goo

新型「Golf GTI」「Golf GTD」「Golf GTE」

新型「Golf GTI」、「Golf GTD」、「Golf GTE」
2020 年 3 月


主な特徴
新型「Golf GTI」、「Golf GTD」、「Golf GTE」を初披露、
デジタル時代に向けたフォルクスワーゲンのスポーティアイコン

--------------------------------------------------------------------------------
3 つのキャラクターを持つ、3 つの新しい「Golf(ゴルフ)」

ガソリン、ハイブリッド、ディーゼル。「Golf GTI(ゴルフ GTI)」とハイブ リッド モデルの「Golf GTE(ゴルフ GTE)」が同出力に。「Golf GTD (ゴルフ GTD)」は長距離走行で高い効率を発揮。 
Innovision コックピット。「Golf GTI」、「GTE」、「GTD」には、デジタ ル インストルメント クラスターと、10 インチのインフォテイメントシステ ムを標準装備。  常にオン。「GTI」、「GTE」、「GTD」に搭載される“We Connect”サー ビスは、ストリーミング再生、インターネット ラジオ、その他のオンライ ン機能を提供。 
デジタル世界のパルス。エンジン始動前に、新しいスタート/ストップ ボタンが赤く点滅。 
カリスマ的なデザイン。新しいバンパー、新しいルーフスポイラー、 新しいディフューザー、新しいエンブレム。 
クロームメッキの代わりにライトを採用。「Golf GTI」、「GTE」、「GTD」 には、照明付きラジエーターグリル バーを初めて装着。 
X シェイプ LED。5 つの LED で構成された印象的なフォグランプを バンパーに配置(オプション)。



「Golf GTI」
第 8 世代のアイコン モデル。新型「Golf GTI」は、デジタル時代に向 けた、ピュアで高効率、ハイテクなコンパクト スポーツカー。 
ターボチャージャー付きガソリンエンジン。「GTI」のエンジンは 180kW(245PS)を発生。それは、まぎれもなくコンパクト スポーツカーの先駆けとなった「GTI」です。 
より素早いギアシフト。新しいシフト バイ ワイヤー ギアボックスを備え た DSG は、「Golf GTI」にユニークなキャラクターを追加。 
スタイリッシュな照明。LED ヘッドライト、LED テールライト、エクステ リア/インテリア アンビエントライト 
「GTI」カリスマ。「GTI」ウィングとハニカムグリルを備えたフロントバン パー、テールパイプを左右に配置した「GTI」ディフューザー。 
モータースポーツの雰囲気を演出。印象的なブラック サイドシルが、 フロントス プリッターとリア ディフューザーを繋ぐラインを形成。
「GTI」ステアリングホイール。タッチコントロール、パフォレーテッド レザー、クローム/レッドの GTI バッジを備えた新しいマルチファンク ションレザー スポーツ ステアリングホイール。 
新世代「GTI」。デジタルコックピットおよび「GTI」専用モードを含む 30 色のアンビエントライト。



「Golf GTE」
電動化されたスポーツカー。新しい高性能プラグイン ハイブリッドは、 電動化による持続可能性とダイナミックなパフォーマンスを融合。 
電気モーターを備えたターボチャージャー付きガソリンエンジン。 180kW(245PS)を発生する「Golf GTE」は、「Golf GTI」と同レベル のパフォーマンスを実現。 
ゼロエミッションで市街地走行が可能。エネルギー容量が 50%増加 したバッテリー(13kWh)により、電動モードで走行可能な距離が約 60km に延長。 
電気モーターのみで発進。「Golf GTE」のプラグイン ハイブリッド システムは、電気モーターのみを使用し、ゼロエミッションでの発進が 可能。 
予測的に作動するハイブリッド コントロール システム。GPS とルート データをパワートレイン コントロールに組み込んだ高度なエレクトロニ クス。 
“IQ.DRIVE”(オプション)。「Golf GTE」の“Travel Assist”(トラベルア シスト)は、アクティブ ステアリング、加速、ブレーキングにインテリ ジェントに介入してドライバーをサポート。(210km/h まで) 
「GTE」の大きな特徴。「GTE」には外からは見えないエキゾースト パイプを採用(「GTI」は左右に 1 本ずつ、「GTD」は左側にデュアル エキゾーストパイプ)。 
・GTE インストルメントパネル。効率および走行可能距離を表示する 「GTE」専用のデジタル コクピットおよびインフォテインメント システム。



