goo

定期整備


【88,900km+101,550km=190,450km】

一番乗る機会の多い車はカラヴェル。
仕事もプライベートもこの車が一番出番が多いです。

大は小を兼ねるという言葉がぴったりで、
乗用車では運べない長尺物を2列目以降に
それも頭を使わずに、ただポンと乗せて走れるので
重宝しています。

前後がほんの僅かすぼまっているのも、狭い道で楽に走行出来ます。
どうしてもイカツイ顔デザインが先に行ってしまう日本のミニバンは
もう少し勉強して欲しいなぁ。

気が付けば、カラヴェルが僕の元に来てから10年弱と
10万キロを共にしており、走行距離も19万キロに到達。
最近トラブルが多いのは、予期せぬ事柄ではなく、
過去に一度も修理して居なかった部分や、
経年劣化の進行もあるのでしょう。
これらの整備をしながら定期整備も行いますので
手が掛かる時期です。

ちなみに僕が購入する前には、
フォルクスワーゲンジャパンによって
明らかに約200万円近くのパーツを交換され
認定中古車として放出されましたので、
通常の同年代車両より本当に程度が良いと感じます。
認定中古車、恐るべしですね!

さて、今回は
-プラグ
-エンジンエアフィルター
-補給機ベルト
-フロント足回り再度チェック
-フロントショックアブソーバー交換
-デイライト交換
を行いました。

<プラグ交換>


過去履歴を見ると、174,430kmに行っているので、
約15,000kmは走行したようです。
今回もNGKプレミアムRXを継続使用しました。





綺麗に焼けています。
まだ問題無く使える状態です。



詳しく見ると、プラグの先端部分が
きちんと残っている物とそうでない物が
ありました。



こちらは程度の悪い物、
ミリ単位以下ですが、ギャップが大きくなっています。
もう一度書きますが、走行に一切問題はありません。
ただ、交換後はアイドリングが若干安定するようになり
発進時のトルクも明らかに増えました。
エアコンを多く使うこれからの時期には必要な整備のようです。

<ベルト交換>


今年の春先からキュルキュル音の出だした
補給機類のベルトも交換しました。



ゴムの外周には多少の劣化が見られるものの、
直ぐに切れてしまうような重大な亀裂はありませんでした。

我がカラヴェルVR6の場合、1400㎜のサイズが必要ですが、
これより短いサイズを使っているモデルもあり、
(どうやらエアコンのコンプレッサーサイズの違い?)
こちらについては、このブログを参考にされない方が良いと思います。
正規ディーラーや純正パーツを取り扱うショップでは、
車体番号で調べて貰えますので、プロに任せると良いでしょう。



エアフィルターも15,000kmぶりに交換です。
もちろん純正品を入手。



この部品では、久々にサハラ仕様と呼ばれる
ヘビーデューティーモデルも海外在庫で見つかったので
入手してみました。
上記画像右が620、左が620A。価格差は僅か。



昔と違い、普通のフィルターの下部に
スポンジが張り付けられていました。
豪雨時に雨水が入り易いこの車ならではの形状になっています。



問題はこの僅かの差が純正エアフィルターボックス本体に
本当に入るかが疑問ですが、それは次回のお楽しみにしましょう。
今回は通常の620を装着しました。

<フロント足回り整備>
足回りに違和感を感じて、横浜陸運事務所近くの
予備検査業者にサイドスリップテストをしたものの問題はなく、
ユタカモータースさん泣き付いて、再度チェックをして頂きました。



同時に左右ショックアブソーバーも交換。



以前のショックも十分使えていましたが
新品の方がより確実な吸収をしてくれます。
これで様子を見る予定です。

<社外デイライト交換>


前から気になっていたフロントのデイライト。
いつも安い中国製を装着しているので、
水が入っては交換の日々でしたが、
今回は近所の自動車用品店で5,000円近く出して購入。





非点灯時。





点灯時。

姉妹品にブルーがあり、店頭で長らく悩みましたが、
今後の車検でブルーが怪しくなるという情報を聞いて
無難な白にしました。
目に留まるのはブルーの方が確実で、以前
高速隊の方とお話しした際にも
「海外みたいに青色灯の方が追突が少ないんですよ。
でも法律がねぇ」
と嘆いていたのを思い出しました。
どちらが良いのかは分かりませんが、以前より遥かに明るく
発光してくれるので満足です。

<その他>

さて、作業を終えたユタカモータースさんから、

「クーラントのエア抜き弁が壊れているので多少クーラントが
漏れています。交換を強くお勧めします」

との情報を頂きました。
直ぐにパーツをオーダーするものの、
それから数日でとんでもない事態になるとは・・・(つづく)

お忙しいのに細々した作業を行って下さった
ユタカモータースさんに感謝。

<パーツ詳細>
NGKプレミアムRX(BKR5ERX-11P)6本
エアフィルター VW純正 074 129 620 
エアフィルター VW純正 074 129 620A (ヘビーデューティー)

<パーツ供給>
セイファーズ・東京本社

<整備協力>
ユタカモータース
愛知県安城市横山町大山田中9番地
0566-76-4888
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 近況報告 初レッカー »
 
コメント
 
 
 
水冷 (花貴)
2018-05-23 20:21:51
やはり空冷は、構造が簡単?だし、部品点数も少ないので有利でしょうかね。
 
 
 
花貴さまへ (H.Nakazawa)
2018-05-25 11:49:27
コメントありがとうございます。
空冷でもビートルみたいに生産台数が多いとパーツも激安ですね。メキシコでは普通のスーパーの自転車パーツ売り場でテールライト売っているぐらいですから。でも質の良いヨーロッパ製純正OEMパーツは今でも高値です。その代わり長持ちします。
昔の車は良かった・・・。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。