goo

「IAA 2021:VW ワールドプレミア ID.LIFE」


The ID. LIFE
World premiere

Wolfsburg, September 2021


注記:
本車両は、コンセプトカーです。本車両は、まだ販売されていません。



「ID. LIFE」 – ハイライト
「ID. LIFE」:フォルクスワーゲンがスモールカー セグメント向けの電気自動車のビジョンを提示

概要
• 電動化を加速:2025 年に発売される電気自動車のエントリーモデル

フォルクスワーゲンは、当初の計画よりも 2 年早く、スモールカー セグメント向けの最初の「ID.(アイディ)」ファミリーのモデルを発売します。価格帯は、2 万ユーロから 2 万 5,000 ユーロです。「ID. LIFE(アイディ. ライフ)」は、このタイプの車両がどのようにあるべきかを明確に示しています。このコンセプトカーは、サステナビリティとデジタリゼーションを組み合わせ、都市のモビリティの観点から、若いターゲットグループのニーズを満たすように設計されています。
• クロスオーバーを再解釈
力強いプロポーション、シャープなラインを描くエクステリア、複雑さを排除した操作系など、サステナビリティに焦点を当てた革新的な「ID. LIFE」は、4 つのドア、大きなトランクリッド、高いシート位置、多用途なインテリアスペースを備えたクロスオーバーモデルを再解釈したモデルです。「ID. LIFE」は、取り外し可能なエアチャンバー テキスタイルルーフにより、開放感のある ドライブを楽しむことができます。
• インテリアおよびエクステリアにリサイクル素材を使用
天然素材とリサイクル原料の広範囲な使用も、「ID. LIFE」の持続可能なキャラクターに貢献しています。その一例としては、再生可能な原料およびリサイクル素材の比率が非常に高いタイヤから、本物の木材を使用したウッドパネル、リサイクルされた PET(ポリエチレンテレフタレート)から作られた「ArtVelours Eco」などが挙げられます。
• デジタリゼーションが大幅に進化したインテリア
ミラーの代わりにカメラを使用し、スマートフォンを統合し、ステアリングホイールのタッチパネルを採用するなど、「ID. LIFE」のインテリアには、直感的に操作できる数多くのデジタル機能が採用されています。また、多彩なシートアレンジと格納式のプロジェクションスクリーンにより、このクルマのインテリアは、ゲームや映画を楽しむためのラウ
ンジに簡単に変えることが可能です。
• MEB 初となる電気モーターと前輪駆動の組み合わせ
「ID. LIFE」は、172kW(234PS)を発生する電気モーターが前輪を駆動し、0~100km/h を 6.9 秒で加速します。航続距離は約 400km(WLTP)です。



概要 – ショートバージョン
「ID. LIFE」:サステナブル、革新的、時代を超越
2021 年 9 月 ウォルフスブルク。フォルクスワーゲンは、「ACCELERATE」ストラテジーにより、未来の持続可能なモビリティを、さらに多くの人々が利用で
きるようにしています。フォルクスワーゲンは、当初の計画よりも 2 年早く、2025 年までにスモールカー セグメント向けの最初の「ID.(アイディ)」ファミリーのモデルを発売します。価格帯は、2 万ユーロから 2 万 5,000 ユーロです。
2021 年 9 月 7 日から 12 日までミュンヘンで開催される国際モーターショー「IAA MOBILITY 2021」で発表される「ID. LIFE」は、このタイプの車両がどのようにあるべきかを明確に示しています。コンパクトなクロスオーバーEV モデルのコンセプトカーは、サステナビリティ、デジタルテクノロジー、時代を超越したデザイン、革新的なインテリアデザインを具現化しています。力強いプロポーションとシンプルなスタイルは、一目見ただけで、「ID. LIFE」が都市のモビリティための未来のコンセプトカーであることが分かります。
人に焦点を当てた設計。「ID. LIFE」は、持続可能なモビリティ、エモーショナルな運転体験、多様なユーザーのニーズに対応するために、完全に白紙の状態から設計されました。純粋で時代を超越したデザインは、このクルマの大きなアピールポイントとなっています。インテリアは、体験の共有に焦点を当てた機能を特長とし、デジタルテクノロジーは、若い世代のターゲットグループのニーズを満たしています。車両へのアクセスは、カメラと顔認証ソフトウェアを組み合わせて行われます。また、多彩なシートアレンジにより、室内を、映画を見たりゲームをしたりするためのラウンジに変えることが可能です。スマートフォン用のワイヤレス充電インターフェイスは、ドアポケットに設置されています。
シンプルなデザイン。「ID. LIFE」のデザインは、驚くほどクリアで、シンプルで、高品質です。そこには、不要な装飾エレメントやアドオンパーツは一切装着されていません。また、複雑な素材の組み合わせも採用されていません。水平基調のボディ、ウィンドウ、ルーフも、このクルマの純粋な外観の創出に貢献しています。エアチャンバー テキスタイルで作られ、個々に取り外しが可能なルーフは、開放感のある ドライブの楽しみを提供すると同時に車両の重量を
削減しています。
天然素材とリサイクル素材。「ID. LIFE」の持続可能なキャラクターは、素材および塗装仕上げに特に強く反映されています。ボディのクリアコートには、バ
イオベースの硬化剤とともに木材チップを使用した天然着色剤が使用されています。これは、車両のボディにリサイクル材を活用するというビジョンを反映したもので、将来的には、追加の塗装仕上げの必要性を完全に排除できる可能性が秘められています。ルーフとボンネットのエアチャンバー テキスタイルは、100%リサイクルされた PET ボトルから作られています。「ID. LIFE」に装着されているタイヤのベース素材には、他の素材に加えて、バイオオイル、天然ゴム、もみ殻などが使われています。インテリアは、ダッシュパネルとリアシートサラウンドに FSC(森林管理協議会)認定の木材を採用し、「ArtVelours Eco」を使用したシート地とドアトリム、テキスタイルを使用したヘッドレストとド
アミラーパッドを組み合わせています。使用済みタイヤをシュレッダーで粉砕した素材をエントランス部分のラバーペイント仕上げに採用したことにより、非常に印象的な表面仕上げが生み出されています。
革新的なデジタル操作コンセプト。「ID. LIFE」では、ドアミラーとルームミラーの代わりに、カメラとディスプレイが採用されています。ギアの選択、ターンシグナル、ホーン、ワイパーは、すべてタッチパネルで操作します。タッチパネルは、六角形のオープントップ タイプのステアリングホイールに配置されています。スマートフォンを車両の操作システムに統合することで、ドライバーは、ナビゲーション、通信、インフォテインメント機能を簡単に操作できるだけでなく、すべての車両データにオンラインでアクセスできるようになります。
クロスオーバー キャラクターを備えたシティカー。印象的なデザイン、簡単なアクセス、高いシートポジション、多彩なシートアレンジにより、「ID. LIFE」は
未来の都市のモビリティにとって理想的なクルマに仕上がっています。コンパクトなサイズ、優れた 360°の視認性、190mm の最低地上高、26°のアプローチアングル、37°のデパーチャーアングルにより、ラフロード走行を楽しむことも可能です。
ゲームラウンジとして使用可能なシート。同時に、「ID. LIFE」は、さまざまなタイプのデジタル体験のパートナーにもなります。そのインテリアは、簡単な操
作で、映画を見たりゲームしたりするためのラウンジに変えることができます。ゲーム機やプロジェクターも装備されており、必要に応じてダッシュパネルから展開するスクリーンに映画を投影して楽しむことができます。乗員のデバイスは、必要に応じて室内に設置された 230 ボルト/16 アンペアの電源に接続することができます。映画やゲームを楽しむため、フロントシートの背もたれを前方に倒すと、リクライニングポジションに移動したリアシートの乗員が、快適に過ごすことができるレッグレストとして機能するようになります。フロントおよびリアシートの背もたれを完全に折りたたむと、シート面をフルフラットにすることも可能で、乗員が横になって寛ぐことができます。
最大 1,285リットルの収納スペース。フロントおよびリアシートの背もたれの柔軟な折りたたみ機構により、インテリアを多目的に使用することができます。必要に応じて、収納スペースを拡大したり、乗員の快適性を高めたりすることができます。「ID. LIFE」のラゲッジコンパートメント容量は 225 リットルで、積載コンパートメントのフロア下には、さらに 108 リットルの収納スペースが用意されています。リアシートの背もたれと助手席の背もたれを折りたたむと、ラゲッジコンパートメント容積を、最大 1,285 リットルに拡大することができます。さらに、ボンネットのエアチャンバー テキスタイル カバーの下にも、68 リットルの追加の収納スペースが設置されています。フロントパネルの下には、充電ケーブルを収納するための、容量約 8 リットルのスペースも用意されています。高電圧バッテリーに接続するための充電コネクターに加え、外部の電気製品に電力を供給するために使用できる、230 ボルト(16A)のコネクターも備えています。
電気モーターが前輪を駆動。「ID. LIFE」は、主にスモールカー セグメント向けに開発されたフォルクスワーゲンのモジュラー エレクトリック マトリックス
(MEB)のスモール バージョンをベースにしています。バッテリーの電力は、172kW(234PS)を発生する電気モーターに供給され、前輪を駆動します。MEB をベースにした車両が前輪駆動を採用するのは、これが初めてです。このコンセプトにより、MEB の柔軟性を強調すると同時に、コンパクトな寸法の中に乗客と荷物のための十分なスペースを確保して、効率的にインテリアを使用することが可能になりました。「ID. LIFE」は、0~100km/h を 6.9 秒で加速します。容量 57kWhの高電圧バッテリーにより、約 400kmWLTP)の航続距離が可能になっています。
ゼロエミッションへの道。フォルクスワーゲンは、完全に電動化されたモビリティへの道を一貫して追求しています。「ID. LIFE」は、フォルクスワーゲンのMEB をベースにした 8 番目のコンセプトカーです。2030 年までに、同社は、ヨーロッパにおける車両販売全体に占める電気自動車のシェアを少なくとも70%に、北米と中国で少なくとも 50%に増やすことを目指しています。「ACCELERATE」ストラテジーは、この変革をさらに前進させます。「ID. LIFE」は、大量生産するスモールカー セグメントにも電気自動車を導入することで世界中で新しい顧客層を獲得するという、フォルクスワーゲンの目標を推進するモデルです。フォルクスワーゲンは、手頃な価格の e モビリティ、高度なデジタル化、持続可能な生産、高品質な基準を融合させます。



「ID. LIFE」 – 主な特徴
エクステリアデザイン – 形状がキャラクターを定義


クロスオーバーのプロポーションを再解釈。「ID. LIFE」の設計においては、サステナビリティとデジタリゼーションの分野に明確な優先順位が与えられまし
た。「ID. LIFE」は、典型的なスモールカー セグメントの 5 ドア ハッチバックのスタイルを備えています。力強いプロポーションと、複雑さを排したデザインは、この車両クラスのクロスオーバーモデルに典型的な外観を再解釈したものです。一つの大きな塊から削り出したようなボディには、装飾的なエレメントやアドオンパーツが一切装着されていないため、デザインそのものがサステナブルな車両のコンセプトを強調しています。エクステリアのクリアな構造は、水平基調のボディ、ウィンドウ面、ルーフによっても強調されています。
革新的なエアチャンバー テキスタイル。フロントボンネットとルーフは 2 層のエアチャンバー テキスタイルから構成されており、ジップファスナーでボディに取り付けられ、必要に応じて取り外すことができます。この革新的なソリューションは、「ID. LIFE」に独特のデザインアクセントを与え、個別に選択できるパターンとカラーのオプションが設定されています。エアチャンバー エレメントによる軽量なルーフは、タルガスタイルでの開放感のある ドライブを可能にし、装着時は雨天の走行にも対応するだけでなく、重量の削減にも貢献しています。
フロントのライトパネル。「ID. LIFE」のフロントを見ると、従来のヘッドライトとラジエーターグリルのスペースは、半透明のパネルで覆われています。昼間
の走行時、このパネルの表面には、サテン仕上げのガラスによる3つの円と、それらを接続するライトストリップが出現します。これは、フォルクスワーゲンブランド独自のデザインを象徴すると同時に、お馴染みのフロントフェイスをモダンに解釈したものでもあります。上部と下部が切り取られた外側の 2つの円は、パーキングライトとデイタイムランニングライトから構成され、中央の円には照明付きの VW ロゴが装着されています。夜間のデザインでは、マトリックス LED テクノロジーの機能を備えたヘッドライトが半透明パネルの背後で点灯します。リアライトのグラフィックには、フロントと同じテーマが採用されています。ここでは、2 つの外側の円の中央に配置された光源がブレーキライトと
して機能します。
好感をもたらす調和のとれたデザイン。「ID. LIFE」のリアビューは、水平なラインから構成されています。フロントセクションのデザインは、リアのテールラ
イト クラスター グラフィックおよび中央にブランドロゴが装着されたバックライトパネルの配置にも反映されています。フロントおよびリアエプロンの形状とサイドシルエリアは、ブランドの認知度を高め、調和の取れたデザインを強調する、台形の形状を特徴としています。ドアハンドルの上を走るキャラクターラインは、リアドアの領域で上方へと上昇し、遊び心のある軽快なボディデザインを表現しています。余分な装飾のない、控えめで心地よいデザインが採用されたことにより、非常に魅力的で好感の持てるクロスオーバーモデルのエクステリアが創出されています。
最適化された空力特性を備えたクロスオーバー コンセプト。ラジエーターグリルを持たないフロントと同様、ボディパネルとフラッシュサーフェイス化されたドアハンドルも、空気抵抗の削減に貢献しています。空気抵抗の削減効果は、ドアミラーの役割を果たす、左右のカメラでも達成されています。「ID. LIFE」の走行準備が整うと、カメラは自動的にボディから伸長します。空力的に最適化され、クリアでフラットなデザインの 20 インチの軽合金ホイールは、目立たないように張り出したホイールアーチサラウンドとともに、地面にしっかりと構えた頑丈なクルマの印象を与えます。

インテリアデザイン – デジタルライフのための広い室内

明確な形状、控えめなカラー。
クルマの本質を追及したシンプルなデザインコンセプトは、「ID. LIFE」のインテリアにも革新的なソリューションをもたらしています。デザインと素材の選択は、モダンな家具のデザインからヒントを得ており、意図的にバリエーションの数を制限しています。ダッシュパネル、フロントウィンドウ、リアシート、リアウィンドウの周囲には、コンポーネントの輪郭に沿って、木目のついた本物のウッドパネルのフレームが装着されています。対称的な 2 つのウッドサラウンドを室内に配置することで、調和の取れた視覚的効果が生み出されています。「ArtVelours Eco」を採用したシート地とドアトリムは、Mistral(ミストラル)カラーと、Ceramique(セラミーク)装飾ステッチと相まって、インテリアの落ち着いた家庭的な雰囲気をさらに高めています。ヘッドレストとドアミラーパッドは、控えめなテキスタイルでコーディネイトされてい
ます。
紫のアクセント。「ID. LIFE」における明確に定義されたインテリアのカラーおよび素材のコンセプトは、エントランスエリアのダークラバーペイント仕上げ、
アンスラサイトカラーのフロアカーペットにも表れています。プルループ、デコラティブステッチ、グラフィックシンボルには、意図的なカラーアクセントとして、紫が採用されています。
多機能なインテリア。多彩なシートアレンジが可能な「ID. LIFE」は、さまざまな走行シーンに合わせてスペースを提供します。4 人での小旅行、長尺物の
運搬、オンラインゲーム、車内でリラックス、さらには睡眠など、あらゆることが可能です。ハイパイル カーペットは、家庭的なインテリアの特徴を強調しています。リアシートの背もたれは、リラックスするためにリクライニングさせることが可能で、乗員はもっとも快適な姿勢で座ることができます。フロントシートの背もたれも前方に倒すことができます。これにより、「ID. LIFE」のインテリアは、ゲームや映画を楽しむための快適なラウンジに変化します。さらに、車内で宿泊することも可能です。そのためには、リアシートの背もたれを完全に後ろに倒し、フロントシートの背もたれを前方に倒します。これによって、快適なフルフラットシートが出現します。
革新的な折りたたみ式シネマシート。「ID. LIFE」のインテリアは、多彩なシートアレンジにより、サーフボードや長さ 2.25 メートルまでの大型スポーツ用品
を収納することもできます。「ID. LIFE」における革新的な積載コンセプトは、折りたたみ式のシネマシートコンセプトです。リアシートの座面は垂直に立てることが可能で、大きな荷物をリアドアから積載して、フロントシート後方に横方向に収納することができます。中程度の物や小物の収納には、ラゲッジコンパートメントフロア下に用意された 108 リットルの収納コンパートメントや、ルーフと同じエアチャンバー テキスタイルで作られたボンネット下の 68 リットルのスペースに収納することができます。さらに、フロントパネルの下には、充電ケーブルを収納するために使用できる、容量 8 リットルの収納スペースも設置されています。高電圧バッテリーに接続するための充電コネクターに加え、外部の電気製品に電力を供給するために使用できる、230 ボルト(16A)のコネクターも備えています。

