みえのてっちゃん生活鉄道

子どもの成長を三重の鉄道から願うblogです。

宇奈月温泉にて自由研究番外編 ナローゲージ完乗

2017-08-14 01:29:49 | お勉強

自由研究のおまけとしてナローゲージの旅、番外編です。

三岐鉄道北勢線

四日市あすなろう鉄道

黒部渓谷鉄道

日本に残る特殊狭軌鉄道は三重県、富山県の三社。特に黒部峡谷鉄道は電源開発の時代から観光も含めて電機による運行。貨車もあり、凸もあり、魅力満載の旅を堪能できます。

欅平から奥に特別な申し込みによるツアーがあります。是非チャレンジしてください。

さてさて、宇奈月温泉から14時33分運転の臨時欅平行きはリラックス車両のみの特別な編成。

行き違う列車が普通車両プラス特別車両かリラックス車両なのに、欅平から宇奈月に帰る観光客を迎えに行く役割みたいです。

先頭なのに8号車、13号車までの6両編成にて電機1つで登っていきます。

黒部川沿いに景色を眺めて

猿の家族が迎えてくれたり

駅にて列車交換したり

降りたら帰れないスケジュールにて


着く駅にてしげしげ眺めます。



冬場は運休するのも黒部峡谷鉄道の特徴で

電源開発、管理、鉄道の保守には黒部川沿いに歩いていく通路もあります。

シキかと見間違う貨車


資材の輸送も担う黒部峡谷鉄道です。


水力発電所が続きます





交換する列車は鈴なりの観光客を運びます。


急流です

下車したかった鐘釣駅


遂に欅平に

貨車が外され


宇奈月に帰る編成がスタンバイして、臨時列車を迎えます。

電機の付け替えをして臨時宇奈月行きになります。


まだまだ先にも続きますが、一般はここまで。



定期便が到着

こちらは特別車両

折り返し、最後の一般運行が17時代にてあちこち散策します。

雷鳥に

立体図

V字谷

駅が遠くに見えました。

自然には身を守る道具も必要


あっという間に改札口に並ぶ時間に

最後の一般運行の後に工事車両が。


ごみや

関係者が乗り込みます❗

さあ、宇奈月に帰るか

来た道を帰ります❗

宇奈月温泉に到着。

さあ、晩御飯

さあ、飲むか

温泉街にて




宿に

トロッコ客車は寝てました。

富山地鉄も懐かしの京阪3000系
コメント

みえののりもの大集合自由研究 その4

2017-08-06 23:57:24 | お勉強
四日市あすなろう鉄道を回ります。

電車が出てしまいました。内部行きか西日野行きか?松本街道に出て、日永から東海道、1号線をとおって、小古曽から内部に

車庫に夏休み減車の265-163ペア

263リニューアル

124車検切れを延長のため休車

114頑張ってました。
コメント

駅名 数字のつく駅ラリー in三重県

2017-08-06 23:20:40 | お勉強
三重県には多くの魅力あふれる鉄道があります。
初めの一歩は

一身田 紀勢本線 
一志 名松線
東一身田 伊勢鉄道もあるよ


次の二歩目は二見浦 参宮線
二木島 紀勢線

三歩目は
三里 三岐鉄道 三岐線
三木里、三野瀬、三瀬谷 紀勢線
三日市 近鉄 鈴鹿線
大三 近鉄 大阪線




四歩目は四日市 近鉄四日市高架下はあすなろう鉄道、JR関西線の四日市には伊勢鉄道も乗りいれますね。

四十九駅 伊賀線の廃駅



五歩目は五知 近鉄 志摩線

六歩目は六軒 紀勢線
六石、六把野は廃駅


七歩目は七和 三岐鉄道 北勢線




八歩目は 伊勢八王子 西日野線、
八丁 伊賀線 廃駅
伊勢八太、伊勢八知 名松線

九歩目は 九鬼 紀勢線

十歩目は 五十鈴ヶ丘 参宮線
五十鈴川 近鉄鳥羽線
50になるなあ。

千は 千里 近鉄 名古屋線

夏休み頑張って駅名ラリーにいきましょう❗
コメント

みえののりもの大集合自由研究 その3

2017-08-06 23:02:00 | お勉強
三岐鉄道北勢線 眼鏡橋、ねじり橋は有名です。


向日葵と大泉駅近くを

北大社車庫にて、三重交通色

まだまだたくさんありますね。
コメント

みえののりもの大集合自由研究 その2

2017-08-06 22:48:53 | お勉強
養老鉄道の次は二ノ瀬峠を越えて、

いなべ市北勢町阿下喜軽便鉄道博物館から藤原町東藤原駅に
 
丹生川の貨物博物館より前に三岐鉄道東藤原駅に貨物を見に行くのは、鉄道は人の輸送とともに貨物による物流は日本の経済発展を支えてきました。

小野田セメントのホキが鉄道遺産として展示され、太平洋セメントのホキが富田に向かいます。

そこに旅客車両が

三岐鉄道は人も石灰石も鉄路を使い運びます。

まだ出そうにないので、丹生川へ先回りしました。

到着して、整備されたタキをながめていたら

踏切音がして

セメントタキを牽いて富田に向かう貨物が見れました。

丹生川の貨物博物館は毎月第1日曜日の開館。夏休み中は今日だけ。貴重な開館日にて貨物の自由研究をしてきました。

サブ六ゲージを計っておりますと、博物館の方が丁寧に緩急車に乗せて頂き、車内にて貨物の説明がありました。


車内のダルマストーブ

リンゴ箱や俵、甕などを積めて有蓋貨車


本当に産業遺産です。

貨物機の重連回送や

旅客の並びも撮影しながら

貨物を撮影しながら

東武の蒸気39についても説明を頂きました。

ナローゲージの自由研究で済ますつもりが、みえののりもの大集合自由研究になっております。さあ、今日だけでどこまで回れる?
コメント