中丸美繪ブログ

モーストリー・クラシック誌上で井口基成伝連載中。小澤征爾伝も引き続き執筆中。
その取材と裏話


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日経書評『日本航空一期生』

2015-04-06 11:32:55 | 日記
ありがとうございます!
日経新聞に書評が出ました!

<敗戦後、日本は航空にかかわる事業を禁じられた。運航や製造はおろか、教育や研究までも御法度となり、すでにあった飛行機は軍用のみならず民用も破壊された。
 そうやって失われた「空」を取り戻そうと日本航空を立ち上げ、発展させた人たちの奮闘を描いた、ノンフィクションだ。後の日航の姿からは想像できない草創期のパワーが伝わってくる。多彩な顔ぶれの中でも魅力的なのは、松尾静磨という人物だ。。。。。>

そう、わたしが描きたかったのは、経営の際にも採算よりもまず安全を優先した松尾の姿勢だ。」
「臆病者といわれる勇気をもて」の標語を生んだ人物で、彼こそは日本の航空界の父ともいっていい。

日経書評はつづく。

<インタビューや様々な資料をつうじて紹介されるエピソードの数々は胸に響き、読み飽きない。たとえば、客室乗務員の一期生を『エアガール」の名称で募集した際は「容姿端麗」が応募資格だった。「かつてはそんな空恐ろしい条件があった」と、著者は敬意とユーモアをこめて書く。日本の社会が「別の世界のように思える時代」を鮮やかに描き出した一冊だ>

としめくくられる。

いろいろ反響がきた。メール、電話・・・。

コメント