「Golf GTD」
長距離走行が得意なアスリート。高効率な「GTD」の新エンジンにより、 非常に長い航続距離を実現。 
ターボチャージャー付きディーゼルエンジン。147kW(200PS)の最高 出力と 400Nm の最大トルクは、TDI エンジンを搭載した史上最も パワフルなゴルフ。 
ツインドージングダブル SCR 触媒コンバーター。ツインドージング システムは、先代モデルの TDI エンジンと比較して、窒素酸化物 (NOx)を大幅に削減。
7 速 DSG を標準装備。新型「Golf GTD」は、7 速 DSG を標準装備。 
LED ヘッドライトを標準装備。「GTD」には、オプションにて LED ヘッ ドライトとの組み合わせによる照明付きラジエーターグリル ストリップ を設定。 
「GTD」専用アイテム。ハニカム構造のエアインテーク グリル、赤い ブレーキキャリパー、照明付きラジエーターグリル、赤く光るスタート ボタン。 
「GTD」インテリア。30 色のアンビエントライトと新しいデジタルコック ピットにより、「GTD」ならではの雰囲気を演出。 
デジタル「GTD」。シフト バイ ワイヤー仕様によるタッチ&スライド 機能を備えた新しいスクリーン。


新型「Golf GTI」、「Golf GTE」、「Golf GTD」
2020 年 3 月 ウォルフスブルグ。デザイン DNA とキャラクターが何十年にもわたって愛され続けると、クルマはアイコンとなります。もちろん、その時代の
ニーズに対応するために、新鮮なアイデアを提供し続けることも重要です。まさに「Golf GTI」のように。フォルクスワーゲンは、44 年にわたって、スポーティでコンパクトなクルマのアイコンを見直し続け、世代を超えてオリジナルのコンセプトを受け継いできました。そしていま、第 8 世代の「Golf GTI」が登場します。新型「Golf GTI」は、完全に新設計され、完全にデジタル化され、完全にネットワーク化され、時代のニーズを完全に捉えています。1976 年にデビューした初代「Golf」は、長い年月をかけて「Golf」ファミリーへと進化を遂げてきました。1982 年にはターボチャージャー付きディーゼルエンジンを搭載した最初の「Golf GTD」が、2014 年にはプラグイン ハイブリッド ドライブを
搭載した最初の「Golf GTE」が発売されました。この流れで、新型「Golf GTI」の登場と同時に、新型「Golf GTD」と新型「Golf GTE」が発表されることは 自然なことです。3 つのバリエーション、3 つのキャラクター、3 つの高効率でクリーンな駆動システムがありますが、そこには、1 つの設計と仕様の哲学が息づいているのです。
「GTI」。180kW(245PS)を発生する新型「Golf GTI」は、デジタル時代に向けた、機敏で、ピュアで、効率的で、ハイテクなコンパクト スポーツカーです。
「GTE」。システム出力が 180kW の新しい「Golf GTE」は、「Golf GTI」と同等のパワフルな出力レベルを備えています。ハイブリッドドライブはスポーティなパフォーマンスを念頭に置いて設計されており、ダイナミックなパフォーマンスながら、電動化による持続可能性と、ゼロエミッションによる約 60km の航続距離を実現しています。
「GTD」。新型「Golf GTD」は長距離走行を得意とするアスリートモデルです。このモデルの最高出力は 147kW(200PS)で、非常に長い航続距離が特徴
です。

