goo

初レッカー


【88,900km+101,667km=190,567km】



逗子国際映画祭とやらに行き、気持ちよく食事をして・・・



帰りのコンビニで異変を感じて、
大量のペットボトルの水を購入するも
数ミリの管から漏れた水は止まらない。
ついにこの車で聞いたことも無いような
警告音と同時に水温警告ランプが点灯。
こうなると、停車するほかない。
目の前に見えるガソリンスタンドに停車。
保険会社に電話してレッカーを頼んでみた。



約20分でレッカー車が到着。(早っ)
丁寧なドライバーさんが、頻りと車重を気にしていたので、
キャンパーではないと説明すると、あれよあれよという間に、
電動ウインチでエルフの背中に乗せてくれました。



港北カスタマーセンターには連絡しておきましたが、
深夜に盗難があるといけないとのレッカー会社の計らいで
当日はレッカー会社の車庫で保管して頂き、
翌日、カスタマーセンターに運ばれる事に。



スタンドのオジサンも好意的で助かりました。



レッカーの後は、駅までの足を考えなければ。
スマホを見ると、逗子駅までは1キロ強らしい。
「仕方ない歩くか。電車なんて何年振りかなぁ」
とか思いながらカラヴェルを見送ると



タクシーが洗車してるじゃあーりませんか。
これで駅まで向かえます。
助手席の友人が交渉したら洗車後なら大丈夫とのこと。

~5分後~

ミッキー・カーチス風の運転手さんに呼ばれたので
横須賀線の逗子駅か京浜急行の新逗子駅のどちらが近いか
聞いてみると

「帰る方向次第ですよ。それより保険でレッカーでしょ。
タクシー代金も出るんじゃないですか?」

「!!!」

というわけで、仕事を終えた運転手さんは、
遠距離客を見つけ(助手席の友人宅は都内)
僕は乗り換えの煩わしさから解放されて
クラウンコンフォートの住人になりました。

タクシー料金の詳細を書くと、
逗葉新道近くから自宅のある港北ニュータウン
までは約13,000円、
そこから都内の友人宅まで高速料金込みで21,440円でした。
保険適用は2万円(免責1,000円)までなので、
約2,500円の出費で済みました。
そろそろ終電という時間でしたので本当に助かりました。

<問題はヒーターホース>


問題はユタカモータースさんで指摘されたヒーターホースからの
漏れでしたが、実際に崩壊したのは、指摘されたエア抜きバルブから
遥か下に位置するクーラントのリターン配管のプラ部分が
劣化して折れてしまい(折ってしまい)そこからドバドバ
漏れてしまったようです。



上の画像は問題のエア抜きバルブ。
今は真空式クーラント交換マシンがディーラーに配備されているので
このバルブを使わなくても作業が出来るとの事。
というか触れると壊れるのでアンタッチャブルな部品のようです。



今回交換した場所。
(化粧板を外して撮影)



ここから長い管を交換です。
エンジンとバルクヘッドの間の狭く細い場所ですので
メカニックさんは苦労された事でしょう。

<クーラント交換>


結構な量が流れ出た可能性と、
割れた部品の破片が入っていると困るので、
クーラントも交換して貰いました。
今回も劇的な冷却能力を誇るネオ社のアンチフリーズ。
カラヴェルのVR6は、市街地での放熱が酷いので
頼れる相棒です。



そして最近僕が愛用する同じくネオ社のキープクール。
60㏄を注入。これによりウォーターポンプの音が消え
温度の安定も出来るので、お守り以上の効果を感じます。

<右ドアロックアクチュエーター交換>


画像はありませんが、稼働しなくなった
右ドアロックアクチュエーターを交換しました。
コイツが曲者で、右側(運転席側)が故障すると
セーフティーが掛かり、昨年せっかく直した
リモコンドアロックが稼働しなくなるので、
一時的に面倒な状態でした。

今までに、リアスライドドア、左スライドドアを
交換しましたので、これで3か所目です。
リアハッチが壊れなければ良いなぁ。

保険会社のフォローもさることながら、
フォルクスワーゲンジャパンセールスで入っていた保険
(無理矢理入らされた保険がこんなに良いとは)
そしてカスタマーサービスセンターの皆さんのお陰で
本当に助かりました。
そして事前に問題を教えて下さったユタカモータースさん、
正規部品だと時間が間に合わないので空輸で優先的にフライト
させてくれたセイファーズさん、
本当に感謝感謝です。

<パーツ供給>
フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社
セイファーズ・東京本社

<作業工場>
フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社
港北カスタマーサービスセンター
〒224-0043 横浜市都筑区折本町65
TEL:045-474-9990
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 定期整備 オイル交換 »
 
コメント
 
 
 
21年目 (花貴)
2018-05-24 10:35:05
うちの車は、今年で21年目。そろそろあちこち心配ですが、空冷なので比較的壊れにくいかなあ。オイル漏れは追加しながらで走れるし、水漏れはない。バッテリーは、数年前にボッシュの高級品にしたら、充電を時々していれば、問題ないですね。いままで純正のドライ・バッテリーでしたが、概ね2年でNGでしたから、高価ではあるが、ボッシュは凄い。
 
 
 
花貴さまへ (H.Nakazawa)
2018-05-25 11:52:56
コメントありがとうございます。
電子部品が少ないと、本当にトラブルフリーですね。
それにドライバッテリーは更に長持ちしますね。アメリカの救急車は全てオプティマ製ドライバッテリーを搭載していましたが、日本の救急車はどうなんだろう? 
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。