日常生活

30代夫婦の日常生活

おっさんの道東一人旅

2022年08月14日 00時01分58秒 | 夫log
8月5日から8日まで息子のアイスホッケーの大会が釧路であったのだが、息子はまだコンタクトレンズを一人で入れられない。そういうわけで、試合前にコンタクトレンズを入れるためだけに釧路に行ってきた。ただし、チームで宿泊する息子とは別行動、またANAが名古屋から女満別にしか飛んでいない。そういうわけで、女満別に一人で行き、そこから2時間かけて釧路までレンタカーで行くおっさんの一人旅となった。

まず、8月4日に女満別まで飛んでレンタカーを借りた。そこから阿寒湖温泉まで行って阿寒湖温泉泊。

夜ついたのだが、小さなお土産物屋さんがまだ空いていて、ちょっと素敵な雰囲気だった。

釧路市のステイ釧路キャンペーンにより3000円分の商店街で使えるクーポンがもらえた。娘へのお土産の白い恋人などを買う。

それで翌日釧路いり。釧路なのだが気温が20度程度で寒い。カナダのビクトリアに語学研修の引率で行ったときと同じぐらいの感じだなと思った。北海道全体が寒いわけではなく、釧路が寒いらしい。

それで息子にコンタクトを入れて試合観戦し、お昼は海鮮丼。

港のところの釧ちゃん食堂に行く。

こんな感じ。それでもびっくりするほど安くてうまいという感じもしなかったが、まぁ満足。

夜は釧路駅の居酒屋。ザンギを食う。

こんな感じ。これはこれで美味しかったのだが、事前の期待値が高すぎてまぁ普通だなという感じ。愛媛だったらもっと美味しい店を知っているなとか思う。

それで毎日コンタクトレンズを入れて試合を見るというような生活をしていたのだが、唯一観光で行ったのが釧路湿原。

展望台のところから遊歩道に入れる。

展望台からの眺め。正直これも微妙だ。

ただ湿原の中は結構いいなと思った。旅感があった。

それで、湿原の中を歩きながら思ったのだが、もうひとりで湿原を歩いているおっさんというだけでヤバい。僕が考えてそんなおっさんがいたら不審に思うので、多分僕も不審に思われている。それで通報されないようにすれ違う人に積極的に挨拶をして、変な人間だけども危険ではないという空気を出すことにした。そう思ってみると、やっぱり他のおっさんも挨拶を積極的にしていた。同類相憐れむだ。おっさん同士で挨拶をするたびに、なんとなく心が通い合うような気がした。

それで8月6日に女満別までまたレンタカーを運転して帰り、名古屋まで飛んできた。

今回、ステイ釧路キャンペーンで釧路市より一日3000円の補助が出るということで、阿寒湖温泉に1泊、釧路に3泊した。しかし、釧路3泊は正直暇だった。根室とか行きたかったのだが、片道2時間強。それだったら普通に途中で根室に一泊とかすればよかった。正直3,000円につられすぎた。あと、今回釧路に行って一番驚いたのがイオンなどのショッピングモールの大きさだ。とにかくでかい。駐車場も大きい。それで北米感があるなと思った。

旅の途中で訃報に遭ったが、結局間に合わないということでお葬式への参列を断念。僕は結構旅行中に連絡を受けるパターンが多いなと思う。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ感染記

2022年05月04日 11時58分43秒 | 夫log
息子がコロナをもらってしまい、それに私も感染してしまった。週末に久々に対面の集会に参加する予定が、お陰でそれもリモート参加になってしまった。どうせなら初期に感染すればネタにもなっただろうに、こんな流行も収まったような時期に感染するとは情けない話だ。

コロナになったことのない人のために、かかったらこんなになるという経緯を説明するので、今後の参考にしてもらえればと思う。まず息子が25日の夜に体調が悪いといいだして、翌26日の朝に病院で感染発覚。この時点で、濃厚接触者となり1週間の自宅待機となった。症状の出た25日を0と数えて1週間の自宅待機となるので翌週の火曜日からは動けるはずだったのだが、26日には自分が感染してしまい、そこから10日の自宅待機となった。

仕事の方はGW中で、あまりお休みにせずに済んだのは幸運だ。いずれにせよ最初息子が感染したときには、ちょっと長い休みぐらいのつもりだったのが、実際に自分がかかってみるとやはり相当しんどくて、丸々4日は倒れていた。しかし6日目になると熱も治まった。まぁしんどさはインフルエンザぐらいだなと思った。ちなみに息子と娘は2日ほどで早々に治った。こんなんならコロナはインフルと同様の扱いでもいいのではないかと思った。

