nakamoo diary

   - 週一花 -
   

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1(自由花1・実習)

2013-04-27 22:44:59 | いけばな講座
~いけばな講座1(講義)からの続き

花器庫で気に入った花器を選び、教室へ戻って実習に入りました。

テーマ<植物を見つめましょう>
  花・茎・葉・根、それぞれの色・形・質感、表情を活かしましょう。

<花材>
・リアトリス←猫の尻尾のような紫色の長い花
・薔薇(マイ・ガール)
・撫子(初恋)
・鳴子百合(なるこゆり)←白い縁取りのある葉っぱ

 ・花をためるとは、手のぬくもりで茎などを曲げること。
 ・剣山にはしっかりと刺すこと。
 ・葉を取るのは、葉が水につかると、水が腐ってくるので、それを防ぐため。
 ・お水は、練習のときは剣山より5mm上まで、家で生ける時は花器の8分目まで入れること。
 
 ・今日の花材は剣山のこのくらいの範囲で収まると考えて、その大きさ内で生けること。剣山の大きさにはとらわれないように。
 ・お花は真ん中より前へ倒し気味(自分側)に生けること。
 ・お花と相談して生けること。
 ・入れて綺麗なところに入れること。
 ・葉は、表が見えて綺麗なところに入れること。
 ・一輪ずつ、手が入るように生けること⇒一輪ずつ綺麗に見えるように生けること。

 との教えを受けて、実習に入りましたが、お花をくるくる回して表(1番きれいなところ)を探すのですが、回しすぎてどこが表かわからなくなってしまいました・・・。そんなこんなでしたがなんとか生けて「先生、お願いします!」と先生に見ていただき、先生の手直しで、全体が締まりました。教室の床の間で撮影しました(撮影可)。どうでしょうか。


自宅で再挑戦。応接間のサイドテーブルに置いてみました。


あっという間の楽しい90分でした。池坊学園は阪急烏丸駅からすぐなので通いやすく、また、自宅ではなかなかお花だけに集中できる時間を過ごすのは難しいので、とても新鮮でした。

次回は5月11日(土)です。
コメント

1(自由花1・講義)

2013-04-27 22:38:25 | いけばな講座
2013年4月27日(土)13:00-14:30/2013年度池坊学園のいけばな講座が始まりました。
本日の受講者は7名で、欠席された方もおられたようです。

まずは、先生の講義です。詳細は池坊IKENOBOのHPも参照させていただきました。
          
1.立花(りっか)「床の間を舞台として育まれた様式」
 この様式は、室町時代に書院造という建築様式が造り出され、それを構成する一部として、床の間の原形となる押し板が成立したことによって生まれました。押し板を飾るものとして出発した立て花は、床の間の完成とともに儀式の花、饗応の花として重んじられ、立花としての様式を整えていったのです。立花は、床の間という空間のなかで育まれてきた様式といえます。

(1)立花正風体
  池坊立花の伝統的な美感と、七つあるいは九つの役枝からなる構造を基本とし、花形の骨組にならって構成されます。また、複雑で多彩なその構成は、自然のおもかげや雄大な風格を表出します。

(2)立花新風体
  表現する内容を重視した立花の新しい様式で、伝統的な美感と構造を基本としつつ、花材ののびやかさ、新鮮さ、艶やかさを備えます。また、花材を広範囲に選び、意外性や対照効果のある取合せにより、明るさ、鋭さ、際立ちなどの美を表現します。

2.生花(しょうか)「暮らしの空間を美しく飾る」
 生花をいけるとき、もっとも大切にされるのは花の出生です。出生とは、花木それぞれが本来有している性情、いわば花の個性といえましょう。これに対して、光に向かって枝葉を伸ばし、花を咲かせ、風雨など環境に応じて生育するという草木が共通してもつ性情を「自然」として、いけばなでは区別してきました。生花は、草木固有の出生を尊重し、その性情にかなういけ方により、その花らしさ、草木の内に息づく生命の輝きを端的に表そうとする様式なのです。

 (1)生花正風体
   古くより物のなりたちの基礎となってきた陰・陽や天・地・人になぞらえた真・副・体という役枝によって構成されています。の三つの役枝が、一株となって水際からすぐやかに伸びいで、真を中心に相互に呼応しながら伸びたつ形で構成され、特有の格調美を見ることができます。

