中野区保育争議をご存知ですか?

「たかが非常勤」と見下して、中野区は非常勤保育士を全員解雇。保育園に戻るため裁判などでたたかっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめての高裁(第1回控訴審)

2006-10-25 20:07:03 | Weblog
10月25日

 もうすぐ10月も終わりですね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
 今日行われた裁判での、くみこさんの意見陳述(名前部ほか修正しています)を掲載します。胸に余る思いのあまり、つい涙ながらの訴えとなりました。
 原告の思いは、解雇された非常勤保育士全員の思いだと思っています。そのことが裁判長に伝え切れたように思います。
 職場や地域のみなさんにも是非読んでいただき、いっそうの署名(裁判官へのひとこと署名など)にお力添えをいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


 
 私は、1992年7月中野区に非常勤保育士として採用され、野方保育園で11年9ヶ月間働き続けてきましたが、現在解雇され失業中です。
 私たち非常勤保育士は、1992年に週休2日制が導入されるために採用されました。
 採用された時の説明会で、当時の保育課長は「一日でも長く働いてください。辞めないでください」と言っていた事を、私ははっきり覚えています。私は1人で、子ども2人を育ててきたので、非常勤でも公務員となり、長く働ける安定した仕事を得られた事がとても嬉しかったです。この職場で長く働けるのだ、と信じて疑いませんでした。
 また、働いている保育園が休園や民営化によってなくなっても、別の保育園に異動して、働き続けることもできました。原告の岩下さんは本町保育園が休園になり野方北保育園に異動になりました。その園が民営化されたときも橋場保育園に異動し、非常勤保育士として働き続けました。私たち非常勤保育士は、1年契約の「更新」を意識させられることなく、正規の職員がずっと働いているのと全く同じように、長年働き続けてきたのです。 

 非常勤保育士の勤務日は、月・金・土曜を含む週3日から4日の出勤です。平日は休みを取る正規職員に代わって、各クラスに入って保育にあたります。土曜日は4週に1回しか出勤しなくてよい正規職員に代わって、私は必ず出勤し、土曜保育を担当しました。
 日々の保育では、子ども達一人一人の異なった生活リズムやペースを把握しながら、保育の流れをつくっていきます。あらかじめ作られた、保育計画をスケジュール通りにこなすことが、保育の目的ではありません。
 たとえば、午前の遊びを終えて食事にうつるとき、自分の遊びに夢中になって、「お片付けしようね」とか「手洗おうね」と声かけしても、次の行動にうつれない子もいます。そんなときも、子どもの気持ちをくみ取り、「あとでまた続きしようね」と話しながら、自分から食事をしようと思えるように促していきます。
食事のときも、苦手な食べ物に苦心しているときは、「ほっぺが赤くなるからにんじん食べてみようか」などと子どもの気持ちに寄り添った言葉かけをします。そうした日々の保育の中で、子ども達が安心して生活していけるように、子どもの目線にそった保育を実践してきました。
 土曜保育に関しても、毎週、1日通して出勤していた非常勤保育士だからこそ、登園する子ども達一人一人の状況をよく把握していました。たとえば、アトピーやアレルギーで、食べ物に制限があることなど、正規職員に伝え、事故がおこらないように配慮し、1日の流れを作ってきたことで、正規職員からも頼りにされていました。
 土曜日は合同保育なので、クラス担任がいなかったり、同じクラスのお友達がいないため、不安になる子もいます。そんなときも、安心して遊びに入れるように配慮し保育にあたってきました。   
 ある年の卒園式のとき、「福家先生いてくれたから毎週土曜日嫌がらずに保育園に来れました。」と保護者の方に言われたとき、本当に嬉しかったです。非常勤保育士が1日いることで、子どもにとっても、保護者にとっても、安心できるよりどころになっていたのです。
 いま、連日、保育園の門前で、保護者の方に裁判経過と署名のお願いをしています。その中で、現在中野区の保育園にお子さんを預けている、ある保護者の方から、ひとこと署名が送られてきました。裁判所にお渡しした陳述書の末尾に何枚かコピーを添付しましたので是非読んでください。 
 