うちの場合、家族全員やられるかと思いきややはり妻は自己防衛がちゃんとできていて現在まで感染していないしおそらく感染せずに乗り切った。そういうわけで買い物等は全部妻がしてくれて日常生活に支障はなかった。無料弁当の宅配サービスとか申し込もうかと思ったのだが、申し込んで弁当が届き始めるまで2日ほどかかり、その間は冷食が届くということだったので、まぁそこまでしなくてもよいかということでやめた。

それで証明なのだが、コロナ陽性の証明は正直微妙で、病院によって書類のクオリティが結構違う。検査結果の紙に手書きで「名前」と「陽性」とだけ書いてくる所も多い。こういう落書きみたいな感じのものを学生から出されることも多く、これは困るのできちんと療養証明くださいという話にしているのだけども、実際に息子が陽性の判定を受けたときの病院はそんな感じの物しかくれなかった。もう少し言えば、さっさと帰ってくれ感があった。気持ちはわかる。僕が行った病院は一応ちゃんと角印が押してある書類をくれた。

ちなみにおかげで予定していたGWのイベントは全部キャンセルだ。息子は青森の友達のところまで一人旅する予定がキャンセル。私も家で大人しく仕事。しかし、おかげで仕事で金沢に行くのもなくなったので、最終日くらいは家族サービスにどこかに連れて行ってあげたいところだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

所有者不明土地

2022年03月31日 18時49分27秒 | 夫log
一昨年父親が死んだので、土地を整理することにした。全部私が相続する。実際問題として金銭的価値は無いのだが、父親のことを知っている僕の代の間だけは何とか維持しようということだ。息子の代になればどうなるかわからないけども、まぁそれは仕方ない。
それで、実家に帰って司法書士さんのところに行ったのだが、やっぱり田舎はいいなと思うのは、アポとか要らず行けば対応してくれるというのんびりとしたところだ。とりあえず固定資産税の書類を持って行って、うち土地の相談をしたのだが、まずデータベースからうちの知らない共有の土地を教えてくれた。危うく登記漏れするところだった。この辺も田舎の良いところだ。それは相当広い土地で、うちの持ち分もまぁまぁある。しかし、20万も出せば登記が全部終わることが分かったのでまぁそれぐらいでお願いしてみようと思う。ちなみに広大な土地だが、年間の固定資産税は6000円ぐらいらしい。全然価値無い。

そして一番困ったのは墓だ。うちの墓は家の近くの丘のようなところにあるのだが、その土地は適当に買っている。もともと土地を持っていたおばあさんに売ってくださいと言って、いいよといわれて売買成立だ。ただし、分筆といってうちの土地だけを分けて登記すると当然、測量代が高くつく。そういうわけで、分筆していないし、共同所有ということにもしていない。名義はもともとその土地を持っていたおばあさんのままだったのだ。それで地籍調査の時に分筆されたらしいのだが、やはり元の名義のおばあさんのものになっていた。そしておばあさんが死に、その息子さんが相続した。しかし、登記簿にあるその息子さんの家に行ってみたところ、空き家になっていた。それでその空き家の近所のおばあさんに話を聞いたところ、その息子さんは結構前に死んで、その空き家には息子さんの妹が住んでいたのが、その妹も3か月ほど前に死んだそうだ。それで大阪に住んでいる息子さんの次女がごくまれに来ることがあるので、その人がおそらく相続の権利を持っているのだろうが、事情は分からないとのことだ。

つまるところ、うちの墓は所有者不明土地に立っている。まず所有者を確定してもらわないと登記を移すというような話にならないので、さてどうしようと。こういうのは公共事業で良くある話だと思っていたのだが、自分でもあるんだなぁと。24年などといわずさっさと登記は強制にした方が良いのではないだろうか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Nはいくつか?

2022年02月19日 22時05分11秒 | 夫log
昨日の夜、なんだか眠れずにそれでも今日は仕事があったのでコーヒーを大量摂取した。それで晩御飯を食いながら妻と話しているときに思い出して、そういえば以前、アサヒ芸能か何かの記事で風俗嬢の嫌な客というのにコーヒーを飲んできた客が一位だったみたいなのがあったという話をしたところ、妻から「それNはいくつなの」と言われてしまった。
それで妻いわく、以前というか昔から僕はそういう話をしたところだいたい「Nはいくつよ」と言っていたらしい。それで考えたのはまずもって妻は偉いということで、そのとおりアサヒ芸能の記事はおそらくライターが適当に考えたところだろうからまずはNはいくつかを確認する必要があり、それは正しいアプローチだということだ。そしてその次にいやいや、普通の可愛い女の子だった時代に、その可愛い女の子がそんな話があるんだってということを言ったときに、Nはいくつかと聞く人間は最悪だなということだ。世間に迷惑をかけて申し訳なかったなと思うのだ。
それでこれはマイ・フェア・レディだ。貴婦人に育て上げてしまって貴婦人になって自分の手元を離れたと嘆く博士みたいだなと思った。というのも、今日はひたすら調査のファクトを説明するという予定だったのだが、そしてまぁだいたいそんな感じだったのだが、妻にその話をしたところ、うちの病院ではこういう症例がありましたという話をされても、そうでしょうねとしか言えないし日記みたいだよねということを言われ、まあそうだよねと。イライザは厳しい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コストコでのテレビ購入

