(有)中村薬局

北海道で漢方・サプリメントにこだわり、心と体の健康を提案してます。

病院の漢方薬と 漢方薬局の漢方薬の違いをご存知ですか?

2018年01月30日 13時03分35秒 | サプリメント

先ずは

病院の医療保険で使えます漢方薬の種類は
                           148処方

薬局で使えます漢方薬(医薬品認可)の種類は
                           294処方

 

2番目は

病院の漢方薬は、医療保険で使う場合、認可された病名で使います。

本来は、漢方薬は、証と言いまして、漢方独特の診断基準があります。ですから、同じ病気でも色々な漢方薬を使いますし、また一つの漢方薬でいくつもの病気を治す事ができます。

基本、病名で漢方薬を使う事はありません。

 

<お問い合わせ先>


札幌市白石区南郷通7丁目北5-1 駐車場有

 有限会社  中村薬局 認定薬剤師 中村峰夫   011-861-2808

https://www.kanpo-nakamura.com/

☆野菜・果物、調理法について詳しく知りたい方☆

は「マカリイズマーケット 青果部」

http://maccali-inc.com/ 


胃カメラの検査の時、ハッカの匂いがするのを知っていました?

2016年12月01日 08時40分34秒 | サプリメント
病院では、ミンクリア(l-メントール) を内視鏡検査の時に、胃蠕動運動の抑制薬として、胃カメラ検査の前に使われる薬なんです。ミンクリアの添付文書にも、「上部消化管内視鏡時の胃蠕動運動の抑制」と記されています。


 内視鏡検査の時、胃腸の運動が活発ですと正確な検査ができません。

メントールには、
平滑筋の細胞膜上にあります電位依存性L型のCa2+チャンネルに結合する事で、Ca2+イオンの細胞内に入るのを遮断して平滑筋を弛緩させます。

*胃の中のガスでできた泡の除去
*胃の粘液の除去
*胃の運動を抑制


カジュアルオーガニック

2016年02月23日 08時35分36秒 | 健康
 日本の医学、特に癌(がん)研究の歴史を知りたく調べていましたら
吉田富三先生に出会いました。

吉田先生は、福島出身で東大卒の俊才です。その信念にも敬服です。

「がん細胞に起こることは、人間社会にも必ず起こる」
顕微鏡を覗きながら詳細に細胞を観察した人でもあります。

「顕微鏡を考える道具とした最初の思想家」

吉田先生は、日本医師会の歴史に名を遺した「武見太郎」と会長選挙で戦った人でも有名です。医療と国語の現状と未来を憂いたからです。

 今年(2016年)は診療報酬改正が行われますが、吉田先生の時代は国民皆保険の黎明期でもありました。
 
「我が国の臨床医は、すべて保険診療しかできないと考えて論を進めている事である。我が国の医療保険法は、そこまで臨床医を束縛していない。自由診療を希望する医師は、いつでも自由診療をすることができる。現にこの時点で、日医会長の武見太郎は、東京・銀座で自由診療を開業していた。すなわち、わが国で保険診療を行っている医師たちは、保険診療を行うに当たって、「個人の自由が制限されることを承知して、自ら申請して」保険診療を行っているのであって、何人からも保険診療を強要されていはいないし、また、いつでも保険診療を止める事もできるのである。」  ~「流動する癌細胞(吉田富三伝)」 講談社 P301~

 私は薬剤師ですが、この一文にハットしました。
診療報酬の点数改定の度に、その点数に合わせて保険診療をする医療従事者が、短期間で業務内容を変えるからです。これは患者さん本位よりも保険診療に合わせた医療行為?なのかと疑われても仕方の無い事です。

 そして、今後、長寿社会での介護医療も注目されますが、予防医学が自己責任の元、重要視されると考えています。

 病気や老化は仕方のない事でしょうか?
 予防は可能なのでしょうか?

実際私の両親では医療保険や介護保険のお世話に殆どなっていません。それが理想でありゴールに思うんです。
 医療従事者が実践すれば良いだけの話しです。

両親が最期まで健康で頭もしっかりしていて経済的にも充実している事。
私たちもその年代になります。子供たちにも家族にも迷惑や負担を掛けない様に今からしなければならない事。

 それで、薬剤師として
カジュアルオーガニックの分野にチャレンジしています。国内最大級の売り場面積を誇るお店です。

 札幌市中央区南18条西16丁目2-20 Gufo伏見1階(駐車場完備)
  マカリイズマーケット   011-212-1421
  http://www.maccali-inc.com/macclismarket.html