サステナビリティ – リサイクル素材への明確な焦点

複雑さを一貫して排除。
「ID. LIFE」は、純粋な電気自動車、純粋なデザイン、エクステリアとインテリアに使用される素材の選択により、包括的なサステナビリティコンセプトを体現しています。ボディは、5 ドアハッチバックモデルの基本形状のみが設定されています。エクステリア デザインが、ボディ、乗員コンパートメント、ルーフの 3 つの要素に明確に分割されているのと同様に、エクステリアの素材も 3 つのコンポーネントから構成されています。これらの素材は、視覚的にも明確に区別することが可能です。「ID. LIFE」は、将来のリサイクルを想定して、アドオンパーツや複雑な素材の組み合わせを意図的に排除しています。
資源を節約するボディの表面処理。ボディのクリアコートには、バイオベースの硬化剤とともにブルーに染められた木材チップが使用され、白いベースカラ
ーに魅力的な視覚的効果を生み出しています。これは、車両のボディ構造にリサイクル素材を活用するというビジョンを反映したもので、将来的には、追加の塗装仕上げの必要性を完全に排除できる可能性が秘められています。
エアチャンバー テキスタイル製のボンネットとルーフ。独自のダイヤモンドパターンを特長とする、ボンネットとルーフのエアチャンバー テキスタイルは、す
べてリサイクルされた PET ボトルから作られています。これは、追加の支柱なしにボディに装着することが可能で、空気圧によって安定した形状を保ちます。
持続可能な素材を多く含むタイヤ。「ID. LIFE」のタイヤは持続可能な方法で製造され、その素材には、明確な出自の天然ゴム、もみ殻から抽出したシリカ、
植物油、植物樹脂、リサイクルゴムなどが含まれています。素材組成には、再生可能およびリサイクルされた原材料が 37%含まれ、転がり抵抗が最適化されています(EU ラベル A)。さらに、このタイヤは、低いノイズレベルも特長としています。これらの両要素は、「ID. LIFE」の持続可能なキャラクターに貢献しています。
FSC 認証木材とリサイクル PET。「ID. LIFE」のインテリアは、従来の方法で製造されたプラスチックを使用していません。代わりに、天然素材とリサイクル
素材を採用しています。ダッシュパネル、フロントウィンドウ、リアシート、リアウィンドウのウッドサラウンドは、FSC(森林管理協議会)認定の原材料で作られています。シート地とドアトリムに使用される「ArtVelours Eco」は、71%がリサイクルされた PET ボトルと細断された T シャツで作られています。紫の装飾ステッチは、100%リサイクルされた PET で構成されています。使用済みタイヤをシュレッダーで粉砕した素材は、エントランスエリアに独特の質感を生み出している、ラバーペイント仕上げの重要な要素となっています。
柔軟なエネルギー貯蔵システムとしての「ID. LIFE」。「ID. LIFE」の車両コンセプトには、可変スペースコンセプトだけでなく、柔軟なエネルギー管理システ
ムも含まれています。フォルクスワーゲンは、「ID.」ファミリーの各モデルにおいて、電力網だけでなく、国内のエネルギーサイクルにも車両を統合するというビジョンを追求しています。中期的には、双方向充電の機能を提供します。つまり、高電圧バッテリーは、電力網からのエネルギーで充電できるだけでなく、必要に応じてこのエネルギーを家庭(車両から家庭)または電力網(車両から電力網)に送ることができることを意味します。このテクノロジーは、時間帯などによって変動する電力料金を有効に活用して、ユーザーが電気代を削減する機会も提供します。