2021年09月18日 19時19分52秒 | 夫log
どうしても有機ELのテレビが欲しくなった。携帯は有機ELのディスプレイなのだが見やすい。それで職場のディスプレイを有機ELにしたらすごく良くなった。
となると次は家のテレビを有機ELにする必要があるのではないか。
そう思ってここのところテレビの値段を調べていたのだが、あきらかにLGが安く、明らかにコストコが安い。
そこで、安いLGの有機ELテレビを買いにコストコに行ってきた。

コストコはオンラインで購入もできるのだが実店舗のほうが少し安いという噂だったので実際に実店舗に行ってきた。高速つかえば15分ぐらいのところにコストコができたので便利だ。
それで実際に行ってみるとこんな感じになっている。




わかるだろうか。値段は29万9千円だけど、プリペイドカード11万7千円がついてくる。何よこれって感じだがこのプリペイドカードはこのテレビの購入に使える。なんのことはない値引き額のことなのだ。
しかし、そこで悩むのが我が家で、11万7千円プリペイドカードで受け取ったほうが、クレジットカードのポイントとコストコのリワード合計して3000円ぐらいは得することになる。なので11万7千円余分に払おうかどうかすごく迷ったのだが、流石にやめとこうと。ちなみに売り場のおじさんによるとさすがにプリペイドカードでの受け取りを選ぶ人はいないらしい。

もちろん11万7千円引いてもまだ20万弱と高い。しかし、もう今日はやってやるという気でコストコに来ているのでいまさら引き返せないので購入だ。ちなみにコストコはオンラインより実店舗のほうがやっぱりちょっと安かった。ただ配送無料の地域に限りがあるらしい。

そしてアマゾンですでに購入していた壁掛けキットで壁にかけてやろうということで夕方から作業した。


壁の後ろに柱があるかどうかを探す器械で遊ぶ猫。壁の後ろに柱があるとピーッとなるのが面白いらしくおっかなびっくり触っている。

壁掛けの設置は寝室、娘の部屋、息子の部屋と来ているのですでに4台目でなれたものだ。まず柱があるかどうかを調べる。スーパービバホームでインパクトドライバーをレンタルして(1泊2日330円)、先端だけドリルに切り替えて壁と柱に穴をあける。そして柱にネジ止めして完成。



完成してこんな感じになった。左はこれまで使っていた50インチテレビで私の部屋のPCディスプレイになる予定。オタクの娘が早速アニメを見て、神画質と驚いていた。作画の良い神回を神画質のテレビで見るそうだ。 



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

登る楽しさ

2021年08月29日 15時23分39秒 | 夫log
自転車で坂の上から降りるのは漕がなくても良いから楽しい。しかしその分、登るのはつらい。これが自転車に乗らない人間の感覚だと思う。しかし、自転車を趣味にする人に言わせれば登る楽しさというのがあるらしい。メインは登る方で、降りるのはどうでもいい。このメカニズムはわからない。

などと思いながら、先日、乗鞍岳に行ってきた。息子と娘が山に行きたいというので身近な3000m級の山の乗鞍岳。ここはバスで畳平というところまでいけばあとは90分程度でつく。なぜバスかというとマイカーは規制で入れないのだ。90分とはいえ普段は全然運動していないので、結構疲れた。



頂上付近からの眺め。90分とはいえ、山頂まで来ると達成感があった。それで、それでやっぱり自転車で登る人たちも達成感なのだろうなぁと思った。乗鞍はマイカー規制はされているが自転車は規制されていないので、自転車で乗鞍畳平まで登っている人も見かけたのだが、行きはなんでこんな大変なことしているんだろうと思っていたのだが、帰りは勝手に親近感を感じて、やはり登りきると達成感がありますよなぁと勝手に共感を感じていた。まあ自転車で登るのはものすごい大変だろうけども。

二回目のワクチンの副反応で何も考えられないです。しんどい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン副反応その後

2021年08月02日 00時48分44秒 | 夫log
それで頭痛がするのでバファリンを飲んで結構回復したと思って昼間はあれこれ動いていたのだが、昼寝をして起きたら今日の夕方には熱も出てしんどい。今もしんどい。母から送ってもらったぶどうを食べて寝よう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン接種にまつわるあれこれ