医療人としての取り組み

2014年04月08日 10時12分25秒 | サプリメント
世界的に、病気を治療する「医療費」と、寿命が延びたために「介護費用」が増加して国家財政を圧迫し、その加速度的に増えている支出に対応する為に増税・家計が苦しくなると言う悪循環になっています。



 健康寿命と平均寿命の差が、「手厚い医療・介護」が必要な期間です。




男女共に、お迎えが来る前の「10年間」が他人のお世話になる期間です。

昔は、健康寿命と平均寿命がほぼ一致していましたら、死ぬまで動いていた印象があります。



 「死ぬまで健康で動ける」

と言う事が

 「未病(みびょう)」

と言う考え方です。病気を予防する事です。

 その為には、どうしたら良いでしょうか? そのひとつの答えが、

 「食」

なんです。お医者さん等の医療関係者も、栄養士さんも、「食」の大切さを強調します。でも、何処で何を購入して食べれば良いのでしょうか?

例えば、お薬に成分が同じで値段が安い「ジェネリック」があります。今の野菜や果物は大量生産をして安く作る農業もあります。それは、「ジェネリック野菜・果物」ではと思います。 元気な野菜は、ズシッとした重さもあり、生命力が高く、そして口一杯に広がる美味しさと身体が喜ぶ味なんです。是非、食べ比べてみてください。

 そんな想いで、皆さんが気軽に食べれますように

カジュアル・オーガニックのお店を開きました。

http://www.maccali-inc.com/

 マカリイズ・マーケット

札幌市中央区南18条西16丁目2-20 Gufo伏見1階 駐車場有

℡ 011-212-1421   Fax 011-212-1422


お越しになれない人様に、通販サイト(北海道大地の野菜)もあります。

http://www.vegekita.com/

ミトコンドリアと病気

2008年04月05日 08時42分52秒 | サプリメント
2008年4月4日の毎日新聞社に出ていた記事です。


生命維持に必要なエネルギーを合成している細胞内の小器官「ミトコンドリア」の遺伝子が変異すると、がん細胞が転移しやすくなることを、筑波大や島根大、千葉県がんセンターのグループが突き止めた。がん転移を抑制する治療薬の開発などにつながるという。4日付の米科学誌「サイエンス」(電子版)に掲載された。

 研究グループは、同じマウスの肺がんにある「転移しやすい細胞」と、「転移しにくい細胞」に着目。両方からミトコンドリアを取り除き、互いのがん細胞のミトコンドリアを入れ替えた。すると、転移しにくかった細胞は有害な活性酸素を多く作るようになり、転移に関係する遺伝子の働きも活発になって、転移しやすい細胞に変わった。

 このようにがんを悪性にしたミトコンドリアでは、遺伝子の配列が通常と違うことも確認した。遺伝子の変異による活性酸素の増加が引き金になり、転移に関与する遺伝子が働き出すと考えられるという。

 林純一・筑波大教授は「人間のがんでも同じメカニズムが働いていて、抗酸化剤で転移を抑えられるのならば、新薬の開発につながる可能性がある」と話している。

イソフラボンと乳がんとの関係

2008年03月26日 08時08分45秒 | サプリメント
乳がん:大豆などのイソフラボン血中濃度、高いほど発症の危険減--厚労省研究班調査

 大豆などに含まれるイソフラボンの血中濃度が高い女性は、低い女性に比べて乳がんになる危険性が約7割低いことが、厚生労働省研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった。特定保健用食品などによる過剰摂取の問題も指摘されているが、研究班は「食事から摂取する限り、多い方が乳がんの危険が低下すると考えられる」と説明している。

 研究班は、90年と93年に登録した9府県の女性約2万5000人を02年まで追跡。このうち、乳がんを発症した144人と、発症しなかった288人(発症したグループと年齢構成や居住地域の分布がほぼ同じになるように選定)の計432人を対象に、イソフラボンの成分のうちの「ゲニステイン」と「ダイゼイン」の血中濃度と発症の危険性を分析した。

 ゲニステインの血中濃度別に4グループに分けたところ、濃度が最も高いグループの乳がん発症の危険性は、最も低いグループの0・34倍だった。閉経前の女性だけで比較すると、最も高いグループは最も低いグループの0・14倍だった。

 研究班の岩崎基・国立がんセンター予防研究部室長によると、ゲニステイン濃度が最も高いグループは、食事でイソフラボンを1日当たり46・5ミリグラム、豆腐に換算すると約100グラム摂取していたという。