「子ども達にとって、非常勤だろうが常勤だろうが、先生にかわりはないです。0才から預けていれば、非常勤の先生は常勤の先生たちより身近に感じます。一番上の子から3番目の子供までお世話になった非常勤の先生がいました。突然いなくなったので辞めたのかと思っていました。親も信頼をしている方がいなくなると不安になり、親がそうなのですから、子供の負担はすごいと思います。我が子はあと1年半で卒園ですが、子育ての相談にのってくれる保育園の先生方を一日も早く職場復帰をして、母たちを助けてほしいと思います。」

 こんなにも、非常勤保育士を頼りにしていてくれたことを、私はとても誇りに思います。
 保育の現場では、補助的な仕事はありません。私たちは職の名前こそ「非常勤」とつけられていますが、正規職員の保育士と非常勤保育士との果たしてきた役割には、何の区別もありません。この役割を果たすために、私たちは、子ども達や保護者、正規職員とお互いの信頼関係を築いてきました。
 中野区は「職の廃止」を紙切れ一枚で通告し、仕事を奪い、長年働き続けてきた私達の経験や、保護者との信頼関係を断ち切りました。この中野区の仕打ちを私は許せません。
 私たちは、全員解雇する本当の理由を幾度、求めたことでしょうか。
 しかし中野区は明らかにしません。
 説明しないばかりか、区議会で柳沢地域センター部長は「本来一般職で行うべき職を特別職非常勤にやらせたことが間違いだった」と私たち非常勤保育士の存在すら否定するようなことを言いました。一生懸命働いてきた12年間を、全面否定された思いがしました。
 どれほど傷つけられたか、その思いは非常勤保育士みんなの思いだと思います。

 それだけではありません。
 中野区は私たちを解雇する2ヶ月前になって、初めて私たちに説明会を行いました。この日集められた人の中には、解雇されることを初めて聞いた人もいました。このときでさえ具体的理由は聞かれず、雇用先の確保も考慮しない、不誠実な対応でした。

 2004年3月31日、最後の出勤日に、子ども達と職員のお別れ会が行われました。
 出勤した原告のかずえさんは、明日からみんなと遊べないことを子ども達に話し、子ども達から俳句が書かれた短冊をプレゼントされ、切なさと悔しさで胸がいっぱいになったと言っていました。
 私の園でもお別れ会が行われましたが、私は参加する事ができませんでした。
子ども達の前で、明日から遊ぶことができないことを話すと、きっと涙が止まらなくなってしまう、そんな姿は見せたくない、そう思ったからです。
園を去って4ヶ月が過ぎたころ、気持ちをとり直して、子ども達に会いに行きました。
 5才児クラスになった子が、怒った顔をして「先生どこ行ってたの」と聞いてきました。私は悲しくてただ「ごめんね」としか言えませんでした。子ども達に、こんなむごいことをする中野区を改めて許せないと思いました。

6月8日に地裁判決が下されたとき、原告のあきこさんは自分たちがしてきた仕事が認められたと、嬉しくて突然泣き出しました。
 判決後、弁護士から、「でもこの判決では保育園に戻れないのよ」と言われると、「え!何で」と驚いていました。
 私たちの長年の仕事を認め、区側の責任を認めたのに、なぜ職場に戻れないのか、地裁判決は納得がいかないものだったのです。
 職場を奪われ、収入も断たれ、長年築きあげてきた保護者や子ども達との絆、これら全てを、一瞬に奪いとった中野区を許すことはできません。こんな強引な首の切り方をした区は他にありません。
 1日も早く職場に戻していただけますよう、是非とも公正な判決を下してください。
 以上で私の陳述といたします。有り難うございました。


-------今後の取り組みです
◆11月2日(木)午後1時~
  中野区タイムカード偽装事件判決
  @東京地裁606法廷
◆11月10日(金)午後3時~5時
  不当労働行為事件・調査
  @東京都庁第1庁舎34階
◆11月17日(金)午前9時~25分
  中野区に対する全労連争議総行動
  *区要請+高裁要請を午後実施予定。
◆12月4日(月)午後2時~
  第2回控訴審
  @東京高裁8階812号法廷
コメント (18)   トラックバック (14)
この記事をはてなブックマークに追加

