リュート奏者ナカガワの「その手はくわなの・・・」

続「スイス音楽留学記バーゼルの風」

ヴァイスからマッテゾンへの書簡(1)

2021年04月16日 12時45分26秒 | 音楽系
ヴァイスからマッテゾンにあてた書簡が残されています。リュート-----神々の楽器、E. G. バロン著※(菊池賞訳、水戸茂雄音楽監修、東京コレギウム刊)の付録として掲載されていますので、それを引用します。(書簡の原典は記載されていませんので不明)

マッテゾンについての詳細は省略しますが、1722年から1725年にかけてドイツ最初の音楽雑誌とされる「クリティカ・ムシカ」を刊行しました。そこにヴァイスに関する記事があり、ヴァイスの書簡はそのことにも触れています。

書簡の日付は1723年3月21日、したためた場所はドレスデンです。

手紙をしたためたのは、

「・・・さらには、最近の音楽ジャーナル(クリティカ・ムシカ)287及び288ページの私のミュンヘン域にかんする箇所で先生が大変好意的にも不肖わたくしにまで差し向けられました身に余る讃辞に励まされまして、永く望んでおりましたご好誼にあずかろうと思い立ち、ペンをとった次第です。・・・」

ということだそうです。まぁ理由はもっと他にあったのかも知れませんが。(笑)

そのクリティカ・ムシカの287ページと288ページです。

P287

真ん中より少し下「音楽ニュース、人と話題」の項目にヴァイスとビュッファルダンの名前が見られます。(赤の下線)ビュッファルダンはドレスデンの宮廷オケのフルート奏者。ヴァイスとは同じ職場の人です。

P288

前のページの下の方とこのページの6行目までにお褒めのことばが一杯書いてあるのですよね。私のドイツ語力でこのCritica Musicaをすらすら読むのはちょっと無理です。( ;∀;)



※ Historisch Theoretisch und Practische Untersuchung des Instruments der Lauten; Ernst Gottlieb Baron, Nuernberg 1727
コメント

まだもう少し弦をめぐる状況

2021年04月15日 12時32分17秒 | 音楽系
どうですか?1990年代頃まではどの演奏家も大体ピラミッドなどの合成樹脂弦とバスは金属巻き線で決まりでしたが、最近は前述のようにまさに「戦国時代」でしょ?どう選択したらいいのかがよくわからなくなってきた感じですが、各演奏家の弦選択からは次のようなことが浮かび上がってきます。


(1)ガット弦はライブでは調弦に時間がかかりすぎるので使いにくい。
(2)合成樹脂弦はプロがライブや録音にも使うくらいだから弾き方次第ではいい音がする。
(3)合成樹脂弦であってもバス用の金属巻き弦の性能(音色、音の持続時間)には満足できない。


(1)に関しては、私としては細い弦の耐久性の問題もあげておきたいと思います。ガット弦を使った楽器でのライブを何回か聞いたことがありますが、いずれも調弦は全くあってない状態の演奏を余儀なくされています。そんな演奏を聴いても、ああやっぱりガット弦を使ったリュート演奏はいいものだと陶酔する聴衆がいるとしたら彼らは「ガット弦幻想」に陶酔しているだけで、音楽は聴いていないのかも知れません。

(2)合成樹脂弦は言われるほど性能は悪くありません。実際多くのプロがきれいな音でライブや録音をしています。ガット弦は使わないベテランプロBの録音を、ガット弦を使っているので美しい音だと信じていた方もいましたが、要は弾き方次第。ただ若手プロJ のところで書きました「ガット弦信者」みたいなアマチュアの方がいるのは事実です。合成樹脂弦ではまったく音がよくないとプロに対しても仰ったりしてとても頑な方たちで、もうほとんど信仰に近い感じもします。そもそも立場が違うプロにそんなことを仰ってはいけません。ガット弦を使っていても弾き方やメンテ次第ではいくらでも魅力のない音になります。

(3)先に挙げた10人のプロのうち7人が何らかの形でバスの金属巻き弦の代替になる弦を模索しています。金属巻き弦は音色がギラついているし、音の持続時間(減衰時間)がプレーン弦の3倍くらいありますから、バロックリュートで使う場合は不満が出てきます。ただその対処法は様々です。ガット系の弦(ガムート社のギンプ弦、ピストイ弦など)を使ったり、一旦それらを使うも満足できずに別の選択をしたり、金属巻き弦を使い古すとか油処理をしたり、音の減衰時間が短い合成樹脂(サバレス社のカーボン弦、アキラ社CD弦)を使ったり、などに分かれます。ちなみにガムート社のピストイ弦はヒストリカルな弦ではありません。同社のHPには「The Pistoy string is a unique development of Daniel Larson at Gamut Strings.」と書かれています。一方同社のギンプ弦はヒストリカルな文献的根拠はあるようですが、結果が満足すべきものではなかったのでピストイ弦開発に至ったものと思われます、多分。
コメント (5)