2021年08月01日 12時07分47秒 | 夫log
ワクチン接種に行ってきた。わが社は職域接種すると言っていたので9月に実家に帰るようにjetstarのチケットを買ったりしていたのだが、申請の波に乗り遅れ、接種がいつになるかわからないという。ひどい話だ。自治体接種の側といえば、名古屋はクーポンの配布が遅れていたのだが、ようやく先週の頭にクーポンが到着した。大規模接種会場は余裕があるという噂だったのだが、本当に空きがあったので予約して本日一回目の接種となった。正直、大規模接種会場がこんなに空きがあったのにクーポンの発送が遅れたり予約を制限しようとしていたというのにはびっくりする。

それで大規模接種会場である某医療系大学に行ってきた。僕の経験の中でno1のきれいで大きな大学で、医療系大学ってやっぱり儲かるのではないかと思った。待機時間から予診、注射と全部で25分ぐらいで終わった。まぁまぁスムーズだった。

それで注射は全然痛くなかったのに夜中から打った方の腕が痛くなり、頭痛もしてこれが副反応なのかと思った。妻はすでにワクチン接種を2回とも終わっており、2回目の時に熱が出てしんどいと言っていたくせに、私の頭痛は1回目接種後だから精神的なものだとバカにする。それは少し腹立たしいところもあるが、しかしこれでようやく移動の自由が確保できるのであればまぁ良かったという感じだ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

候補者情報は投票率を上げるか2

2021年07月18日 15時27分49秒 | 夫log
春学期が事実上終わった。最高だ最高の解放感だ。あまりの解放感でオンライン飲み会で記憶をなくすほど飲むという無茶苦茶ぶりだ。

それで学生が行った実験の結果なのだが誰かの約に立つかもしれないので出しといてみよう。まず好感を持つ候補がいるかどうかだが、こんな感じ

動画視聴直後はもちろん圧倒的にいるという側に寄っているのだが、一週間後にはかなりその割合が減っている(まだ統計的に有意な差がある)。そして最後にはその差はなくなる。
つまるところ1分間呼びかけ動画ぐらいだと刺激が弱すぎて持続しない。やっぱり会うぐらいしないとダメなんじゃないかな。


それで投票意向なのだが、第一回はまだ候補者情報を与えていなかったのに結構視聴あり群の投票意向が高く、第二回三回は有意な差がついている。それで実際の投票確率は有意な差がついていない。なんともオチない感じなのだが根源的な問題としてそもそも投票意向と好感を持つ候補者の有無が関連してない。

という具合なので、よくわからないけども刺激は強く作ったほうが良かったんじゃない、という感じだ。ところで仕事はやめた卒業生さんだが、大学時代との彼氏とはまだ続いており、前向きで充実している感じだった。それは良かったなと思った。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

候補者情報は投票率を上げるか

2021年07月14日 10時31分04秒 | 夫log
それで実験的状況といえば、うちの大学の必修の講義では、教室定員の関係で苗字のあいうえお順で学生を二つに割っている。これがまぁ実験的状況といえば実験的状況だろうということで学生さんの卒論で結構利用している。2019年の選挙の時には、参議院議員選挙の候補者に1分間のアピール動画を撮影させてもらい、それを片方の教室だけで放送することで、その教室の投票率が上がるかという実験をしたグループがあった。

具体的には2019年7月21日は参議院議員選挙だったわけだけど、7月5日にまず投票意向を聞いたうえで、片方の教室にだけ候補者のアピール動画を放送する。その後、7月12日、7月19日の授業で投票意向と好感を持つ候補者の有無についてアンケートを行い、最後に7月26日に実際に選挙に行ったかどうかをアンケートで聞いて、候補者の情報が投票意向に影響するかを確認しようというわけだ。

選挙があったので丁度良いフィールド実験的なことができるだろうと思ってやってみたというわけだ。情報が多く与えられれば選挙に行くようになるのかというのはいろいろ議論があるところだろうが、普通にやると選択バイアスがあるので、実験的状況を利用するしかない。ツイッターとかをフォローしてもらうのが普通なのかと思うけども、ダイレクトに情報を与えてきちんと情報が伝わったことが確認できるというのがまぁこのやり方の利点だろう。

ただ、普通に僕が説明するというぐらいの情報ではおそらく刺激が弱すぎて反応が薄いだろうということで、強めの刺激として、各候補者にアピール動画の撮影に協力してもらい、直接学生に呼びかけてもらうというような形にしてみた。スケジュールの合った4名の候補者に協力してもらった。ローカルテレビの選挙特集を見るよりは強い刺激にはなっただろう。

とりあえず長くなったので続きは次回にするが、何でこんなことを思い出したかというと、今日、その卒論を書いた卒業生が久しぶりに訪ねてくるからなのだが、早速に仕事がキツすぎて辞めたようでなんと声をかけようかと思う。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする