中丸美繪ブログ

モーストリー・クラシック誌上で井口基成伝連載中。小澤征爾伝も引き続き執筆中。
その取材と裏話


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北欧音楽祭すわ

2018-10-09 16:57:37 | 日記
北欧音楽祭すわを訪ねた。

これは下諏訪で行われている、諏訪交響楽団の武井勇二さんが実行委員長になって、すでに20年つづいている音楽祭だ。
これは岡谷市出身の指揮者・渡邉暁雄を顕彰して、企画されたものだ。

渡邉は戦後の日本の音楽界を牽引した指揮者であり、東京芸術大学では、岩城宏之や山本直純などの門下生が輩出する。

父忠雄は岡谷市出身で、下諏訪のキリスト教会に入り、牧師となってフィンランドに渡る。フィンランド神学校を出たのち、フィンランド人のシーリと知り合い、二人は当時としては珍しい国際結婚をしている。二人は岡谷に戻り、二人の男子をもうける。その次男が暁雄である。ちなみに兄は共同通信社にjはいり、ロンドンに長く居住しジャーナリストとして活躍した。

母シーリは、日本に来るときに、キャンドル立てがついているアップライトピアノを持ってきた。当時、日本にはピアノもろくにない状態。これは、のちにピアノ界の大御所井口基成の最初のピアノとなった。基成の父は日本キリスト教団の熱心な信者で、渡邉家と知り合いになった。そんな縁で、子供たちが音楽をするというときにこのピアノが井口家にもらわれていったのだった。このあたりは、現在「モーストリー・クラシック」で連載中の「鍵盤の血脈」を読んでいただきたいとおもいます。

さて、母である声楽家のシーリの才能と影響をうけて、
暁雄は、東京芸術大学を出て、ニューヨークのジュリアード音楽院に学んだ。

北欧音楽祭すわの名誉会長である暁雄の長男でピアニストの康雄によると、暁雄は、ピアノもヴァイオリンもうまかったそうだ。
彼は、芸大のヴァイオリンに学び、のちに井口基成と桐朋学園を創立する斎藤秀雄らと、室内楽運動などもしていた。

戦後になって、ジュリアードで指揮を学んだ。ここで暁雄は、劇場経営や楽団経営を学び、指揮をも学んだ。
これは日本人指揮者としては、初留学となる。

このときの知識をもちかえり、渡邉は、日本フィルハーモニー交響楽団の創立にかかわる。

康雄によると、「父と二人でタクシーにのって喋っていると、運転手さんに、日本語がお上手ですね、なんていわれる時代で、父はハーフということでいろいろ苦労したと思います」という話が、音楽祭のパーティーであった。
そうだよね、いまでこそ、認知されているけれど、大坂なおみさんとか、・・・日本人の優勝と騒がれているけれど、彼女も結構差別という目にあったと聞いています・・・それがときをさかのぼって、昭和の最初なのですから、当然、差別のなかで育ったはずです。

ただ面白いのは、暁雄さんが結婚した相手が、元総理大臣鳩山一郎の娘。最初は節子さんと恋に落ちたらしい。しかし、彼女は白血病で早くになくなった・・・。
その彼女にピアノを教えていたのは、井口基成の妹の愛子・・・・・鳩山家とはいろいろ縁が深い井口家ですが、これも「鍵盤の血脈」に譲りましょう。もうだいぶ前にこのことや、基成が芸術院賞をとったときのパーティーは鳩山御殿でした、という話を書きました。戦時中であるにもかかわらず、基成は酒を集め、寿司をにぎらせ・・・・。

暁雄は、それでも情熱的に、節子と結婚、亡くなってからは、なんとその妹の信子と結婚したのです。
何しろ、かっこいいです。

(続く)




コメント

井口ファミリーの率直・誠実さ

2018-09-10 13:55:57 | 日記
「モーストリー・クラシック」で井口基成伝を執筆中です。

井口基成は、中村紘子の先生筋でもあります。

そのために、ご親戚、ご家族ご一同が、ほんとうに協力してくれました。

士族だったけれど、もともと東京の下町、隅田川の大橋生まれで、神田で育った井口基成。
下町の率直さが、ご家族にはあります。

ご兄弟、親戚とも、事実をずばり!!と。
諧謔をこめて、基成を批判的に捉えるような発言も多々あります。

それは下町っ子の率直さと、井口家のファミリー・ヒストリーが、あまりにも混乱した、苦しいまでのものだったからかもしれません。

息子さん、お嬢さん。ご親族。彼らの発言だけでも、井口家の物語ができそうなくらいでした。

いよいよ、お話は戦後に・・・・大業績となった楽譜の校訂や、桐朋学園音楽科設立の話にむかいます。

それにしても、災害が多い。

この夏休みは、妹・中丸三千繪がいる北海道を訪ねて、帯広の日本一といわれる花火をみたり、生まれて2週間ぐらいの子牛にバケツからミルクをのませたり、温泉にはいって楽しんできたりしたけど、その北海道が、たいへんな地震にみまわれました。帯広の病院はたいへんなことになってるようです。原発がないのが幸いでした。


