07-21 20:21:19 | Weblog
7月21日 今日は雨の中、中野区内にあるジャパンヴィステック社争議をしている松本純子さんたちと宣伝、会社への要請を行いました。区民をはじめ15名もの支援者が中野駅南口での宣伝と要請にかけつけました。
松本さんは契約社員として、テレビ番組などの製作の仕事に携わっていました。多くの契約社員同様に待遇が悪いものだから、労働組合に加入して労働条件改善の要求をしたところ、会社は松本さんを雇止め(解雇)してしまった。「たかが契約社員がなにを言う」。そんな首切りだったようです。
わたしたちのたたかっている中野区と同じ構図なんですよね。
ちなみに松本さんは子育てしながら闘っているたたかうママです。
争議解決のためにお互いにがんばっていきたいと思います。
ジャパンヴィステックの会社HPは以下です
http://www.jvi.jp/

朝夕保育パートのみんなで懇親会

2006-07-20 23:06:41 | Weblog
7月20日 今日は中野の区立保育園で働く朝夕保育パートの人たちの懇親会でした。暑気払いです。
朝、夕の2~3時間の保育園を支える人たち(任期付き短時間職員という名称だって)です。子どもの送迎時間帯を中心に働く人たちです。送り迎えの時間帯の子どもたちは、不安になりやすいもので、だから毎日のように必ずいてくれる大人の存在は結構重要なのです。正規職員だけでは対応できないことをサポートしているのに、3年有期雇用でいつまで働けれるのかという不安をいつも持ちながら働いてるのがつらいそうです。
どんな話で盛り上がっていたのか?それはまた今度。

認定子ども園ってなに?

2006-07-19 17:38:40 | Weblog
7月19日 今日は公共一般労組(公務パートの組合)の保育協議会(保育士などの集まり)が主催した学習会「認定子ども園のはなし」でした。かずえさんは協議会の責任者なので当然出席ですが、あきこさんも今日はこっちに参加。
中野区も認定子ども園(総合施設)の新設を進めたくてうずうずしているんですが、そうしたことからか、中野の区議会議員さんも参加してくださいました(奥田議員、近藤議員、むとう議員、ありがとうございました)。
内容は、その名の通り「認定子ども園とはどういうものかを勉強する」。
法律や制度なので、漢字がたくさん並ばざるをえず(講師の加藤さんはずいぶんわかりやすく工夫をしてくれているんですよ)、目も疲れるのですが、認定子ども園というものを知ることを通じて、保育園の制度がいかに子ども中心に設計されているのかを知ることができました。
「認定子ども園はよくない話だから、東京に持ち込ませるのはだめですよ」という署名も取り組むことになりました。区民のみなさんにもお届けにあがりますから、ぜひ目を通して協力してくださいね。
ちなみにくみこさんは明治乳業の高裁尋問の傍聴です。ひとりで参加、おつかれさん。