みえのてっちゃん生活鉄道

子どもの成長を三重の鉄道から願うblogです。

みえののりもの大集合自由研究 その4

2017-08-06 23:57:24 | お勉強
四日市あすなろう鉄道を回ります。

電車が出てしまいました。内部行きか西日野行きか?松本街道に出て、日永から東海道、1号線をとおって、小古曽から内部に

車庫に夏休み減車の265-163ペア

263リニューアル

124車検切れを延長のため休車

114頑張ってました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅名 数字のつく駅ラリー in三重県

2017-08-06 23:20:40 | お勉強
三重県には多くの魅力あふれる鉄道があります。
初めの一歩は

一身田 紀勢本線 
一志 名松線
東一身田 伊勢鉄道もあるよ


次の二歩目は二見浦 参宮線
二木島 紀勢線

三歩目は
三里 三岐鉄道 三岐線
三木里、三野瀬、三瀬谷 紀勢線
三日市 近鉄 鈴鹿線
大三 近鉄 大阪線




四歩目は四日市 近鉄四日市高架下はあすなろう鉄道、JR関西線の四日市には伊勢鉄道も乗りいれますね。

四十九駅 伊賀線の廃駅



五歩目は五知 近鉄 志摩線

六歩目は六軒 紀勢線
六石、六把野は廃駅


七歩目は七和 三岐鉄道 北勢線




八歩目は 伊勢八王子 西日野線、
八丁 伊賀線 廃駅
伊勢八太、伊勢八知 名松線

九歩目は 九鬼 紀勢線

十歩目は 五十鈴ヶ丘 参宮線
五十鈴川 近鉄鳥羽線
50になるなあ。

千は 千里 近鉄 名古屋線

夏休み頑張って駅名ラリーにいきましょう❗
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みえののりもの大集合自由研究 その3

2017-08-06 23:02:00 | お勉強
三岐鉄道北勢線 眼鏡橋、ねじり橋は有名です。


向日葵と大泉駅近くを

北大社車庫にて、三重交通色

まだまだたくさんありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みえののりもの大集合自由研究 その2

2017-08-06 22:48:53 | お勉強
養老鉄道の次は二ノ瀬峠を越えて、

いなべ市北勢町阿下喜軽便鉄道博物館から藤原町東藤原駅に
 
丹生川の貨物博物館より前に三岐鉄道東藤原駅に貨物を見に行くのは、鉄道は人の輸送とともに貨物による物流は日本の経済発展を支えてきました。

小野田セメントのホキが鉄道遺産として展示され、太平洋セメントのホキが富田に向かいます。

そこに旅客車両が

三岐鉄道は人も石灰石も鉄路を使い運びます。

まだ出そうにないので、丹生川へ先回りしました。

到着して、整備されたタキをながめていたら

踏切音がして

セメントタキを牽いて富田に向かう貨物が見れました。

丹生川の貨物博物館は毎月第1日曜日の開館。夏休み中は今日だけ。貴重な開館日にて貨物の自由研究をしてきました。

サブ六ゲージを計っておりますと、博物館の方が丁寧に緩急車に乗せて頂き、車内にて貨物の説明がありました。


車内のダルマストーブ

リンゴ箱や俵、甕などを積めて有蓋貨車


本当に産業遺産です。

貨物機の重連回送や

旅客の並びも撮影しながら

貨物を撮影しながら

東武の蒸気39についても説明を頂きました。

ナローゲージの自由研究で済ますつもりが、みえののりもの大集合自由研究になっております。さあ、今日だけでどこまで回れる?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みえののりもの大集合自由研究 その1

2017-08-06 20:47:04 | お勉強

北から南に三重を走る鉄道を追いかけて、三重県内では逃げられ隣県にてウサギを捕まえました。

マルーン1色の養老鉄道は桑名から多度が三重県内です。

しかし、岐阜県揖斐まで線路は続きます。西大垣にて整備、運転指令があり、検査の時は四日市の塩浜に足を運びます。運転体験には全国津々浦々から西大垣にお越しになられます。

続いて、大垣から養老鉄道に沿って桑名方面に戻り、海津市駒野から二ノ瀬峠を越えて



三重県いなべ市北勢町阿下喜に到着。軽便鉄道博物館は毎月第1、3日曜日の開館日にて夏休み中に2回の貴重な開館日です。

暑さに負けず、軌間を計りましたら381ミリメートル。こちらは足こぎののりものです。

ナローゲージの半分の軌間になります。

ナローゲージは762ミリメートルありました。

さらに狭軌、標準軌と比較してありました。

阿下喜に展示されてます226は四日市スポーツランドに保存されていた内部八王子線車両を移設、静態保存されています。内部の椅子がみえむに貸出中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加