操作系 – スイッチ類の削減によるイノベーション

ステアリングホイールの集中コントロールパネル。
操作系に目を向けると、「ID. LIFE」では、運転操作をできるだけシンプルにして、車内で過ごす時間をできるだけ快適なものにすることを主な目的として、高度なテクノロジーが活用されています。インテリアには、従来のスイッチ、ボタン、またはコントロール類はいっさいなく、ますます複雑化する世の中で、シンプルな世界に浸ることができるオアシスとなっています。六角形のオープントップ ステアリングホイールには、ギアの選択、ターンシグナル、ホーン、ワイパーなどの主要な運転機能を操作するためのタッチパネルを備えた、コントロールディスプレイが配置されています。ステアリングホイールのすぐ隣のダッシュパネル サラウンドのウッドパネルには、別のタッチパネルが統合されています。このタッチパネル
では、ライトおよび空調機能を操作します。
デジタルネットワーク。フォルクスワーゲン ID とアプリを使用することにより、ユーザーのスマートフォンは、「ID. LIFE」の操作システムに完全に統合され
ます。これは、“Bring your own device”(個人所有のデバイスを車内で使う)というコンセプトに基づいています。これにより、必要に応じて、ベンチレーションおよび空調の調整、ナビゲーション、通信、インフォテインメント機能の操作が可能になります。メニューは、ステアリングホイールの別のタッチパネルまたはボイスコントロールを介して選択します。選択した情報は、ドライバーの直前のフロントウィンドウに必要な機能を投影するヘッドアップディスプレイによって表示されます。
ミラーの代わりにカメラを採用。デジタルテクノロジーとシンプルなデザインを組み合わせることにより、「ID. LIFE」は、これまでとは異なる数多くの方法で、ユーザーとのやりとりを簡単に行うことができます。車両へのアクセスは、顔認証ソフトウェアと B ピラーに統合されたカメラを組み合わせることによって行います。ユーザーを特定すると、運転席側のドアハンドルが伸長します。ドアミラーと同様に、ルームミラーもカメラシステムに置き換えられています。映し出された画像は、ダッシュパネルの上部にある 9 インチのディスプレイに表示されます。
スマートフォンのワイヤレス充電機能付きドアポケット。ドアミラーパッドに埋め込まれたタッチパネルは、ドアを内側から開くため、およびサイドウィンドウ
を開閉するために使用します。ドアトリムには、スマートフォンを収納可能な、紫色のパイピングが施されたポーチが設置されています。このポーチでは、ワイヤレス充電が可能です。
格納式プロジェクションスクリーン。「ID. LIFE」のさまざまなシートは、映画やゲームを楽しむためのラウンジに簡単に変えることが可能です。ゲーム機とプ
ロジェクターは、「ID. LIFE」のマルチメディアシステムに統合されています。必要に応じて、スマートフォンを操作するか、ルーフフレームのパネルを使用することにより、映画を投影するためのスクリーンがダッシュパネルの上部から伸長して、フロントウィンドウ全体を覆います。オーディオシステムのスピーカーは、ヘッドレストとドアミラーパッドのファブリック内側に、目に見えないように装着されています。“Bring your own device”のコンセプトは、他のインフォテインメント プログラムにも適用されています。手持ちのデバイスは、「ID. LIFE」のマルチメディアシステムに接続することが可能で、室内に設置された 230ボルト(16A)ソケットを使用して充電することができます。デバイスのコンテンツは、プロジェクションスクリーンに投影されます。これにより、映画のスクリーンとして、またはネットサーフィン用の大画面として使用することができます。上
部フレームセクションの中央にはカメラが設置されており、乗員はセルフィーを撮影して、友人や家族とオンラインですぐに共有できます。

駆動システム - MEB をベースにした初の前輪駆動 EV

出力 172kW(234PS)の電気モーター。
「ID. LIFE」は、主にスモールカー セグメント向けに開発されたフォルクスワーゲンのモジュラー エレクトリック マトリックス(MEB)のスモール バージョンをベースにしています。これは、MEB プラットフォームを使用して、前輪を介して駆動力を路面に伝達するフォルクスワーゲン初の電気自動車です。前輪駆動は、コンパクトな寸法の中に十分なスペースを確保して、効率的にインテリアを使用するための、さらなる可能性を開きます。フロントに搭載された電気モーターは、172kW(234PS)の最高出力を発生し、このコンパクトな 5 ドアモデルを停止状態から 100km/h まで6.9 秒で加速させます。
航続距離は約 400km。「ID. LIFE」のアンダーボディには、エネルギー容量57kWh の高電圧バッテリーが搭載されています。これにより、約 400km(WLTP)の航続距離を実現しています。最新の充電テクノロジーにより、「ID.LIFE」は、DC 急速充電ステーションを使用すれば、10 分以内の充電で、最大 163km を走行することが可能です。

The technical specifications of the ID. LIFE

Technical basis: Modular electric drive matrix (MEB) – small
Status: Concept car

Body/vehicle interior
Length: 4,091 mm
Width: 1,845 mm
Height: 1,599 mm
Wheelbase: 2,650 mm
Tyres: 235/45 R20
Luggage compartment volume: 410 to 1,285 litres
Through-loading length: 2250 mm
Ground clearance: 190 mm
Angle of slope: front: 26°, rear: 37°

Drive system / range / driving performance
Drive: MEB eco front-wheel drive
Electric motor (PSM) / Output 172 kW / 234 PS
Maximum torque 290 Nm
Battery capacity: 57 kWh
Range (WLTP): Up to 400 km
Charging capacity: Up to 163 km/ 10 min
0-100 km/h: 6.9 s
Top speed 180 km/h















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« お肌のケアー... お肌のケア―(... »