さらにもうひとつ弦をめぐる状況

2021年04月14日 13時12分00秒 | 音楽系
さらに何人かの演奏家の状況を見てみましょう。

ベテランプロF
ガット弦への指向はあるようだが、現実問題を考えてライブで使うことはない。録音でも昔ながら?の金属巻き線のバスを使う。

中堅プロG
テオルボではピラミッド弦の使い古した弦をバスに使用している。ガット弦は使わない。

若手プロH 
新しいアルバムではカーボン弦のバスをドイツテオルボで使用。金属巻き線もバスに使うこともある。ガット弦はライブ時の安定性の問題で使わない。

ベテランプロI
ライブが多いこともありガット弦には関心がなく合成樹脂弦と金属巻き弦を使う。

若手プロJ 
ライブでの状況を考えてガット弦を使うことはない。ただ「ガット弦信者」との付き合いに悩むこともある。
コメント (4)

またもうひとつ弦をめぐる状況

2021年04月13日 13時59分52秒 | 音楽系


部屋の整理をしていたら出てきました。(笑)1977年か78年頃だと思います。左足を台に乗せた構え方がまだギター式です。楽器はロンドンのリード・ガルブレイス作のスワンネックのドイツ・バロックリュートです。私にとっては2台めのバロックリュートです。この時代ですから弦はピラミッド社のものでバスは全て金属巻き弦です。72年に初めてリュートを手にして以来弦の選択については様々な試みを続けて今に至っています。(リードは先ごろ亡くなったジュリアン・ブリームが使っていたことで知られるホセ・ルビオの養子です。76年にロンドンの彼の工房を訪ねたことがありましたが、今もお元気なんでしょうか。歳は私と変わらないくらいだと思います。)

さて私が知っている演奏家(主にヨーロッパで活躍している人です)の弦の使用状況を最新情報に基づいて書いてみましょう。

ベテランプロA
何年か前にオリジナルバロックリュートを入手。その楽器用にオールガット(バスはピストイ)を張るも、最近は少し変えて、バス弦だけ、ピラミッドの金属巻き弦をラノリンオイル処理をして音を殺した弦を使用。現代製作のレプリカ楽器には合成樹脂、金属巻き弦。

ベテランプロB
ガットは使わない。バス弦にはカーボンを使っていた時代があったが、最近はアキラのCD弦を使っている。

ベテランプロC
いままでの録音全てがオールガット弦。バス弦はロンドンのストッパーニ氏製作の弦やガムートのギンプ弦を使い、最近のアルバムでは楽器もバス弦が1本ずつ長くなっていくオランダ式の楽器を使用してガットのバス弦の響きの問題に対処している。

ベテランプロD
バロックリュートでは合成樹脂、金属巻き弦を使用。バスが響き過ぎるときは巧みな消音テクニックで対処。ヴィウェラにはカーボン弦を多用。ガット弦への指向はない。

ベテランプロE
何年か前にそれまでの爪弾き+合成樹脂金属巻き弦からオールガット弦に転向。様々な試行の末現在はバスにはガムート社のピストイを使用。合成樹脂弦を使うことはない。
コメント (4)

もうひとつ弦をめぐる状況

2021年04月12日 17時26分49秒 | 音楽系
私がよく利用しているネットのお店のひとつにドイツのMatthias Wagner 氏のサイトがありますが、去年の終わりころから別の方が引き継いでやっているようです。どういう事情があったかわかりませんが。注文は同じようにできます。

あとアメリカのガムート社はナイロン弦や時々ガット弦、ガットフレットを注文します。このシリーズの始め頃のエントリーにも書きましたようにイタリアのアキラ社のサイトは新しくなりましたが、ここでも弦を買う時があります。

手紙で注文して、郵便為替で送金していた時代と比べると格段の便利さ、早さです。今の時代は本当にありがたいものだと思います。先日もロンドンの弦製作家ジョージ・ストッパーニ氏にガット弦のことでお昼前に照会しましたら、夕方には返事が来ていました。昔だと2週間くらいは見ておかないといけませんでした。江戸時代なら半年以上かも。(笑)

