中丸美繪ブログ

モーストリー・クラシック誌上で井口基成伝連載中。小澤征爾伝も引き続き執筆中。
その取材と裏話


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「日本航空一期生」から「小澤征爾異聞」へ ・・・・霞ヶ関ビルのパーティー

2015-05-01 14:33:39 | 日記
日本航空一期生出版関連のエピソードを書くべきなのだが、このところおわれているのが、「小澤征爾異聞」の連載だ。

これは「モーストリー・クラシック」という産経新聞発行の音楽雑誌で、この三月から連載がはじまった。

まだ頭は「日本航空一期生」でいっぱいのとき。

そもそもその締め切り翌日が、「日本航空一期生の会」ということで、わたしが取材させていただいたJAL創立当時の社員の方々や、そのころの関係者が一同に参会するというものであった。

場所は、霞会館。
それは、霞ヶ関ビルにあって、旧華族の方々が会員となっている場所なのである。
そもそも霞ヶ関ビルがたつ以前、そこには華族会館があったらしい。それを立て直す形で、三井不動産が開発したのだとか。

発案者は鷹司信兼さん。
鷹司さんは94歳。JALの草創期の地上職社員です。
この鷹司さんが霞会館の会員であるため、そこで私の本ができたら、当時の人たちで集まろう、と言い出したのがきっかけです。
(鷹司家は藤原鎌足にさかのぼる公家。五摂家のの名門)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経書評『日本航空一期生』 | トップ | 小澤征爾異聞ー「モーストリ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事