goo

新東名120km/h区間を体験


2017年11月に最高速が110km/hに引き上げられた
新東名の新静岡―森掛川区間が、3月1日に120km/h
引き上げられました。
これを体感したくて早速走ってみました。
日本初の120km/h!



以前はスピードメーターの誤差範囲内という事もあり、
110km/hを120km/hで走るという人が多かったですが、
今回は±5km/hぐらいが多かったですね。
前回のようにパトカーがペースカーのように入る所は
見られませんでしたが、多くのドライバーが
後続車を気にして居るようで、
追い越したら走行車線に戻るマナー向上が増えました。
第一車線は大型トラック(注:GPS計測だと90km/h)
第二車線は観光バス、(注:GPS計測だと100km/h)
第三車線が追い越し車両(注:GPS計測だと118~123km/h)
という感じで流れています。



復路は夜、上り車線を走行。ここでも大きな問題は無く、
綺麗に流れていました。そんな中、何度か面白い現象に遭遇。
第一車線の遅いトラックをを追い越しした他のトラックが、
第二車線から追い越し後、そのまま居座る事態が多発。
(第一車線は誰も居ない=ガラガラ)
この第二車線のトラックを追い越すために、第三車線を使う
トラックが横行し、結局120km/hで走る乗用車は90km/hまで
減速させられます。渋滞はするし、追突の危険もあります。
そうこうしていると、第一車線を爆走する軽自動車・・・。

トラックのドライバーさんの多くが良い運転をしていますし、
彼らのお陰で僕達の生活が成り立っています。
しかし、事故を誘発しちゃうのは困ったなぁ。
この問題、アウトバーンでもあるようで、なかなか難しいですね。



唯一の助けは、第三車線で追い越したトラックの運転手さんが
車線を戻ると、窓越しに手を挙げてくれたこと。
やはり最後は、ドライバー同士のコミュニケーションなんですね。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« モーマシンに遭遇 (29年7ヶ月 1... »
 
コメント
 
 
 
日本の問題点は (花貴)
2019-03-04 13:49:52
日本の問題点は、一つの問題は軽自動車から大型トラックまでもが同じ速度で走るんですね。アウトバーンなどでは、車線主義なので、第1車線が80km、第2車線が100km、第3車線は無制限(ドイツなど)ということですね。二つ目の問題は、特に高速道路での速度変化が大きいということですね。ドイツでは、100kmで走る人はずっと100kmですよね。日本では、上がったり下がったりで、非常に走りにくくて困りますね。
 
 
 
花貴さまへ (H.Nakazawa)
2019-03-05 07:39:02
コメントありがとうございます。
分かりやすいご説明、勉強になります。車種に関係なくスピードの上下は激しく感じます。あまりメーターを見ないで走行している感もありますね。日本人は元々マナーに甘い国だから難しいのかしら。
なかなか難しい問題ですね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。