練馬でも板橋でも 民営化を止める裁判がはじまった

2006-09-13 17:09:23 | Weblog
9月13日 今日も雨ですね。みんな風邪気味なのも、この天候のせいかしら。
 今日は練馬区と板橋区の保護者がそれぞれの区に保育園の民営化について異議申し立てをした裁判の第1回口頭弁論でした。争議団も傍聴してきました。
 練馬の場合は、本人訴訟といってお父さんたちが書類つくって、裁判所で訴えて・・・という作業をすすめていました。本当に大変だと思います。中野区タイムカード偽装打刻事件(中野オンブズ)も最初は本人尋問で初めましたが、中野区を追いつめましたね。練馬の原告団もがんばれ!
 板橋は、区立加賀保育園を民営化するにあたって、民営化先法人に、土地をただで貸し(4億数千万相当の価値。30年)、園舎などをただであげる(1億7千万円相当)ということでその差し止めを求めています。譲渡・貸与する先の法人は社会福祉法人と限定する約束なのに、実はその社会福祉法人は現在未設立で存在していません。器がないのに水を入れ替えることだけ決めているという感じ。水ならいいかもしれないけれど、子どもや保護者、そこで働いている人は納得がいきません。
 練馬と板橋がお互いに傍聴しあっていい雰囲気でした。わたしたちもこの裁判のことを広めていこうと思います。
 次回期日は、
 練馬 11月1日(火)午前10:30~、@東京地裁712号
 板橋 11月8日(水)午前10:30~、@東京地裁712号
ちなみに
 中野 10月25日(水)午前10:30~、@東京高裁812号
がんばりましょう!
 
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

保育園前でのお願い12

2006-09-06 23:14:28 | Weblog
9月6日 今日は夕方に、白鷺保育園に行きました。
 今日は雨が時折強く降りましたが、ニュースをお渡ししている間はなんとか持ちこたえてくれました。
 妙正寺川が目の前に流れており、西武新宿線・鷺宮駅から川沿いに歩いていくと5分ほどで着く、電車通勤の保護者にとっては便利な場所にあります。改築してから何年目でしょうね、ひろくてきれいな外観。小雨の降るなか、子どもたちは元気に園庭を走り回っていました。
 非常勤保育士がいたことを知らない保護者の方(この2年間の間にお子さんが入所された方など)でも、裁判の結果や中野駅北口で宣伝をしていることをご存じなのにちょっと驚きでした。鷺宮地域は、中野駅からもけっこう離れていますので口コミなどで聞いていらっしゃるようです。もっと頻繁に宣伝すべきかな、中野駅頭で。
 ちょっと気になったのは、保育園前の自動車、バイク通行の多さ。白鷺通りという車幅5メートル程度の通りなのですが、一方通行ではありません。ニュースをお渡ししていた1時間程度で、60台以上の通行がありました。夕方でしかも雨だったせいかもしれませんが、保育園の出入り口が交通量の多い通りというのは結構危険なものです。せめて、子どもが飛び出してもすぐに車道にでてしまうことのないところに出入り口があるといいのではないでしょうか。
 園長先生にご挨拶をと思ってインターホンを鳴らしたところ、ご丁寧に玄関まで来てくださいました。忙しい中ありがとうございました。
 白鷺保育園の樹は、桜が多かったです。雨だったので写真はうまく撮れませんでした。また撮りに来ようかな。
 今日はゆきえさん、なかこさんがお手伝いに来てくれました。ありがとう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国立情報学研究所

