goo

夏のおもひで


【88,900km+108,374km=197,274km】

今年の夏は、本当に久々の長旅に出掛けました。
何故か今まで東北側が多かったですが、
今回は初の九州上陸まで果たして
車も体調も自信を得た感じです。



この旅を支えてくれたのは、レカロシート。
何時間も運転した後に車から降りて
体の何処にも疲れが無い事に改めて驚きを感じます。
僕には5基目のレカロですが、それでも毎回感心するモノです。



猛暑の夏でしたが、レカロヴェントが
蒸れや汗から体を守ってくれました。
但し、一つだけ欠点が。
レカロヴェント稼働中にオナラをすると、
車内に充満します(笑)



足の短い僕には必要ないと思っていたシート深さ調節機能
(シートの先端が伸びる)も、長距離では意外と使える事が
分かりました。
それにしても中古品でこの性能の良さには驚きです。
強固フレーム仕様のレカロは凄いなぁ。



RAZOのアクセルとブレーキペダルは、
滑り止め効果もあり、結構使えます。
T4右ハンドルの癖であるアクセルペダル位置の関係で
ブレーキペダルとの間が近すぎるので、近日改良予定。



長距離では寝室になるリアシート。
3列目3人乗りもアームレストが出るので
隣との空間があり楽だそうです。
長距離ではガッツリ寝たいので、そろそろ体が伸ばせる
純正同等のベッドフレームを作ろうかなぁ。



車重のせいでタイアの消耗は相変わらず早いですが、
ハンドリング、乗り心地ともに良好です。
今のペースだと来年は買い替えになりそうです。
(15,000km位でスリップサインが出るでしょう)



車中泊などで活躍したのは
「imuto プロフェッショナルスマートポータブルチャージャー」。
100,000mAhバッテリーは、元々会社で災害用に購入したのですが、
面白いので旅行に連れて行くと、なかなかの実力。



3連LEDの明かりは強烈。
天井に間接照明させると、明るさは丁度良いですね。
縦に細身のボディーですが、約2.8kgと大変重いです。



旅行中はオプションのACインバーターの代わりに、
オプションのシガーライターソケットを装着。
(今はDC端子付きACインバーターが標準装備らしい)



サイドにはUSB差込口が4連。



反対側には、スイッチや電池残量計が付いて居ます。
家庭用テレビやドライヤーは使えませんが、
必要最小限の給電は出来るので、良い買い物をしたかな。
それにしてもこれだけデカいと、全然電気が減りません。



いつか日本一周をしたいなぁ~と思いつつ、
景色を楽しんだ「びわ湖 大津パーキングエリア」



次はどこの街に出没しようかと考えながら
ひたすら運転していた平成最後の夏。
おもひでの画像を見ながら、今日も現実逃避。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 8万キロ(9年... 鍵のバッテリ... »
 
コメント
 
 
 
タイヤ (花貴)
2018-09-27 15:55:41
993ですが、Mi-PS2-N4 になります。さてToは、お勧めのPi-P1にするか?
 
 
 
花貴さまへ (H.Nakazawa)
2018-09-28 10:33:12
コメントありがとうございます。
Mi-PS2-N4、純正専用は良いですね。コンパウンドが違いますから。
Pi-P1は在庫がない可能性があるので(日本ではカタログ落ち)その時はP6がお勧めです。P7はエコタイアなので(滑るので)お勧めしません・・・以上、有識者からの情報でした。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。