goo

高級な御宅(1/2)

先週、東京都港区某所にある、カーナビに表示されない場所に住んでおられる
知合い宅に、またもやお邪魔した。というか、「物珍しい回転寿司を食べよう!」
というオファーをいただいたからだ。

ここにたどり着くには、高度なセキュリティーのある場所を通る。
親切な守衛さんが、僕を覚えてくれていても、住人からの連絡や、
こちらの身分証明が無いと、入館の許可が下りない。
同伴したビートルカブリオも、鏡でお腹の中(車体の下)を見られるくらい
厳重なのだ。
公共施設で鏡を使うのは、某元大学教授と(笑)こういった特殊な場所
だけなのだろう。

画像はそのペントハウスから見た図。
ビルの谷間を走る首都高速は、まるでミニカーの世界。
この窓を見ながら、アイスティーを飲んで2時間は時間を過ごせると思う。
夜はもっと綺麗だそうだ。いいなぁ~。

しかし、住民の方いわく
「このペントハウスも素敵だけど、自然に囲まれた実家の方がいい」
と漏らしていたのが気になった。
人間はコンクリートジャングルの天辺には、異常な程興味はあるけれど、
最終的に落ち着くのは、自然が近い所なんでしょうね。

でも、こんな素敵な所に、たった数年だけでも生活出来るのは、
選ばれた人にしか与えられないチャンスという事も確か。
日本では勘違いされた英語が氾濫しているが、本物の
「セレブ(リティー)」
というのは、こういった人の事を指すのかも知れない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« T5 カリフォ... 高級な御宅(2... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。