goo

ブレーキ フルード リザーバー交換


【88,900km+111,400km=200,300km】

作業日:2018年12月29日

妙だと思ったのは、ブレーキサーボの黒い塗装が剥がれ始め、
錆が出だしたからだ。明らかにブレーキフルード(オイル)
が飛んだからだろう。



ユタカモータースさんによれば、ブレーキフルードリザーバー(タンク)
から漏れた跡があるという。
直ぐにVGJ経由でパーツを入手。





20万キロも走っているので、本来ならマスターシリンダーも
交換必需ですが、なんとパーツがご臨終。
(パーツ番号は残っているので、復活するのを期待)
仕方ないので漏れているリザーバーだけの交換となりました。



マスターシリンダーごと取り外し、
リザーバーだけ新品に交換です。
矢印が漏れていた場所。プラを接合している部分です。
汚れか滲みか、漏れているのか、判別が難しい場所でもありますが、
油が出ていたら即NGでしょう。



マスターシリンダーとリザーバーの間に取り付ける
ゴムのプラグ。ゴム専用ラバーグリースを使って取り付けます。
これ、ちゃんと守らない業者が多いらしいです。



仮止めされた新しいタンク。
新しいキャップは、今までの黄色から黒ベースへ。



フルードを足して、エアを抜いて終わりでです。





~交換後~
前回、ブレーキホースを交換した際には、
血管内のコレストロールのように、
ブレーキホース内にゴミが溜まっていたようで、
直後から踏みしろが深くなり、大変驚きましたが、
今回はそういった違いも無く、至って普通。
でも安全を確保した事は確実です。
さあ、今度はマスターシリンダーを探さなければ。
パーツさんよ、出て来ておくれ!

<整備・撮影協力>
ユタカモータース
愛知県安城市横山町大山田中9
0566-76-4888
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« (29年5ヶ月 1... A Happy New Year »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。