中浜みのるの高槻市議会・議会報告

『じゃがいも通信』を発行し、ホームページも開設していますが、今後はブログでも整理・管理していくことにしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★『ジャガイモ通信』15号 ご挨拶

2007-08-07 17:52:15 | ご挨拶

暑中お見舞い申し上げます。

温かいご支援に感謝し、今後も全力でがんばっていきます。 

 
 厳しい熱さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
 
 4月に行われました市議会議員選挙では、皆さま方に温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。心からお礼を申し上げたいと思います。 
 
 また、この間、市民の皆さんから頂いた、貴重なご意見、ご提言を大事にして、市民の立場にたった市政を推進するため、今後も全力をあげてがんばっていきたいと思います。

 ただ、最近のわが国の状況は、少子高齢社会の進行、景気回復を実感できない経済状況、子供を狙った凶悪犯罪の増加などに加えて、根本的な改革がないままでの国民負担の増加や格差の拡大などで、市民の生活は大変厳しく、新たな行政課題が山積しています。

 他方、高槻市の財政状況をみますと、国の三位一体改革による地方交付税の削減、市税収入の低迷などで、大変厳しくなっています。
 
 その上に、「消えた年金記録」問題が象徴的に示されているように、政治や行政に対する不満や不信が市民の中に渦巻いている中で、市政を運営するにあたっては、いっそう身を引き締めてかかっていくことが重要であると思います。 

 もちろん、どんなに厳しい状況であっても、私は、現状を少しでも改善できるよう今後もいっそう粘り強く努力をしていきたいと思います。 

 また、高槻市の発展と市民福祉の充実にむけ、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、今まで以上に、がんばっていきたいと思いますので、今後も遠慮なく、ご意見ご要望をお寄せいただきたいと存じます。   

コメント (6)

★『ジャガイモ通信』14号 ご挨拶

2007-01-13 20:07:56 | ご挨拶

 

あけましておめでとうございます

 

市民の切実な要望に応え、粘り強くがんばります 

3期目の挑戦、力強いご支援を 

                    高槻市議会議員 中浜 みのる 

新年あけましておめでとうございます。

 私の議員活動について、日頃からのご協力・ご支援に対して心から感謝を申し上げたいと思います。

 私も、市議会議員として8年目を迎え、福祉企業委員長、議会運営委員会副委員長、地方分権推進特別委員、市民連合議員団幹事長として、市民福祉の充実、市民の立場に立った市政の推進と高槻市の発展のため、がんばっているところです。

政府は昨年の11月に、「景気が回復し、いざなぎ景気を越えた」との見解を発表しましたが、実感はその逆で、市民の生活は、自民党政治の影響で、低所得化と格差拡大が進むうえに、さらに増税と負担増の追い討ちを受け、大変厳しいものになっています。しかも、市民生活を守るべき最後の砦であるべき地方自治体も三位一体改革で、国から地方自治体に権限委譲がなされましたが、それに似合う財源が削減(高槻市の推定削減額は35億6千万円)されたため、大変厳しいものとなっています。

このような状況でも、市民の生活を守り、市民要望を実現することは当然のことです。

そのために、私は、

①国に対しては、抜本的な改革をしっかり求めていくこと

②市民の皆さんに現状を正しく公表し、市民との協働のまちづくりをよりいっそう推進すること

③要望実現に向け、知恵を絞って、効果的・効率的な行政運営を推進することが重要であるということを常々、主張するとともに、具体的な政策提言を行ってきたところです。

 今年は3期目の挑戦の年です。今回の挑戦は、ご存知のように大変な激戦で、厳しい闘いになるとことが予想されますが、恥ずかしくない成績を残していきたい、そのために全力投球をしていきたいと思っていますので、力強いご支援をお願いします。

また、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談し頂ける議員として、さらにがんばっていきたいと思いますので、今後も引く続き、ご指導を賜りますとともに、忌憚のないご意見、ご要望をお寄せ頂ければ幸いです。             

 


『じゃがいも通信』 13号 ご挨拶

2006-07-15 18:06:57 | ご挨拶

 
 

 厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

  春から夏にかけては徐々に気温が上がっていくため、植物は日々大きく育っていきます。
 家庭菜園を楽しみにしている私にとっては、変化する自然、自然とともに日々生長する野菜を眺めることが一番の楽しみです。朝の風は爽やかで、畑仕事を終えて、帰宅するとなんとなく身が洗われます。この朝一番の爽やかな気持ちを大事にして、議員活動に今後も精を出していきたいと思っています。  