エクステリア
ダイナミックなフロントエンド。
スポーティで新しい「Golf」モデルは、カリスマ的なデザインを特徴としています。標準装備される LED ヘッドライトは低い位置に配置され、ラジエーターグリルとの組み合わせで印象的なクロスバーを形成します。フロントエンドには、ボンネットの先端に細いラインが配置されています。ラインのカラーはモデルによって異なり、「GTI」はレッド、「GTE」はブルー、「GTD」はシルバーです。このラインは、初代「Golf GTI」の専用アイテムであった赤いラジエーターグリル フレームを想起させます。デイタイムランニングライトを起動するか、ドライバーがキーを持ってクルマに近づくと(オプション)、LED ストリップがそれぞれの色(レッド、ブルー、シルバー)で点灯します。さらに今回初めて、LED ストリップとの連続性を持つ照明付ラジエーターグリルが標準装備されます。これにより、「Golf GTI」、「GTE」、「GTD」の個性を反映した、まったく新しいヘッドライト デザインが創出されています。
他の際立った特徴は、伝統となっているハニカムパターンを採用した、一つのピースからなる大型のエアインテーク グリルです。このグリルは、ブラックのフレームで縁取りされ、両サイドには、印象的なウィング デザインが施されています。新型 GTI の特徴は、オプションのフォグランプにもあります。X シェイプのフォグランプは、エアインテーク グリルに統合されています。
印象的なサイドライン。サイドセクションでは、標準装備される GTI 専用の 17インチアルミホイールが目を引きます。GTI と GTD にはオプションで、18 イン
チまたは 19 インチも用意されています。ブレーキキャリパーは、スポーティな「Golf」モデルを象徴するレッドに塗られています。「GTI」および「GTD」には、フロントフェンダー パネルの側面に、それぞれのレタリングが施されたエンブレムも装着されます。このエンブレムは「GTE」には装着されていませんが、その代わりに、助手席側にバッテリーを充電するための電源コネクターが 設置されています。3 つのモデルはすべて、レーシングカーを連想させるスプリッターデザインを採用した、幅の広いブラックのサイドシルが装着されています。サイドシルは、フロント スポイラーおよびリア ディフューザーとともに、スポーティなデザインを強調する役割を果たしています。サイドシルエットの 上部には、ルーフラインに続き専用のスポイラーが配置されています。サイドセクションにおけるデザイン上のハイライトは、全ての「Golf」の特徴的な要素となっている C ピラーです。この C ピラーは、今にも動き出しそうな躍動感を演出し、初代「Golf」および「GTI」のアイコン的デザイン要素を現代へと受け継ぐものです。
上質なリアエンド。新型「Golf」は、力強いショルダー セクションと印象的なリアエンド デザインを特徴としています。この上質なリアエンドは、LED テー
ルランプを標準装備している、スポーティなニューモデルでも同様です。「GTI」、「GTE」、「GTD」のエンブレムは、以前のようにドライバー側ではなく、フォルクスワーゲン エンブレムの下に配置されています。ルーフスポイラーは後方へと延長され、リアウィンドウを囲むブラックの縁取りと一体化され、通常のゴルフよりフラットな印象を生み出しています。バンパー下部には、スポーティなディフューザーが設置され、この新しいモデルと標準バージョンを見分けるポイントとなっています。さらに、これらの 3 つのモデルは、エキゾーストシステムのテールパイプによって区別することができます。「GTI」はそれぞれ1 本のテールパイプが左右に振り分けられ、「GTD」は左側にデュアルテールパイプが配置されるのに対し、「GTE」ではテールパイプを外から見ることができません。


インテリア
ダイナミックな性能を暗示する専用アイテム。
初代「Golf GTI」がデビューして以来、このクルマは身体に完璧にフィットするジーンズのような存在でした。フォルクスワーゲンは、初代モデルから、数多くのダイナミックな専用アイテムをインテリアに採用し、他のモデルとの差別化を図ってきました。その一例としては、3 本のシルバーのダブルスポークと、エンボスでウォルフスブルグのエンブレムを象ったスポーツ ステアリングホイール、ゴルフボールの形を模したブラックのギアノブ、タータンチェック柄のシート地とブラックのサイドボルスターを備えた「GTI」スポーツシートなどが挙げられます。いずれも、伝統的なデザイン要素となっています。
過去と未来を巧みに融合。フォルクスワーゲンは、第 8 世代ゴルフの、デジタルおよびネットワーク機能を強化しています。「GTI」、「GTE」、「GTD」の各モデルでも、将来にわたりそれらの機能をさらに拡張していきますが、オリジナルモデルに採用されていた数多くの専用アイテムもそのまま残されています。しかし、先代モデルのスポーツ ステアリングホイールは、タッチコントロールとオプションの“Travel Assist”(トラベルアシスト)ボタンが組み込まれた、新しいマルチファンクション レザー スポーツ ステアリングホイールへと進化しています。“Travel Assist”は、最高 210km/h までの速度でドライバーをサポートします。3 本シルバースポークは先代モデルから受け継がれてい ます。「GTI」では、中央スポークの内部はレッド仕上げ、「GTE」と「GTD」は それぞれブルーおよびシルバー仕上げとなっています。スポーツシートの伝統的なチェック柄も引き続き採用されています。新チェック柄デザインは、“スケールペーパー”と呼ばれています。グレーおよびブラックシートのステッチカラーは、「GTI」ではレッド、「GTE」ではブルー、「GTD」ではライトグレイです。モデルに応じて、すべての装飾ステッチとエッジ処理部分にも、レッド、ブルー、ブラックが使用されます。
時代のニーズに対応。Golf 「GTI」、「GTE」、「GTD」のドアを開けると、“Innovision Cockpit”(イノビジョン コクピット)が起動します。これは、10.25
インチのデジタルコクピット(デジタル インストルメントパネル)の最上位バージョンと、10 インチのナビゲーション システムを組み合わせたものです。2 つのスクリーンを視覚的および機能的に統合することにより、新しく一貫したデジタル アーキテクチャーが生み出されます。また、標準装備されるアンビエントライトは、ディスプレイおよびその他の照明付きインテリア エレメント (ダッシュパネル、ドアトリム、携帯電話用インターフェース付き収納ボックス、フットスペース)を照らします。カラーは、30 色から選択することが可能です。6速マニュアル ギアボックスを標準装備する「Golf GTI」は、完全に新しい「GTI」シフトレバーを備えています。「GTI」は、オプションで 7 速 DSG を選択することができます。「GTD」には、DSG のみが設定されます。「GTE」には、ハイブリッド ドライブ用に開発された 6 速 DSG が搭載されます。DSG 搭載モデルは、シフト バイ ワイヤーで制御されており、DSG シフトレバーも専用 デザインとなります。これらの 3 つのスポーティな「Golf」モデルでは、標準装備されるスタート/ストップ ボタンの機能もカスタマイズされています。ドアを開くと、このボタンはドライブシステムが起動するまで赤く点滅します。

