ナカナカピエロ おきらくごくらく

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

希望という名の虚実

2015-06-30 00:54:10 | 日記
希望という名の虚実

皆もろ手を挙げて
沈みゆく夕陽を喝采する
全てを真っ赤に染めて
沈んでいく巨星は
一種の終末感を与える
夜になって全てが死んで
朝日ととも再生することを知っている
毎日それであり続けることの幻想
その幻想の中で踊り続ける人間がいる
でもいつかソドムはやってくる
まるでこの世とは思えない
残酷な光景が広がる
そんな所に希望なんかあるものか
コメント

GangStar

2015-06-30 00:53:03 | 日記
GangStar

誰がこの島を仕切っているかって
それはこの俺のことを言っているのかい?
島同士の争いなんてちっちゃいことさ
そんなものは俺様が一掃してやるさ
何せ俺はワルの中でも一番のワルなのさ
俺に仕切られたら皆俺に付きやがる
争いを争いをせずに制するのが俺のやり方さ
何せ俺は骨の髄まで一流のGangStarなのさ
コメント

砂嵐

2015-06-30 00:51:55 | 日記
砂嵐

その男は
アラジンの大魔人のように
砂嵐の中やってきた
街中を騒然とさせ
全ての男女を魅了して
全ての財産を巻き上げて
去っていった
全てが蜃気楼のような
幻の出来事だった
コメント

キューピー3分間クッキング

2015-06-30 00:51:03 | 日記
キューピー3分間クッキング

今日は午前中、C++勉強会で講師するための下準備。11時から業態変更の会議。お昼後、案件棚卸会議後、C++勉強会の講師をしました。そもそも2回の講義しかなく、1回目は1時間と短い時間の中、早回しで説明したものだから、ほとんどキューピー3分間クッキング状態で、しゃべくり倒しましたが、予定より進まず、打ち止め。来週の1回の講義で説明し終えるかどうか怪しくなりました。とりあえず汗びっしょりかいて終わり、後は放心状態に。定時で帰りました。。。カカ。。。

とりあえず今週はマイ・サナトリウム・ウィークにしたいところですが無理かな。。。クク。。。

後記
「まずはこの一冊から 意味がわかる統計学」(石井俊全著)(P.50/333読了)
「MySQL徹底入門第3版」(P.55/526)
コメント

二人で居続ける

2015-06-29 01:20:21 | 日記
二人で居続ける

それはほんの日常の誤解からだった
それからあなたは口数が減った
あなたはかたくなで不器用だった
僕はその誤解を何度釈明しただろう
あなたも疲れてしまっていた
僕は意地の張り合いはもうやめようと言った
あなたももういい加減嫌になったみたいだった
素直に同意したが、
二人の関係はぎくしゃくしたままだった
それでも一緒にいて少しだけだけど
前よりも話すようになった
きっと元に戻すには長い時間がかかるだろう
そうやってひとつひとつハードルを超えて
二人の距離を縮めるしかなかった







コメント

シャイニング

2015-06-29 00:18:24 | 日記
シャイニング

スタンリー・キューブリック不朽の名作にして壮絶な恐怖映画。今日はこれでお楽しみ。是非、お勧め。
コメント

飽くるほど眠る

2015-06-29 00:17:23 | 日記
飽くるほど眠る

今日は飽くるほど眠った。まあ人間失格でしょう。

後記
「ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門」(酒巻隆治+里洋平著)読了(祝)
「まずはこの一冊から 意味がわかる統計学」(石井俊全著)(P.17/333読了)
コメント

あなたの涙

2015-06-28 00:06:49 | 日記
あなたの涙

あなたが涙を流した

女性の涙をもっとも苦手にしている僕は
その涙を前に立ち往生するしかなかった

その僕の立ち居振る舞いが
さらにあなたを幻滅させてしまった

あなたは僕に抱きしめられることを
想定して涙をながしたのだった

そんなしたたかな女心も知らずに
僕は立ち往生していたのだった
コメント

風上に立つ

2015-06-28 00:05:46 | 日記
風上に立つ

あなたは
いつもの丘に来ると
風上に立って
髪をといた
腕を大きく広げて
僕に言った
”あたし、決めたんだ。”
”何を。”と僕は聞いたが
結局、あなたは
何も教えてはくれなかった
まあ、あなたが良ければ
僕はそれでよいのだけど
コメント

Bar

2015-06-28 00:04:39 | 日記
Bar

街中を歩いていたら
呼び込みの娘に止められ
誘われるがままにBarに入った
ぼったくりのBarだったら
すぐ帰るつもりだったが
そこは少し洒落ていて
Jazzの音楽が流れて居心地が良く
普段は飲まないアルコールを一杯頼んで
久しぶりに良い心持ちに酔いしれた
入りびたりはしなかった
たまに魔が差したときだけ
そのBarでアルコールを一杯楽しんだ
コメント