2006-09-06 15:25:54 | Weblog
9月6日 今日は国立情報学研究所の東京高裁の裁判でした。私たち中野の非常勤保育士のように、11年間、この研究所で勤めていた女性が2年前の3月に解雇されました。「国立」から「独立行政法人」に変更する際に、非常勤を解雇したのですが、この女性もそのひとり。直前まで解雇することをしらされていませんでした。なんだか私たちと同じですね。
 東京地裁での判決は、解雇無効を命じた完全勝利判決!(国、自治体に働くパート・非常勤の解雇裁判で完全勝利は日本初です)。でも被告は控訴したため、この控訴審がはじまったってわけ。
 この高裁の石川裁判長というのが、とってもひどい裁判官で、本人たちが法廷できちんと口頭で訴えたいといっても、鼻で笑うかのように「却下」。真実をあきらかにして間違ったことはただし、正当なものは支持するべきというのが、この人たちの仕事のはず。真実を明らかにするつもりがないの?ってくらいひどい対応でした。税金でかなりのお給料を払っているのですよね、この石川裁判長に。ちょっと納得いかない。

 署名をとっておられます、原告の方々が。ぜひご協力を!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京地裁前がすごいことに(ホリエモン裁判)

2006-09-04 14:43:57 | Weblog
9月4日 いやぁ、びっくりしました。
 今日は恒例の東京高裁(地裁も同じ建物です)の前でのビラまき、宣伝の日だったので、予定通り朝8時に霞ヶ関の高裁前に行ってみたら、これはすごいすごい。ライブドア事件の裁判の傍聴券をもらいに、何百人も並んでいるんです。おかげでいつもの宣伝場所がとれなかった
 しかし、不屈の争議団はしっかり並んでいる人にもビラをもらっていただきました。1時間で合計700枚、なかなかでしょ。
 ところで、この傍聴券待ちの方々、マスコミからの動員なんですって。傍聴券が配られ終わったら、報酬として1万円もらえるんだと。並んでいる人にビラ配りながら話かけたら、「そっち(私たちのこと)はいくらなんですか?」と間違えられてしまいました。そんなもんだから事情を話すことになるわけですが、最後はひどい区長っすね、という話に落ち着いていく。署名も書いてくれました。
ということで、ありがとう!ホリエモン。ん?
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士の裾野にて

2006-09-03 16:27:35 | Weblog
9月3日 なんだか秋っぽい風になりましたね。
 私は今日は富士山のすそ野に来ています。日本電気協会の裾野研修所ってところ。
 本当に裾野なんですよ、富士山の山肌にそのまま連なる丘陵地なんです。市の名は、そのものずばり、裾野市。わかりやすい。
 裁判を行っている労働争議の人たちが集まって、いまどんな状況かをみんなで話し合って、情報交換するのが目的で集まりました。行きは小田急線の「あさぎり1号」に乗っていきました。ちょっぴり観光気分。富士山の姿に見とれてて、写真取り忘れました。ということで研修所の写真を変わりにごらんください。
 私たちの東京高裁裁判長は、国鉄争議(鉄建公団訴訟)の裁判長と同じだということがわかりました。ちなみに両方の事件について、東京地裁は同じ民事19部のおなじ裁判官(3名とも)に担当させていたことがわかりました。公共サービス関連の争議だからなんでしょうか?いろいろ交流できてよかったです。
 今日はちょっと寝不足。明日の高裁前でのビラまきに備えて、早めに寝ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿周辺を駆けずり回って

2006-08-30 17:55:43 | Weblog
8月30日 ちょっぴり雨がぱらつきましたね。
 今日は争議団が新宿周辺を駆けずり回って、9/15に予定されている「争議支援総行動にぜひきてください」と地域の団体のかたがたにお願いにあがってきました。「中野の争議ね。知ってますよ、いけるようにしてみます」というお話をいただき、とてもうれしかった。足を運ぶことって大事なんですね。
 そこでみなさんにも、「9月15日は、午前9時に、中野区役所前に集まってください!いっしょに中野区長へ『保育園に戻してください』と要請してください」。お願いいたします。
 そのあとに、西新宿にある東京自治労連で、第3次署名などの印刷作業を行いました。さすがに慣れてきましたねぇ、あっというまに終了。ちなみにこの日は東京自治労連の執行委員会でして、書記長の野村さんのご好意で争議団の訴えをさせてもらいました。励まされて、よーし暑いけれどがんばろうかともう一度気合が入りました。
一日、労働組合って感じの生活でしたが、こういう日も悪くありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育園前でのお願い10

