goo

ワーニングトライアングル

純正三角表示板の話だが、マニアのみならずVWユーザーには大ニュースなのだ。
それに今、売れている商品らしい。

<商品詳細>
1Y0 093 055  「ワーニング トランアングル」 ¥2,940(2005年11月現在)

<認証番号> 
国土交通省認定品(E13 0017)、欧州規格(ECE27)

<発売時期>
2005年11月5日全国正規ディーラーで販売開始(8月19日・日本入荷?)

<推奨車種>
ニュービートルカブリオレ (トランク裏側の溝に2フックで固定)
ゴルフトゥーラン (ハッチゲート裏側にジャストフィット)
ゴルフ5 (別途販売「ポケットトランスボード」内のみ可能)
ゴルフプラス (ラゲッジルーム左側ベルト留め)
ポロ (ラゲッジルーム内側ベルト留め)

ゴルフとゴルフプラスは、純正オプションの「ポケットトランスボード」内にも入ります。

ルポ(下記文章参照)。

ニュービートルのみ固定場所の確保が無いので設定がありません。

<総括>
Good : 純正品なのでフィット感も大変良い。
Bad : コストばかり考え、標準装備されていない事。
Total: ★★★★★★★★★★10点(10点満点) 
Comment: 日本初VWが国土交通省に認証された三角表示板。チャチな作りだがコンパクトで良く出来ているので、オーナーは安全を考え購入される事をお勧めする。しかし新車から標準装備されていないのは大変残念。既に顧客からイヤミを言われている新車セールスも多く居るようだ。

<純正三角表示板の歴史>
VW/Audiは、元々ドイツ資本の車だから、本国では「三角表示板」、「簡易医療キット」が標準装備されているが、日本では法律の違いで標準装備されていなかった。しかし、メルセデスなどと比べ、トランクなどの空いた空間を寂しく思うオーナー達の為に、ヤナセ時代からオプションパーツとして販売していた経歴がある。それは、VAN時代(VW・アウディ・日本株式会社)のゴルフ3の頃まではオプションパーツカタログに出ていたが、いつの間にか無くなってしまった。理由は、日本の法律に合わなかったからだという。

しかしここ数年、アウディーや一部高級VWなど、車種によっては、「三角表示板」のみが標準装備されていたが、格納場所があるのに、物が存在しないトゥーランやビートルカブリオレオーナーから不満が出ていたのを何度も聞いている。理由は簡単で、「三角表示板」の規格が日本と欧州では違うからだ。そう言えば80年代初期までのドイツ車はテールライトの反射板も反射効率が少なくて、日本で自転車用みたいな物を輸入元がエクストラで付けていた。もっとレアな話を書けば、ゴルフ2も発売直前まで、リアVWエンブレムの下に特注の反射板が付く予定だった。これは発売当時の店頭ポスターに出ていたのだが、即交換されてしまったので知らない方が多い。
とにかく反射面積が僅かに少ない事や、多少ピンクがかった反射板が日本の法規に合わなかったらしい。

<国土交通省認定>
しかし、朗報が入った。
2005年11月5日より、VW純正三角表示板は、日本で正規輸入販売されたのだ。この情報は、マニアのみならず結構ネットなどで流れていて、今注目のパーツらしい。パーツ番号を見るとなんとニュービートルカブリオレの物と判明。トゥーランには既にトゥアレグの物を入れていたのだが、我がカブリオレには日本製を載せているので、早速オーダーを入れてみた。

<比較>
翌日商品が届くと、毎度の通りフォルクスワーゲングループ100%子会社のVotex社(創業1975年)がディストリビュートしている事を示すステッカーが。でも、どう見ても箱はトゥアレグの物と似ている・・・というかケースに刻印されているパーツ番号は「7L0」だからトゥアレグ用。
中身は・・・これまた一緒。
何で驚くのかと言えば、トゥアレグ用は7000円台、この新型日本認証品は、同一品で2.800円(税抜)。何とか違いを探していたら、生産時期は1ヶ月違い(笑)という事と、中の三角表示板内の蛍光カラーのビニールが赤から僅かにピンクっぽかった。もっとマニアックな事を書けば、トゥアレグ用はクッション材にくるまれて箱に入って来る。

<まとめ>
とにかく番号違いで、認証された物が手に入る。こんな嬉しい事は無い!
(前回、トゥアレグ用を購入して、お金を貢いだ事は忘れよう)

