杉花粉症軽減・・・・・・100年待たねば

2022年04月11日 | 日々のこと

昨日の暖かさで、一番早く咲く桜が咲きました。

そして始まりました、桧の花粉症の私。

目の前で、みゆきさんが「じゃあ、私はそろそろ終わるかしら」と。

日曜日はせっせとキツチンで常備菜を作っていました。

午後、おこわを2胴ふかして、あちこちにお届けしました。

月に2回は覗いている、おばあちゃんにもお届しましたがお留守です。

日曜日はディサービスの日ではないはず。

今朝いってもお留守。

入院したのか、施設に入られたのか。

 

信濃毎日新聞に「エリートツリー 木材生産性向上」の見出し。

聞きませんか、花粉が少ない杉を植える、というような話。

林野庁が、優れた遺伝的特性を持つ木材用樹木「エリートツリー」の普及を本格化させているのだそうです。

1950年代に成長が早いことなどの特性がある「精英樹」(第一世代)を選び、現在精英樹同士を交配して生まれた木の中から選んだエリートツリー(第二世代)が成長。

まずはエリート杉の苗木が流通し、植林が始まっているとのこと。

気の長いはなしですね。

杉の花粉が少ないのに、植え替えられるのは、何年先でしょうか、たぶん100年はかかるかもですね(笑)

でも100年の計っていいますから、私たちの子孫が花粉症から開放される日を夢みましょう。

今回の記事は、そのカラマツ版でした。

早い成長×曲がり少なく高い強度×花粉の少なさ

成長が1.5倍なのだそうです。

成長が早いと、苗木を植えた後の下草の下刈りが通常5年程度必要だけど、エリートツリーはそれを1~2年減らせるのだと。

伐採・収穫までの年数も当然短縮できるから生産性は向上。

我が国、長いこと外国の木材を輸入してきたけれど、だんだんそれも大変な時代になってきているから、国内で生産できる体制作りは必要なこと。

生産も必要だけど、住宅などは長く持つ家を作ることも大切。

つまり木材循環・・・・・植えてから伐採までの年数50年から60年は持つ家にしないと、需要と供給バランスは崩れる。

しかし今も外国から来た木で建てられているのが大半だけど。

 

エリートツリーを育てて種ができるまでに木が成長するには10~15年かかり、苗木の出荷は2030年頃になる見通し・・・・・カラマツ。

林野庁によると、エリートツリーの苗木生産量は19年度に約300万本、国内の流通する苗木の約4%・・・・・杉

これを30年度までに3割、50年までに9割以上に引き上げる目標を設定している。

あ~、やっぱり100年かかるのよね。

お読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。お帰りにポチッとしていただけるとうれしいです

 にほんブログ村

にほんブログ村にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

いつもありがとうございます。

 

 

 

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 人間が幸せになるために、国... | トップ | 食卓でおいしいと反応してい... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
100年後??? (くまです)
2022-04-11 11:01:58
エリートツリーの根の下を深く掘った
地中に住んでいるかもしれません・・
月に住み始めるかも^^;;
100年前、日本で、民間飛行機がようやく飛び始めて、
今はもう 民間人が宇宙へ行ってますね
100年後の世界は?
くまさん (美恵子)
2022-04-11 13:27:37
人と人、国と国が争わない、地球家族になっていればいいですね。
この100年で進歩したものはいっぱいありますが、失った物も多かったと思います。
何を孫たちに残してやれるでとしょうか。
母屋の改築時に感じました (narkejp)
2022-04-12 07:51:29
2016年に、築250年くらいの母屋をリフォームしたとき、雪国の冬に耐える構造に驚かされました。棟梁に尋ねたら、この木材ならまだまだ大丈夫とのこと。煤で真っ黒になった梁を拭いてきれいにすると、レトロモダンなリビングに様変わりしました。良質な国産材は信頼性が高いと言われ、なるほどと納得しました。
https://blog.goo.ne.jp/narkejp/e/5adc67b93a6747ddc65ff01b2f0be812
それに比べてパソコン等の電子機器は、と笑ってしまいます(^o^)/
narkejpさん (美恵子)
2022-04-12 10:39:59
昭和40年代になって、アルミサッシとグラスウールの断熱材が普及したことにより、中途半端な気密の家ができ、結露で家がもたなくなりました。
それ以前の家の方が古民家ですね。
かっては家を建てると言うのは大事業でした。だから躯体の材木も立派です。囲炉裏の煙でいぶされると防腐効果もありますから。
たぶん松材ではないかと拝見しました。
再生されて良かったですね。大事になさってくださいね。

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事