ひとづくり まちづくり じぶんづくり

コミュニティライフをエンジョイしよう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2年目に突入! チャットランド

2007年03月30日 | 新津
地元新津のコミュニティFM局RADIO CHAT「子育て応援します!チャットランド」の番組パーソナリティになり、2年目に突入しました。 . . . 本文を読む
コメント (1)

平成18年度田上町ゆうゆう教室

2007年03月26日 | 田上
3月25日(日)、平成18年度田上町ゆうゆう教室の最後の締めは、閉講式。会場は、田上町保健センター。手づくりピザを食べながら、1年間のふりかえりを行なった。参加児童は田上小、羽生田小の1年生から6年生の計40数名。 スタッフは、公民館から館長をふくめ3名、社会人が2名、大学生・専門学校生が、経大生2名をふくむ5名、高校生が1名、中学生が1名、そしてわたし。 地元講師の指導により、1時間かけてピ . . . 本文を読む
コメント

ひさびさの“森”

2007年03月26日 | 新津
3月24日(土)、ひと月半ぶりに、育ちの森に行ってきました。前回が、2月10日、その日はパパ・サロン。朝日新聞の記者の方が取材に来ていて、まとめられた記事は18日付けの朝刊に大きく報じられました。素晴らしい。あとで、掲載紙をいただいたのですが、東京版はカラー刷りでした。わが家も朝日なのですが、新潟はなぜか白黒刷りでした。まあ、どうでもいいことだけど…。 出番はわずか20分の「おはなしの部屋」と称 . . . 本文を読む
コメント

なぞなぞ遊び

2007年03月24日 | 加茂
「粋で上品な暮らしに合う音楽ってなんだ?」。答えは、「クラッシック(暮らすシック)」。 いま、わたしの周辺ではなぞなぞが静かなブームである。家庭で火がついた。「焼いても食べられないパンはなんだ?」「フライパン」などと、お風呂タイムに小学生の娘相手に楽しむのが日課になった。あるときゼミの学生に試したところ意外に受けがよく、学生の間でもしばらく盛り上がった。 なぞなぞはコミュニケーションゲームだ。 . . . 本文を読む
コメント

祝『かも汁通信』発行!

2007年03月19日 | 加茂
中島ゼミ第一期卒業生を祝して、報告書「かも汁通信」第1号が刊行となりました。 編集はすべて中島ゼミの学生の手によるものです。 A6判、11ページ、製作部数500部。内容は次の通りです。 【特集】おめでとう! 中島ゼミ卒業生第一期生  ・中島ゼミ2006年度活動の奇跡  ・後輩の語る中島ゼミの思い出  ・加茂五番町・難波商店インタビュー  ・お世話になった“あの人”からのメッセージ 2006年度 . . . 本文を読む
コメント

卒おめ! ゼミ一期生

2007年03月18日 | 加茂
3月17日は卒業式。中島ゼミからは初の卒業生を送り出した。 感無量だ。みな、まじめで礼儀正しく、積極性に富んでいた。 おかげで、充実したゼミになった。 いまどき、自主ゼミをやる大学生って珍しいんです。 指導教員が頼りないと、学生はしっかりするんです。 . . . 本文を読む
コメント

月潟小特別授業

2007年03月17日 | 新潟
3月12日、新潟市にある月潟小学校に招かれて、小学校5、6年生のクラスを対象に特別授業をしてきました。いわゆる学習支援ボランティアです。3月中旬とはいえ、新潟は、横なぐりの雪の降る寒い日でした。 テーマは、「ことばの力」。国語の授業なのですが、鉛筆もノートも持たずに体育館に集合。3限は5年生、4限は6年生。〈からだ〉を動かしながら、あいさつやコミュニケーションの大切さについて学びます。「国語は実 . . . 本文を読む
コメント

完璧なファシリテーターなどいない!

2007年03月11日 | 県外
3月10日(土)、子育て支援研究センター主催の「ファシリテーション・ワークショップ」に参加した。会場は、東京・飯田橋駅近くにある東京助産師会館。そもそも、ファシリテーターは、「新しいものの誕生を助ける」という意味合いで、「助産師」などとも訳されるらしい。ぴったりの会場だ。参加者は、41名。対象となったのは、ノーバディズ・パーフェクト(NP)ファシリテーター養成講座修了生をふくむ子育て支援に関わって . . . 本文を読む
コメント

名人芸の凄み

2007年03月11日 | 県外
落語が好きで、東京の大学に通っていた時分によく寄席に足を運んだ。東京にある定席の寄席の中でも、江戸の名残りを感じさせる新宿・末広亭が特に気に入っていた。落語はテレビやCDでも楽しめるが、やはり、ライブの迫力には替えがたい。   あれは、二十年ほど前であったろうか。末広亭夜の部の主任を、今は亡き古今亭志ん朝師匠が務めた。わたしは、志ん朝のファンであったが、生で見るのは初めてだ。開場前の早くから並び、 . . . 本文を読む
コメント

状況判断できない奴を馬鹿という

2007年03月08日 | 県外
いま、もっともブリリアントな脳科学者・茂木健一郎がホストをつとめるBS日テレの番組「ニューロンの回廊~潜在脳力の開拓者たち~」2月25日放送のゲストは立川志の輔師匠。落語と脳のはたらきの関係について、両者の対論形式で番組が進行、興味深いエピソードのなかにふかく考えさせられることがあった。 正月4日、新年の里帰りの折り、「志の輔らくご in PARCO 2007」の当日券を入手しようと、予約電話を . . . 本文を読む
コメント