昨今のコロナ禍において、物流は比較的正常に保たれていて、多少の遅れはあるものの普通に弦の入手はできます。去年の秋頃はひょっとして弦がしばらく買えなくなるのでは危惧しましたが、実際に注文してみたら普通に届きました。

古典楽器センターが渋谷にあった頃は、リュート弦といえばほぼピラミッド社一択でしたが、合成樹脂も種類が増え、ガット弦も改良が進む現在は、弦の戦国時代みたいな様相を呈しています。ひとつに収れんするのか、いくつもの選択肢がある状態のままになるのかは何とも見通せません。
コメント

まだまだ弦をめぐる状況

2021年04月11日 12時20分03秒 | 音楽系
日本にいてリュート用の弦を入手する場合、国内にはディーラーは事実上ありません。でもインターネットを使ったECが当たり前になった昨今では自分でメーカーやディーラーに直接注文ができます。決済もカードやPayPalが使用可能です。実際問題、国内のディーラーがあったとしてもそこから買うよりずっと便利です。ただし多少の英語力とICTの基礎知識、あと家庭内のWi-Fi環境、そしてそれなりのコンピュータ(スマホでもできなくはないですが)が必要です。でも英語力は置いておくとしても、それらはこれからの社会を生きてうえでの必須アイテムでしょう。

40数年前、まだ古楽復興の黎明期であった頃、弦は主にギタルラ社東京古典楽器センターに注文していました。東京古典楽器センターは現在は目白にありますが、当時はまだ渋谷の宮下公園の道を隔てた向かい側にありました。当時そのお店にはⅠさんとおっしゃるとても熱心な店員さんがいらっしゃって、彼がピラミッド弦の情報をいろいろ集めていました。Ⅰさんは何と数種類の弦長にマッチした各弦の張力一覧表を作ってくださいました。今でも持っていますが「青焼きコピー」です!手書きでびっしり数字が書き込まれた表です。コピーもまだそんなに普及しておらず、パソコンはまだ存在していなかった時代です。




何か時代の熱気を感じますね。
コメント (2)

SONY wena 3 の不具合

2021年04月10日 19時47分04秒 | 日々のこと
最近はコンビニやスーパーの支払いはほとんど電子マネーで支払っています。お陰でサイフが小銭で膨れ上がらないので大助かりです。少し前まではiPhoneのWalletに入っている iD か Suica を使っていましたが、最近ではソニーのスマートウォッチ wena 3 の Suica を使っています。

手の甲を上にして wena 3 を決済機器に当てたら即ピッと鳴ります。それで支払いは終わり、いちいちスマホを取り出さなくて済むので早くて便利です。もちろん財布をとりだして現金を渡して釣りを貰うという昔ながらの支払い方法に比べれば圧倒的に便利です。みなさんこの方法を使えばスーパーのレジももっと早く人が流れるのではないでしょうか。

その wena 3ですが、3月の終わりころにbluetooth接続が全くできなくなり、Suica のチャージが出来なくなりました。その不具合の対処版のアプリとファームウェアが出ていましたのでインストールしました。でも症状は変わりませんでしたので、今度は工場出荷状態(felicaのデータ以外)にしてペアリングからやり直しましたら、正常に動作しました。

しばらくは正常に動作していたのでヤレヤレと思っていましたら、またbluetooth接続が上手く出来なくなりました。今度はしばらくたったら正常につながるようになりましたが、まだときどき上手接続できないときがあります。bluetoothでペアリングした機器同士だと、両方の機器の電源が入っていれば自動で接続ができるはずですが、ときどきiPhone の「設定」でデバイスを手動で接続してやらなければなりません。一番基本的な機能にまだ不具合があるわけです。どっかの国のいい加減なメーカーの品ではないのだからこれでは困ります、ソニーさん。

だましだまし使っていれば使えるので今後のバグフィックスを期待して使っていこうとは考えていますが、今頭を擡げてきたことはいっそメルカリで売ってApple Watch 6を買おうかなということですが、結構高いし・・・メルカリを調べてみたら、wena 3 は2万円前後で売れるみたいだし・・・なんか安物買いの銭失いを地で行っているしているみたいでちょっとシャクだし・・・とりあえずはこのままで様子見ですが、早くなんとかしてもらいたいところではあります。
コメント (3)