標準装備
ベース仕様。
すべての新型「Golf」には、車線維持システムの“Lane Assist”(レーンアシスト)、歩行者検知機能付き“Front Assist”(フロントアシスト)シティエマージェンシーブレーキ、XDS エレクトロニック ディファレンシャルロック、Car2X(他の車両や交通インフラとのローカル通信機能)などのアシストシステムが搭載されています。さらに、「We Connect」や「We Connect Plus」の統合モバイルオンラインサービス及び機能を備えたデジタル機器およびインフォテインメントシステムを標準装備しています。マルチファンクションステアリングホイール、シングルゾーンエアコン(Climatronic)、“Press & Drive”(プレス&ドライブ)コンフォート スタートシステム、携帯電話
用 Bluetooth 接続プレパレーション、LED ヘッドライト、LED テールランプ、LED デイタイムランニングライト、LED リーディングライト、2 つの USB-Cポートが含まれます。標準装備の範囲は、「GTI」、「GTE」、「GTD」向けに大幅に拡張されました。

強化された装備。エクステリアでは、17 インチ アルミホイール、カスタマイズされたフロントセクション、リアディフューザー、独立したルーフスポイラー、
モデルロゴ、各々のテールパイプ システム、レッド ブレーキ キャリパー、エクステンションされたシルなどが追加されます。さらに、スポーツサスペンション(「GTI」および「GTD」のみ、15mm ローダウン)、“Keyless Access” (キーレス アクセス)システム、個別のライティング システムも含まれます。
インテリアでは、デジタルコックピットの最上位バージョン(複数画面構成)と10 インチの“DiscoverPro”ナビゲーションシステムが統合し“Innovision Cockpit”を形成します。デジタルコックピットのカラーとグラフィックは、それぞれのモデルに対応しています。その他の多くのディテールでは、エクステリアと同様に、「Golf GTI」、「GTE」、「GTD」に割り当てられたそれぞれのカラー、(レッド:「GTI」、ブルー:「GTE」、シルバー:「GTD」)によって区別されます。すべてのペダルはステンレス製です。


