goo

変化の中で


ここ1~2年だろうか。
自分の周りが大きく変化している。
まるで巨大な波に、知らないうちに
飲み込まれているかのごとく。

この波は、優良高波だと僕は感じて居る。
それは自分の努力ではなく、
他人様が僕の為に用意してくれた、
大切な波のような気がしてならない。

神様の存在を信じるかって?
もちろん信じたい。
宗教的な神とか
ストイックな神ではなく
ダラダラしていた僕に優しく諭すような
女神(達)が、この波を送って来たのだろう。

幸い、ぼくはこの波にまだ、飲まれていない。
泳げない僕が、波に飲まれないなんて
背中に大きな大きな羽か浮き輪でも
付いて居るのかも知れない。

これを見た読者の方、
勘違いしないで欲しい。
僕は高額宝くじに当たった訳でなく
とてつもない臨時収入が来た訳でも無い。

決して体の強くない僕が、
大して手入れもして居ない庭の薔薇が
咲くのを見付けては嬉しい気持ちになる。
それが束になれば、まるで高波のように感じる。

人に言いたくない不幸なことだってある。
親の老化どころか、自分の老化を感じた時には
雷に打たれたようなショックを毎回感じる。

口にチャックどころか、
鍵を何十に掛けられたような
友人からの深刻な相談を受ける時には、
返答に困るけど、黙って聞いてあげるのが友達だと思っている。
彼や彼女がまた普通に戻って来て、
普通に話す時間がくれば良いと思っている。

普通に毎日を過ごせて、
普通に一日を終える。
簡単なようで難しい。
そこに追い風や波が来たら
更に嬉しい。
それを独り占めしたいと思わない。
共有すれば、もっと幸せな大波になるからだ。

そうか、年始にはこうゆう事を書けば良かったんだな、
と今頃気が付く。
僕は本当にシリ―(Silly )だ。
これもDNAの為せる業なのか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2台のミッド... ニューカマー »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。