 さて、5月20日付で公表された内閣府の国民の意識調査で、景気回復を実感している人が急増した一方、地域格差が広がっていると感じている人も増えているというのが大きな特徴だと言われています。
 ただ、景気回復についての実感としては、依然として、「悪い方向」と考えている人が「良い方向」と考えている人よりわずかに多いというのが実態だということです。これは、景気回復はしてきたが格差が広がり、勝ち組み・負け組みと言われるように二極化がひろがってきたことが実感として現れてきたのではないかと思います。
 まさに、地域格差も含め、格差の広がりが小泉政権に影を落とし、格差是正が大きな課題となってきていると言えます。 

 格差是正のために、まずしなければならないことは、なんといっても安定した雇用対策を講じることだと私は考えています。
 小泉首相は就任直後に雇用市場の規制緩和を指示し、企業が、「雇いやすい」環境を作った。その結果、パートやアルバイト、派遣社員など「非正社員」は大幅に増え、全体の33%となっています。
 それなりの賃金が保障され、雇用が安定しないとなかなか展望は持てません。多くの国民、とくに若年層が将来について、多くの不安を抱えているのも当然です。

 
 不安定で、低賃金の労働者の増加は当然格差が拡大していき、年金制度や健康保険制度などの社会保険制度に大きな影響が出てきます。
 ですから、このような状況を改善しなければ、日本の将来も経済の発展も考えられないと思っています。 私は、そういう状況を根本的に変革していくためにがんばっていきたいと思っています。
 それとともに、市民の皆さんからの切実な要望と相談に対しては、少しでも前向きに問題解決が図れるよう、努力していきたいと思っています。

 
 地方自治確立に向けて全力投球します

 いま、地方自治体は深刻な財政危機に直面しています。三位一体改革で、地方交付税総額が年々削減されていったことも、それに追い討ちをかけたこともあり、地域格差拡大につながったともいえます。 

 
 国は、地方交付税ついては、今後もさらに削減の方向で検討していると言うことですから、地方分権、地方自治確立の流れに逆行し、国の財政再建を優先し、地方に負担を転嫁しょうとしていると言わざるを得ません。

 
 切実な要望に応え、住みよいまちづくりを計画的に進めていくには、財政的な裏づけが必要であり、地方自治体が「仕事に見合った財源を」求めることは当然なことで、私は、今後も国民の立場にたった、真の改革を求めて、国や府に対しても積極的に意見を述べていきたいと思います。

 
 また、私は、高槻市の発展と市民福祉の充実に向け、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、いままで以上にがんばっていきたいと思いますので、今後もご遠慮なく、ご意見ご要望をお寄せいただきたいと存じます。                                                                                                                                                                                                                                                    


『じゃがいも通信』 11号 ご挨拶

2005-08-13 22:09:32 | ご挨拶

高槻市市議会議員 中浜みのる ご挨拶

残暑お見舞い申し上げます
厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。              
 今年の梅雨は雨が少なく、家庭菜園を楽しみにしている私にとっては、野菜の育ちが遅く気を揉んでいるところです。それでも、スイカも10個ほど実をつけ、雨が少ないためかトマトやナスビも心なしか甘く感じられます。早朝の風は爽やかで、畑仕事を終えて、帰宅するとなんとなく身が洗われる思いです。この朝一番の爽やかな気持ちをエネルギーにして、議員活動に今後もいっそう精を出していきたいと思っています。

 いま、日本の社会は経済状況が好転する兆しが見えない、将来の展望がはっきりしていていないということで、多くの不安を抱えています。その中で、何でも前向きに解決していこうとする動きと多くの矛盾の中で、諦めと無気力感のようなものが渦巻いています。

私は、そういう状況ですから、市民の皆さんからの要望と相談に対しては、少しでも前向きに問題解決が図れるよう、努力していきたいと思っています。

ただ、市民の皆さんの要望を応えようとしても、現状を大きく変革しないとどうにもならないこともあります。

 いま、地方自治体は深刻な財政危機に直面しています。高槻市も日頃からの努力で、府下各市の状況に比べれば、まだいいほうですが、本質的には、他市と変わりありません。平成9年度では約579億円あった市税収入は、平成15年度では、475億円に減少しています。この間、普通会計の規模は約80億円増えていますので、歳入に占める自主財源比率は、年々大きく減少しています。

さらに、少子高齢化による扶助費等の歳出増と三位一体改革が地方分権の理念に沿った改革ではなく、国の財政再建を優先し、地方に負担を転嫁しょうとしている状況がさらに追い討ちをかけています。

 切実な要望に応え、住みよいまちづくりを計画的に進めていくには、財政的な裏づけが必要です。私は、今後も国民の立場にたった、真の改革を求めて、国や府に対しても積極的に意見を述べていきたいと思います。

また、私は、高槻市の発展と市民福祉の充実に向け、市民と市政のパイプ役として、市民に親しまれ、気軽に相談して頂ける議員として、いままで以上にがんばっていきたいと思いますので、今後もご遠慮なく、ご意見ご要望をお寄せいただきたいと存じます。