駆動システム
ターボチャージャー付きガソリンエンジン搭載の「GTI」。
新型「Golf GTI」は、180kW(245PS)を発生する、2.0 リッター ターボチャージャー付きガソリンエンジン(EA888 evo4)を搭載しています。最大トルクは 370Nm です。この4 気筒エンジンは、標準で 6 速マニュアル ギアボックスと組み合わされます。オプションとして、7速 DSG を選択することも可能です。
プラグインハイブリッドの「GTE」。「Golf GTE」のプラグイン ハイブリッドドライブは、110kW(150PS)を発生する 1.4 リッター ターボチャージャー付き
ガソリンエンジン(EA211 TSI)、電気モーター(85kW)を備えたハイブリッド モジュール、6 速 DSG と、新しいリチウムイオン バッテリーで構成されています。このパワートレインは、180kW(245PS)の最高出力と 400Nm の最大システムトルクを提供します。先代モデルと比較して、電動モードで走行可能な距離は約 60km と大幅に延長されました。フォルクスワーゲンのエンジニアは、「Golf」の空力特性を改善し、バッテリーのエネルギー容量を 50%増加させ 13kWh にすることで、航続距離の延長を達成しました。電動モードでは、最高 130km/h の速度で走行可能です。バッテリーが十分に充電されると、「Golf GTE」は常に電動モード(電気モーターのみで走行する E-MODE)で発進します。バッテリーのエネルギー容量が一定のレベルを下回るか、速度が 130km/h を超えると、駆動システムはハイブリッドモードに切り替わります。
ハイブリッドモードでは、インフォテインメント システム画面の 3 つのシンボルを使用して充電状態を維持するか(等号“=”)、増加(上矢印)させるか、 定義されたレベルに下げる(下矢印“”)かを選択できます。これにより、必要に応じて、ロングドライブの終わりでも、市街地を電動モードでゼロエミッション走行することが可能です。ナビゲーションシステムでルートガイダンスが起動している場合、バッテリーマネージャーは、目的地に到着したときに、設定されたバッテリー エネルギーが利用できるように、道路および地形データを予測的に考慮します。このプロセスでは、電動モードによる最適な航続距離を確保するために、ルートデータに基づいてバッテリーの使用が調整されます。
ターボチャージャー付きディーゼルエンジンを搭載した「GTD」。長距離走行を得意とするこのスポーツカーは、147kW(200PS)を発生する 2.0 リッター
ターボチャージャー付き 4 気筒ディーゼルエンジン(TDI)を搭載しています。「Golf GTD」のエンジン(EA288 evo シリーズ)は、400Nm という極めて力強い最大トルクを発生します。TDI は、非常に低いエンジン回転数で最大トルクを発生します。「GTD」の駆動システムは、新型「Golf」のすべてのターボディーゼルエンジンと同様に、直列に接続された 2 つの SCR 触媒コンバーターを備えています(SCR=選択的還元触媒)。デュアル AdBlue インジェクションを備えた、この新しいツインドージング SCR システムは、先代モデルに比べて窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に削減します。「Golf GTD」には、7 速 DSG が標準装備されます。

サスペンション
快適性とダイナミクスを改善。
フォルクスワーゲンは、「Golf GTI」、「GTE」、「GTD」に最適なサスペンションを開発。フロントにはマクファーソン、リアは
マルチリンクが組み合わされます。“Vehicle Dynamics Manager”(ビークルダイナミクス マネージャー)と呼ばれる新しいドライビング ダイナミクス システムが、今回初めて採用されました。このシステムは、XDS 機能と調整式ダンパー(オプションの DCC)の横方向の入力の両方を制御します。これにより、快適性重視の設定と、スポーティな乗り心地重視の設定までの幅が大きく広がり、その結果、新型モデルの動力特性が大幅に強化されています。

DCC アダプティブシャシーコントロール。DCC アダプティブシャシーコントロールは、ステアリング、ブレーキ、アクセル操作といった様々な要素を考慮しな
がら、路面と運転状況に対し断続的に反応します。ドライバーは、走行モードを選択することで、車両の挙動を希望通りに調整することができます。各ホイールにおける必要な減衰力は瞬時に計算され、4 つのショック アブソーバーを調整します。その結果、DCC は常に最高レベルの快適性を提供し、ドライビング ダイナミクス マネージャーと連携することで、理想的な動力性能を発揮します。最新世代の DCC では、車両の設定を、既存の COMFORT、ECO、SPORT に加え、INDIVIDUAL モードも設定することができます。ドライバーは、デジタルスライダーを使用して、個人の運転プロファイルを正確に設定および保存できます。“COMFORT”モードをさらに快適性重視に調整することによって、ボディは可能な限り路面から「切り離され」、走行快適性を高めることができます。“SPORT”モードをさらに走行性重視に調整すると、車体の挙動を最小限に留めるために最大の減衰力が設定され、非常にダイレクトなハンドリングにより、「GTI」、「GTD」、「GTE」ならではのフィーリングを楽しむことができます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「ID.4」およ... オペル再上陸... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。