ワクチン効果

2021年04月09日 14時07分07秒 | 日々のこと
イギリスでは全人口の約46%の人が接種を終えたそうです。一日の感染者が多いときは7万人近くに上ったのが(1月8日)、4月7日には3000人を割り込んでいます。同日の日本における感染者数は3400人台ですからもう総人数としては日本より少なくなってきているわけです。

だたイギリスの人口は約6700万ですので、日本の半分強。比率でいけば第4波到来と言われている日本よりまだ感染者は多いです。でもイギリスは下降局面、日本は上昇局面なので、遠からず逆転するものと思われます。

イギリスではユーロ圏の国よりワクチンの供給が潤沢でかつ一般の人も一定の資格を与えて接種できるようにするなど、ハイピッチでワクチン接種を進めたのが功を奏しています。ブレグジットがなかったら、自国分のワクチン供給は減っていたでしょうから、これもブレグジットの成果かも知れません。

日本は第4波到来とは言え、現時点では欧米諸国よりは感染者は少ないのですが、今急激な感染者数上昇局面にあります。これでワクチン接種がイギリス並みに行われていたら、今はもうGO TO TRAVEL可能なところまで感染者数が下がっていたかも知れません。歯科医師に接種させるのをいまだに迷っているくらいですから、モタモタ感が否めません。

アメリカで医療の仕事に従事している娘の話では、最近は感染患者があまり来ないそうです。アメリカもピーク時の三分の一くらいに減っていますので、カリフォルニアの田舎の病院では激減という感じなのでしょう。アメリカ全土ではまだ7万人余りの感染者が出ているとは言うものの、ワクチン接種は急ピッチで進んでいるといいますからもっと減少していくでしょう。

やはりワクチンの効果は絶大なんでしょうね。

コメント (2)

確定申告

2021年04月08日 20時39分24秒 | 日々のこと
確定申告もぼちぼち締め切りが近づいてきましたので、国税庁のHPで書類を作成しました。e-Taxにしようかとも思いましたが、娘の所得申告のためにどっちみち市役所に出向かなければならないので、今回も紙の書類で提出しました。

市役所でまず娘の所得申告書を提出、続いて5階の確定申告会場に行こうとエレベーターの5Fのボタンを押したら、ふと下の方に何やら確定申告関係の看板があるのに気づきました。

読むと、確定申告はここではなく桑名税務署で受け付けるとのことでした。勝手に場所を変えやがって!なんて一瞬思いましたが、そういや昨年も3月15日以降は桑名税務署で受け付けていたことを思い出しました。でも受付時刻が16時までとなっていましたので、現在16時30分過ぎ、これはアウトでまた出直しかと思いましたが、一応行くだけ行ってみました。

現在の税務署は私が通っていたY中学校の跡地にあります。(現在のY中学校はもう少し南に移転しています)駐車場のあたりがちょうど2年生のときの教室があったところ。何か昔の校舎が見えてきました。

中に入りますと、郵便局の時間外受付みたいな感じでお兄さんがひとりで受け付けていました。やはり来てみるもんですね。書類は「完パケ」なので、提出して控えの書類にハンコをもらっておしまい。ちなみに今回から提出書類の押印は不要でした。
コメント (3)

まだ弦をめぐる状況

2021年04月07日 14時09分19秒 | 音楽系
ヴァイスのソナタ39番をこのバスのオクターブ弦ーー>ガット弦のパターンで弾いてみました。かっこいい序曲のあるヤツです。

カーボン弦+CD弦のバスで弾いたときと比べると、ちょっとバスの音が前に出ず、はっきりしない感じがします。カーボン弦+CD弦のときははっきりしすぎなので、もう少ししっとりしていてもいいのではと思い、オクターブ弦をガットにしてみましたが、やや期待外れ。

ガムート社のギンプ弦やピストイ弦ではもっとバスが前に出なかったので、CD弦とガット弦の組み合わせには少し期待もありましたが、残念賞でした。もっとも弦が古いせいもあるので、新しいものがアキラから来たら試してみることにして今度はナイルガットにしてみることにしました。

実は私の生徒さんにはナイルガット弦+CD弦をおすすめしているのですが、かつては私もその組み合わせで使っていました。ひょっとして古いセットを保管してあるのでは思い、探してみると6-13コース分をきちんととってあるのが見つかりました。すっかり忘れていました。(笑)前の楽器用(モーリス・オッティジェー作13コース)ですので弦長は異なりますがとりあえずは何とか使えます。

早速弦を張ってみましたが、こっちの方がよろしい。実用的なことを考えるとやはりこの組み合わせなんでしょう。ということで弦張りばかりしている今日この頃です。
コメント