goo

カフェと迷ってラーメン屋


茨城県に行く事があったので、
以前から行ってみたかった
カラフルなニュービートルが置いてある
ラーメン屋に寄ってみました。



外観は六色のニュービートルが目立って
中古車屋さんにも見えますが、
大真面目なラーメン屋さんでした。
それも科学調味料などの添加物や
かんすいも不使用!
お客さんも多い!
これは当たりかも。



店前で迷った挙句、
11月限定ラーメンの
「ペペロンシーオ」
中華とイタリアンが同時にやって来た感覚。
ピリ辛がイイ。



同行した幼馴染みは
人気で一押しの
「六色の野菜のつけ麺+レンコン」
をオーダー。



その色から、
ふざけていると思われそうですが
実際に食べてみると、かなり美味しい。



麺だけ食べていても、
それぞれの食材を感じて
十分満足できます。



麺は自家製で、
併設されている作業場で
毎日作っているという。
多くの食材を市内、県内から集めていて、
地消地産のオンパレード。



何でも濃ければ良い感覚の多いつけ麺の中、
とてもあっさりとしていて、
しかし深い味わいがありました。
それでいて、化学調味料の味がしない!



食べ終わったら、
昆布の出汁を入れて最後まで頂きます。
サンマ節やカツオ節の味を堪能。
好みで胡麻を入れてもGood。



女将さん(奥様)がサービスで出して下さった
コーヒーを飲みながら、見渡すと、
多くのお客様がお帰りになった後で
ゆっくり「六色ニュービートル」を
窓越しに鑑賞できました。



オーナーは、
小学生の頃から六色にこだわりがあり
色彩検定も取られていました。
(そんな検定があるんだ)



ニュービートルのカラーリングも
純正カラーから選んだのではなく、
ご自身でプラモデルで試作してから
自動車屋さんに頼んだそうです。



フロントのウインカーを見て分かる通り
この車は正規輸入のニュービートルターボをベースに
作られていて、内装色から推測するに
元色はシルバーだったらしい。
走行距離は、まだ4万キロ台。
車検も取っていて、普通に乗れるそうです。






電動リアスポイラーとデュアルマフラーがターボの証


元々、自転車がご趣味だそうで、
自転車仲間が多く訪れるとか。
ワーゲン仲間は来てない模様。
(ワーゲン乗り、集まれー)



化学調味料不使用で地消地産。
そしてこのカラーだから
東京で限定開店したら
食にウルサイ方から車好きまで
かなり流行りそうなお店ですが、
この土浦でさり気なく営業されているからこそ
貴重なお店なのかも知れません。

ご馳走様でした!

カフェと迷ってラーメン屋
土浦市大岩田1287-1
電話:090-8800-0546
営業時間:11:00~14:30/18:00~20:30 [木・日] 11:00~14:30
定休日:毎週月曜日

※因みに奥様はBMWミニのオーナーさんでした。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 登呂と言えば... フォルクスワ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (カフェと迷ってラーメン屋 柴沼政寛)
2022-11-24 21:17:45
先日はご来店ありがとうございました。
お話しできて
楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございました!!
 
 
 
柴沼政寛さま (H.Nakazawa)
2022-11-24 21:32:25
先日は、お忙しい中、それも突然の訪問でしたが、丁寧に対応して頂きありがとうございました。
あのあと車内では「おいしー」の連発でした。
横浜からラーメンを食べに行った甲斐がありました。
今後共、宜しくお願い致します。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。