goo




18日の1843時作のプレイエルを使用してのオールショパンのレクチャーコンサートに向けて練習してますが、パデレフスキ版、ヘンレ版、エキエル版、曲によってはウィーン原典版を見比べて練習してますが、どれもある意味権威のある版ですが、例えばポロネーズのあるところでは左手のパッセージが以下のように全ての版が微妙に違っていて一つとして同じではない・・・と言うようなことがいくつか起こります。
以下はどれがどの版かは書きませんが、暗譜するときは、どの版を採用するか悩むと同時に、やはり他の版にしようと変更した時混乱しがちですね。
ただこれも研究が色々されているからこそなので、ある意味一つの説に盲信しないで色々考える素材が増えることは素晴らしいことだと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。