goo

お茶の水女子大学でドビュッシーゼミ。
今回はメインが「海」の二楽章。
カプレの編曲による二台ピアノ版を学生が演奏、オーケストラの音源と聴き比べ、その後学生へのレッスン。
その前にティエリー・ドゥ・メイの「テーブルの音楽」ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」の二台ピアノ版をやはり学生が演奏して、私からのコメント、レッスンとあったので、やはりかなりてんこ盛りのゼミでした。
これで「テーブルの音楽」はゼミ受講生は全員演奏したことになります。
この普通の記譜法ではない曲をよく学生は読み解いて演奏してきたと思います。
「海」の二台ピアノ版は相当演奏が難しいのですが、どうバランスを取って行ったら良いか細かく指導しました。
ピアノのレッスンでよく「オーケストラをイメージして演奏しましょう」と指導する子供あるのですが、このような機会に出来るだけ具体的に伝えることができればと思っております。
このゼミも残りわずか。
私自身の勉強にもなるので丁寧にゼミを行なって行きたいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。