 (2)生花新風体
   池坊の草木の生命をみつめる伝統的な美意識を背景に、花材を多角的にみつめ、色や形、質、いのちの伸びや張りなど、さまざまな美をいけるものの現代感覚を反映して、明るさや生命感のある鋭さ、際立ちとして表現します。

3.自由花(じゆうか)「アートする花が新しい空間を創造する」 
 暮らしにあうモダンで創造的な自由花が生み出されました。

簡単な講義が終わり、隣の花器庫へ移動しました。

~いけばな講座1(自由花・実習)へ続きます。
コメント

満開 その2

2013-04-27 17:20:56 | 週一花
本日のつつじ。日中に撮りました。
4月25日(木)から引き続いて満開です。
コメント

4月26日(金)の夕景

2013-04-27 07:48:03 | 日記
2013年4月26日(金)日中、いつの間にか雨が降っていましたね。
19:30から職場内・係の歓送迎会だったのですが、お店に向かう途中、雨の中、傘もないのに係長が未着の係員を迎えに駅の近くまで来てくれていました。やさしい係長です。22時過ぎ、歓送迎会は盛会のうちにお開きとなりました。

2013年4月26日(金)17:25、早番でしたので、さっさと職場を後にして、職場近くの夕景を撮りました。日が長くなっているので、夕景ではないかもしれませんね。4月24日(水)夜の風景と同じ場所、歩道に花ミズキの並木が見えるでしょうか。


blogって、なかなかその日のうちに投稿できないものですね。私の気合が足りないのか、どうなのか。平日は仕事があり、帰宅するとblogを書きたいと思っても、睡魔に負けてしまいます。今週は仕事で大切なヤマ場を終え、昨夜の歓送迎会を迎えることができました。

多くの方に見ていただいているので、まめに投稿したい気持ちはあるのですが、土日祝の休日更新がメインになりそうです。見ていただいている方、感謝です。おおきに。

本日、4月27日(土)よいお天気です。では、楽しい連休前半を過ごしましょ。
コメント

満開

2013-04-26 04:40:22 | 週一花
2013年4月25日(木)夜、月が綺麗ですね。
仕事から帰宅後の庭のつつじです。満開となりました。
コメント

4月24日(水)夜の風景

2013-04-25 08:06:23 | 日記
2013年4月25日(木)今日はとてもよいお天気ですね。

昨夜、投稿できなかった写真を一晩遅れで投稿しました。
4月24日(水)19:26仕事帰り、雨は上がっていました。花ミズキが街燈によりライトアップされています。

コメント

お酒の神さんの山吹祭

2013-04-21 19:44:33 | 日記
2013年4月21日(日)寒いですね。
今日は友人と京都市西京区にある松尾大社の山吹鑑賞へ、その前にカジュアルフレンチの松尾かも川でランチを楽しんできました。

待ち合わせの時間より少し早めに到着したので、午後から行く予定をしている松尾大社へ寄ったところ、神幸祭のおみこしと出くわしました。ほいっとほいっとの掛け声とともにおみこしが上下に揺れて、勇ましく進んで行きました。でも、本日の船渡御は強風のため中止になったそうです。


カジュアルフレンチ松尾かも川は11:30から予約をしていました。
1番乗りでした。ここのランチは人気があり、予約をしていないとお店に入れないこともあるのでご注意を。雰囲気がよく、でも、気取らない気楽なお店で、本日も家族連れで満席になっていました。お庭の枝垂れ桜はもう終わっていましたが、大きな窓からの眺めは開放感がありますね(座席からの撮影)。


ランチコースのメニューは当日決めることにしていましたので、1番お安い1,890円のAコースをお願いしました。前菜はタイのカルパッチョ


スープ(野菜のスープ/コーンスープ・ミネストローネから1種)、パン/ライス


グラタン


お肉料理(牛ほほ肉の赤ワイン煮込み/牛肉のソテー・お魚料理(赤魚のトマトソース・・・)から1種)


デザート、珈琲/紅茶


友人も1,890円でこの味・量と雰囲気、とても気に入ってくれました。


さて、再び松尾大社。醸造の祖神。京都最古の神社で、701年には現在地に社殿を造営されました。


以下の4庭は、京都東福寺の方丈の庭を作られた重森三玲氏の作庭です。
上古の庭(磐座風)


即興の庭


曲水の庭(平安風)