2006-08-29 12:42:10 | Weblog
8月29日 あついけれど、お盆を過ぎてからの朝日は差すような痛さはなくなりましたね。
 今朝は沼袋保育園で、署名のお願い。西武新宿線・沼袋駅北口から徒歩3分のところにある便利なところにあります。高齢者会館といっしょの建物です。
 新らしいし便利なところにあるし、車のとおりは少ないし、なかなかのロケーションなんですが、ちょっぴり緑が寂しい。特に入り口は。
 ちょっと気づいたんですが、入り口付近に排水溝らしきものがあるのです。そこの溝にバギーの車輪がはまりやすいんですね。改良してもらえるといいんですが、どうなんでしょう。説明が下手ですみません。写真をみて想像してみてください。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水平器とコンパス

2006-08-25 23:15:28 | Weblog
8月25日 今日は松本純子さんの支える会総会でした。
 中野駅南口から徒歩5分ほどに、ジャパンヴィステックというテレビ番組などの製作会社があります。そこの契約社員として働いていた松本さんは、労働組合に入って職場環境の改善をお願いしたところ、解雇されてしまいました。いま労働委員会などで争っています。私たちと同じ争議なかまです。
 松本さんのお子さんは、2年前まで、中野区の保育園に通っていました。中野区は区立保育園を民間委託(指定管理者制度)することを、私たちを解雇するきっかけだとしています。実は松本さんのお子さんはその民間委託される保育園に通っていました。私たちにとって民間委託と解雇の話は、表裏一体のものですから、松本さんと一緒に委託反対・延期の運動を進めました。松本さんとはそれ以来のおつきあい。
 純子さん(わたしたちはそう呼んでいるんですが)は、いつも水平器とコンパスを持ち歩いています。ロケを初め、純子さんの仕事に欠かせないもので、いつもそれを見ながら「絶対職場にもどるもんね」(こんな感じの口調です)と心に誓っているんだそうです。わたしたちにとっては、なんだろう。エプロンかな?争議って毎日つらいけれど、それでもあきらめきれないことがあるから、やっていけるんだと思います。純子さんの水平器とコンパスは、「あきらめきれないもの」がこもっているものなんだと思います。いっしょに職場にもどろうね。
 この日は、あきこさんとかずえさんが参加しました。お疲れ様。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育園前でのお願い9

2006-08-17 12:02:26 | Weblog
8月17日 あついあついあつい。
 今日は昭和保育園ともみじやま保育園で署名のお願いをしました。
 朝だというのにこんなに暑いとは。「今日はプールあるといいね」と問いかけたのに、にっこりうなずく姿はかわいくてしかたない。
 今日の紹介は昭和保育園。野方保育園と同じように、東中野駅付近の早稲田通りから少し入ったところにあります。明大付属中野中高の裏側ですね。住宅地のなかにある落ち着いた園です。
 今日も業者の人と話になりました。民営化されたことで取引先が減ってしまったとのこと。これまでの何人かの業者さんとお話をしましたが、同じ事をおっしゃっていました。私たち非常勤保育士は仕事を奪われ、業者さんは取引先を奪われ。区長は民営化のメリットばかりを強調するけれど、子どもの育ちの保障の確保とともにこうした陰をきちんと検証しなければいけないと思います。生活がかかっているのだから。
 この保育園は、四角い土地に対角線上に園舎を建てています。運動場が三角形になっているのが狭そうでかわいそうだけれど、おかげで園舎の南側部分が多くなっています。日当たりがよくなるような配慮なのかな?交通量もさほど多くなくて飛び出しのヒヤリもすくなさそう。
 田中区長さんは「10か年計画」で、東中野小学校を昭和小学校に統廃合するとしています。児童館、学童クラブの再編、転換も盛り込んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加