全国あちこちでおきる災害。天災だよね、奈良時代なら。こんな天災がおきたとき、お寺つくったり。安倍さん、大丈夫でしょうか。
コメント

小澤征爾という神話・・・講演を行いました。

2018-07-04 11:35:33 | 日記
6月初旬、東京・六本木の国際交流会館・・・重要文化財だそうです・・・において、「小澤征爾という神話」の講演をおこないました。
主催は、大阪にある國民会館。
これは鐘紡を創設した武藤山治を顕彰する組織で、その建物も歴史的なものとなっているようです。

当日は、約2時間にわたり、小澤征爾さんをめぐって資料から明らかになった小澤像や、関係者の取材のなかで浮かび上がってきた新事実についてなど、講演しました。

また日本人ばなれした小澤さんのリズム感・・・の紹介として、CDも聴いていただきました。
選曲はベートーヴェンの7番。朝比奈隆指揮・NHK交響楽団と、小澤指揮サイトウ・キネン・オーケストラを連続して、聴き比べてもらいました。
この比較鑑賞は評判がよかったです。

本当にまったく違います!

この講演の抜粋が、國民会館のホームページにのることになるようです。

言葉たりないところもあるけれど、概要は知っていただくことができます。

現在、拙著「小澤征爾という神話」は推敲段階。
今年、小澤さんは、松本でのフェスティバルで指揮はしないけれど、現地には滞在するようです。

すでに猛暑の夏!
体力を温存してほしいですね。

コメント

小澤征爾さん入院ー奥志賀高原ー愛子さまスキー

2018-04-09 16:28:37 | 日記
小澤さんをめぐる本のために、小澤さんを追って何年がたつだろうか。

先日、大動脈の異変で入院の小澤さん。
検査も長引き、水戸室内も別府のアルゲリッチ音楽祭もキャンセルとなってしまった。

これでは、いよいよ夏の松本のフェスも??とおもいきや、夏の復帰をめざすという情報がはいってきた。
さすが、小澤さんである。

週末わたしは、なんと志賀高原へいった。
ここは小澤さんがまだ桐朋学園在学中、恩師斎藤秀雄らが好んでスキーにきていた場所である。
さらに、斎藤秀雄が最期に生徒たちを指揮した桐朋の合宿もおこなわれた場所である。
このとき、斎藤が指揮した「ディヴェルティメント」を小澤さんは、サイトウ•キネン・オーケストラのテーマソング?のようにしていて、アンコールやだれかが亡くなったとき、ご自分の病からの復帰で長い曲が指揮できなくなったときなどにとりあげてきた。

小澤さんは、志賀高原より、もっと山にある奥志賀高原で室内楽セミナーを長年おこなっている。
この奥志賀高原との縁も、そもそもはスキーからだった。
小澤さんは「どんな貧乏なときでもスキーをしてきた」というほどのスキー愛好家である。
病を得てからも、ひとりでも新幹線で奥志賀高原にむかったものである。
ケネディ賞を受賞した小澤さんは、その前かあとかどちらだったか、キャサリン・ケネディ前駐日米国大使とも滑っている。


ここに、小澤さんは別荘ももっている。
それは、奥志賀高原でスキー学校を開いている杉山進さんから土地を買ったものだ。
杉山さんは、コルチナ冬季オリンピックのアルペンスキー選手。
オーストリア国家が認定したスキー教師の資格をもつ。
スキー学校の先駆けのかたである。
この方が、小澤さんのスキーの先生でもある。
お歳は、小澤さんより三つ上。
そもそもは、小澤さんの子供たちが学校からいったスキー学校が杉山さんのところで、その縁で、小澤さんと杉山さんは出会う。
そんな縁で、小澤さんは杉山さんのスキー学校を借りて、そのカフェテリアや講堂やらで、室内楽セミナーをおこない、その最終日に、長野電鉄が小澤さんのためにたてた「森の音楽堂」で演奏会をおこなってきた。