蓬莱の庭(鎌倉風)


霊泉亀の井:酒造家はこの水を酒の元水として造り水に混和して用いるそうです。


白い山吹(バラ科)


山吹



その後、摂社月読神社まで足をのばしました。松尾さんの山吹、咲き乱れています。現在、見頃です。松尾さんの境内は混雑していませんが、山吹を見に来られた方で、賑わっていました。




コメント

満開近し

2013-04-21 18:26:30 | 週一花
2013年4月21日(日)、今日は時折、風が強く、時雨れて寒い日中ですね。
さて、庭のつつじも満開が近づいてきました。
コメント

おすすめ お手軽に

2013-04-20 23:57:47 | 歌舞伎
2013年4月20日(土)、今日は夕方から雨が降り始め、まだ降っています。

第21回南座歌舞伎鑑賞教室/午後の部15時へ行って来ました。京都四條・南座。


本日初日です。本日から始まった歌舞伎ミュージアム観覧料込みで3,000円・全席自由席です。
この歌舞伎鑑賞教室は年々人気が高まっているようで、観客の人数がうなぎ登りです。10数年前私が行き始めたころはがらがらだったのですが、本日午前・午後の部ともに満席とのことでした。客層は子どもから学生、お年寄りまで幅広いです。なかなか南座で、それも3,000円で歌舞伎を見ることができないので、おすすめです。
毎年趣向を凝らされていて、マンネリ化はありませんよ。
この鑑賞教室を歌舞伎を見たとするならば、私は本年2回目の歌舞伎鑑賞です。1月に二代目市川猿翁 四代目市川猿之助襲名披露 九代目市川中車 壽初春大歌舞伎(夜の部)を見に大阪松竹座へ出掛けました。

第21回南座歌舞伎鑑賞教室
15時開演
 1.解説 南座と歌舞伎 案内 桂 九 雀(15:00-15:45)
   <幕間 15分間>
 2.上  藤 娘  上村 吉 弥(16:00-
   下  供 奴  上村 吉太朗    16:35)

1.解説 南座と歌舞伎では、九雀さんがおもしろおかしく歌舞伎・南座の説明をしてくださいます。
  また、名物コーナー、歌舞伎役者に変身(?)では、観客から希望者を募り、檜舞台に上がり、本物の衣裳を着つけてくれます。毎年1名でしたが、本年は5名で、檜舞台から花道で見栄を切り(?)そのまま花道の奥へと歩いて行かれていました。緊張してないの?と不思議に思いました。

2.上  藤 娘(ふじむすめ)では、吉弥さんの可憐な藤娘が素敵でした。藤十郎さんの藤娘ともまた違い、やっぱり役者さんによって随分と違うものなのだと実感しました。藤娘の舞台の藤の花について、男性が藤娘を演じるため、華奢に見えるように花がめちゃくちゃごっつく作ってあるんですと九雀さんが説明をされていましたが、そのとおり巨大な花となっていました。
  下  供 奴(ともやっこ)では、吉太朗さんの元気溌剌さがとてもよかったです。吉太朗さんは中学1年生、一般家庭出身で、歌舞伎好きが高じてこの世界に入られたのだそうです。

実際は16:45ころに終わりました。
次の予定まで少し時間があったので、本日からロビーで開催されている歌舞伎ミュージアム 南座2013の1部分を見てきました。ちょうど、昨年末の吉例顔見世興行のまねきなどが展示されていました。中村勘九郎さんの襲名披露がありましたね。私は昼の部を見に行きましたので、口上は拝見できなかったのです(口上は夜の部でした)。



興行まねき


邦楽連中まねき


役者まねき

歌舞伎絵(錦絵)


 
コメント

沖縄のおぜんざい

2013-04-19 00:25:21 | グルメ
2013年4月19日(金)となりました。昨日木曜は暑かったですね。

昨日は仕事が忙しく、バタバタとしていてとても暑く、汗をかきました。こんな時には沖縄ぜんざい。おぜんざいと言っても沖縄ぜんざいは氷だけのかき氷と思わせて、かき氷のなかにお豆やらが隠れています。ひさびさに本場沖縄ぜんざいを食べたいものです。


食べてみると・・・


さて、金曜日は少し気温が低めのようですね。早くに仕事を終えられるかな。では後1日、お仕事がんばりましょう。
コメント