 一方、ダイゼインについては、濃度と発症の危険に関係は見られなかった。

イブプロフェンがアスピリンの保護作用を弱める可能性

2006年09月20日 08時35分22秒 | サプリメント
米食品医薬品局(FDA)は医療関係者と消費者に対して、疼痛軽減のためのイブプロフェンの服用が、心疾患のために服用するアスピリンの効果を妨害する可能性があることを通知した。FDAの安全性情報・有害事象報告プログラムであるMedWatchから発表された警告によると、イブプロフェンが低用量アスピリン(81mg/日)の抗血小板作用を阻害するため、心保護および脳卒中の予防のために使用するアスピリンの効果が弱まる可能性がある。

FDAは、患者が、両方の薬剤が効果を発揮できるようにこれらの2剤を服用するタイミングについて詳細な情報を得るため、医療関係者と連絡を取るよう勧告している。

医療関係者への通達で、FDAは次のような勧告を行っている。

血小板に対するアスピリンの作用は長時間持続するため、イブプロフェンを時折服用することによって低用量アスピリンの抗血小板作用が弱まることによるリスクは、おそらく極軽微とみられる。

速放性のアスピリン(非腸溶錠)を使用し、イブプロフェン400mgの単回投与を行う患者は、アスピリンの効果が弱まることを避けるため、アスピリン服用の30分以上後に、またはアスピリン服用の8時間以上前に、イブプロフェンを投与すべきである。

アスピリン服用の2、7、および12時間後にイブプロフェン400mgを服用した時に、低用量アスピリン腸溶錠の抗血小板作用が弱まることを示す、利用可能なデータに基づいて、イブプロフェンと低用量アスピリン腸溶錠の併用のタイミングに関する勧告を行うことはできない。

その他の非選択的な医師の処方箋無しで買える一般用の非ステロイド性抗炎症薬については、そうではないと証明されない限り、低用量アスピリンの抗血小板作用を妨害する可能性があると考えるべきである。

高リスク集団に対しては、低用量アスピリンの抗血小板作用を妨害しない鎮痛薬(アセトアミノフェンまたは麻薬など)の使用を検討すべきである。

免疫機能 亜鉛が不可欠

2006年08月10日 08時38分34秒 | サプリメント
 免疫細胞の正常な機能にとって亜鉛が不可欠な因子であることが明らかになった。研究成果は「ネイチャー・イムノロジー」(9月号)に掲載される。大阪大生命機能研究科・医学系研究科の平野俊夫氏らは、免疫細胞が病原体を感知すると、亜鉛の取り込みと排出を行うタンパク質の発現が変化して、細胞内の亜鉛が大幅に減少することを明らかにした。
 それによると、病原体の検出が引き金となって細胞内の亜鉛が欠乏することが、宿主の防御タンパク質の発現を増加させるのに不可欠で、人為的に亜鉛の含有量を大きく増加させた免疫細胞は、病原体に対する応答性を失った。
 これらの結果は、免疫細胞の機能が亜鉛の取り込みと排出の微妙なバランスに左右されることを示唆しており、これによって栄養摂取と免疫機能との特異的な結び付きの1つがはっきりした。 

魚を食べることによって加齢性黄斑症のリスクが低下する?

2006年07月19日 12時50分09秒 | サプリメント
特に魚類のn-3多価不飽和脂肪酸(PUFA)を摂取すれば、加齢性黄斑症(ARM)のリスクは低下するという縦断的コホート研究の結果が、『Archives of Ophthalmology』7月号に発表された。

「光受容体外側部に高濃度に分布するPUFAは、脂質の過酸化を介して黄斑部障害を引き起こすことが示唆されている。しかし、動物での研究報告から、ある特定の多価不飽和脂肪、特にドコサヘキサエン酸は網膜の酸化および変性を防ぐことが示されている」とシドニー大学(オーストラリア)のBrian Chua, BScらは記述している。「これらの報告とそれを支持する論争に鑑みて、われわれは、食物脂肪・脂肪酸成分の摂取とARMの5年発生率との関連性を検討しようと考え、Blue Mountains Eye Study(BMES)コホートから地域集団ベースのデータを使用した」。


歯周病の人ほど脳血管障害

2006年07月19日 12時48分59秒 | サプリメント
歯周病による炎症で歯周組織(歯肉や歯を支える歯槽骨など)の破壊が進んでいる人ほど、自覚症状がほとんどない脳血管障害(無症候性脳血管障害)を起こしやすいことが、財団法人ぼけ予防協会の調査委員会(委員長、渡辺誠・東北大教授)の研究で分かった。

 無症候性脳血管障害を繰り返すと、認知症になりやすいとされ、調査委は「歯周病の予防が認知症の予防にもつながる可能性がある」と話している。