杉山さんにお電話をする。
「こんど奥志賀にいくのですけど、どなたかに子供にスキーを教えていただきたい」
「その週末、僕は仕事なんだ、会いに行きたいけど、残念だなあ」

こうして奥志賀高原にでかけ、杉山スクールの先生に指導をうけることに。

シーズンが済んだこの時期の奥志賀は、客も少ない。
驚いたことに、外国人従業員が多い!
当然、客も欧米人、少しのアジア系。

小澤さんのために長野電鉄がたてた「森の音楽堂」は、ひっそりと静まりかえっている。
この音楽堂、どのくらいつかっているのか。
スキーが釜の飯よりも好きという夫がつぶやく。
「小澤さんのためにたてたのだろうけれど、あまり使われていないようだな。長野電鉄は、そんなお金を、長野行きの直行バスを出すとに投入すれば、もっとスキー客が集まるだろうに。この時期でもまだまだ奥志賀高原はスキーができるんだ。アクセスが悪すぎるから客があるまらない・・・」などと、スキー第一主義の発言をする。

たしかに少ない。
スキー人口はますます減っているようで、下手な私は、間違った方向に滑って行って、マイゲレンテ状態が続いた。
だれもいない森のなかを滑る・・・・・これはたいへんに気持ちがいい!!!
増えてほしくない。、、、、スキー客。
でも、夫は経済人でもないのに、繁栄を口にする。

志賀高原の地元発行の冊子によると、愛子さまも、三月末にはいらしたようである。
そうそう、ここには毎年、皇太子夫妻がいらしているのだ。杉山さんが指導にあたられてきた、とも聞いた。
愛子さまもお小さいときから滑っているのだろう。
上級コースを滑られるほどの腕?というか、足?をもってらっしゃるらしい。
颯爽たる滑りのほどを見せる写真が掲載されていた。

小澤さんは、一時軽井沢で講習をおこなうことをめざしていた時期がある。軽井沢が天皇ご一家の保養地の一つであるとすれば、ここ奥志賀高原は、皇太子ご夫妻の保養地の一つ。
天皇になられたら、ここ奥志賀高原の注目度があがるのでしょう。

昨日は雪が降った。
奥志賀高原ではまだまだ春スキーが楽しめそうである。
小澤さんが、この冬もスキーをしたかどうか。ひとりで新幹線にのってでも、冬の長野に通った小澤さんである。
ぜったいに滑ったと確信している。そのときちょっと息苦しく感じたのかしら。それで検査にいったら____
ということもありそうである。

夏の松本での復活、楽しみにしています。





コメント

小平奈緒選手の伯母様は、松本での小澤征爾フェスのー

2018-02-19 15:11:27 | 日記
小平奈緒選手、金おめでとう!!!
オランダへの留学!!!!決意!!!!
一発勝負を仕留めるこの美しい、マニッシュな獣。彼女の伯母様は、ー小澤征爾さんが松本市で行なっているフェスティバルの仕掛人、元エプソン勤務の武井勇二さんのおくさまえです。チトヤヤコシイ?。

武井さんは、1980年代、小澤さんがどこかでフェスティバルができないか、といったときに、エプソンの中村社長ー世界で初めてクオーツ時計を開発したーを口説いて、スポンサーとして、松本にフェスティバルを持って来させた仕掛人なのです。
以来、ご本人曰く、おいらが先に死ぬか、小澤さんが逝くか、ーというくらいで、フェスティバルの要、総合コーディネーターを務め、小澤さんを支えてきました。
この武井さんの奥様が、小平奈緒選手のおばさまのみちこさま。
活発で、シャキリとなさっている素敵な方で、
フェスティバルのときの演奏会でも、私が〜すぐにおそばに寄りたくなる方です。
なんでもみちこさんは、わりあい最近登山をはじめられ、で、こノー奥様、ーさすが、ガンガン登られてるいうです。
一方で、勇二さんの方は、諏訪交響楽団では若いときにヴィオラ弾いていたくらいで、そんな若いときに小澤さんとしりあったくらいの音楽狂。
みちこさまに付き合って登山することもあるらしいのですが、滑落もあって。。。。。
しかし、ともかく、
世界一というのは、epsonにしろ、小平奈緒選手にとって、みじかなものだったようです。
小澤さんも、比べることが難しい音楽だけれど、世界一と言われるオペラハウスの音楽監督でした!
このオリンピックがはじまってから、毎日武井さんのことも、おもいだしていたわたしでした。

なおさんおめでとうううううう!!!!!!


コメント