現在装備されていないのは、ポロ、ゴルフ、ニュービートル系、ゴルフプラス、トゥーラン、ルポなのだが(他の車種は標準装備されている)、そのうちポロ、ニュービートルカブリオレ、ゴルフプラス、トゥーランには、取付場所か、取付ベルトが標準で設置されているので、フィット感は最高だ。
残念ながらアメリカ向けに生産されているニュービートルには設置場所が一切無く、南アフリカ生産のゴルフには、オプションの「ポケットトランスボード」を買わないとちゃんとフィットしない。
ルポには専用の物があり、スペアータイアルーム内に入るらしい。
(000 093 056A 2,600)

VWの歴史の中で、日本で多分初めて国土交通省に認証された三角表示板。関係者の努力には感謝と拍手を送りたい。

画像は左から、アウディー&ゴルフワゴン用、トゥアレグ用、新型ワーニングトライアングル。アウディー&ゴルフワゴン用は大きい。
気が付いたら全部買っていた僕。損したのか得したのか分らないが、これを2度と出さない事を願うばかりだ。こうゆう物は保険と同じで使わない方が良いに決まっている。でも使う時(事故や故障)には、落ち着いて無い事が多いから、簡単に設置出来て、ちゃんと機能してくれる事が一番大切なのだ。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 氷が浮くラーメン トレーダーマ... »
 
コメント
 
 
 
同じなのですね(-。-;) (PONY)
2005-11-15 10:45:35
中澤さん、こんにちは。

私もTouran購入後すぐTouareg用を買って入れた口です。ど~もそこに入れる所があるのに入っていないと落ち着かないのは、日本人だからでしょうか(^_^;)。

しかし、まったく同じなのですね(ビニール部分は若干色が違う様ですが)他のブログ等拝見しているとケースのツメを止める凹みの形状などが若干違った様に思っていたのですが、気のせいだったのか(-。-;)、う~ん複雑な心境ですが保険(の様なもの)が安く買えるようになった事は素直に喜ぶ事なのでしょうね。
 
 
 
同じみたいです・・・ (H.Nakazawa)
2005-11-15 19:49:40
PONYさま、コメントありがとうございます。



>>ど~もそこに入れる所があるのに入っていないと

>>落ち着かないのは、日本人だからでしょうか(^_^;)。



いえいえ、それだけではないと思います。

外車に乗るということは、日本で他国の文化を堪能する事ですので、同じように考える方は、日本中に大変多くいらっしゃいます。でも言わない人が多いのも事実ですネ。

日本より安全規制が厳しいドイツでは、標準装備されているのですから、安全を買うVWユーザーが欲しくなるのは、当たり前なんでしょう。

ですので、こういった小さな物への対応を見ると

「ああ、VGJはちゃんと気付いてくれたのね」

と嬉しい気持ちになります。





さて、2枚の三角表示板がプロにより比較された例が無いのと、当方のカブリオにも必要だったので、購入したのですが・・・ほぼ同じと思っています。ただ、中のビニール部分の色は多少違っていたのですが、これも印刷発色の違いがあるので、何とも言えず・・・。個人的にドイツの友人にに聞いても回答が来てませんねぇ。(彼は寝てるのか?それとも新車開発中か?)



私もトゥーランには、トゥアレグ用を購入したので、複雑な心境でしたが、多くのワーゲンファンが喜んでくれればハッピーかなぁ~と素直に思っております。

VGJ担当者にアプローズ
 
 
 
情報、有効に使いました (funtouran)
2005-11-15 22:44:08
こんばんは。funtouranです。

先週「ワーニングトライアングル」注文して週末受け取りに行きました。注文の際「品番判りますか?」とのことでしたので、有効に活用しました。

「ワーニングトライアングルお願いします」曰く「あ~高速で使うやつですか?」高速だけじゃないけど「そうです」・・・ありがとうございました。
 
 
 
なによりです (H.Nakazawa)
2005-11-16 05:47:04
funtouranさま、書込みありがとうございます。

情報を活用していただけて何よりです!

ブログも拝見させていただきました



ちなみに、不運にも使われた際、必ず持ち帰る事を忘れずに!結構、高速などで、三角表示板の忘れ物が、多いそうです(体験者談)では!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。