goo

新型「T-Cross」


家族のためのコンパクト
SUV:新型「T-Cross」
ワールドプレミア、2018 年 10 月








概要

新型「T-Cross」:スタイリッシュで多用途なパートナー
フォルクスワーゲンの SUV ファミリーに、新しい仲間が加わりました。
新型「T-Cross」は、A0 セグメントでの多用途、実用的で、現代的なモデルに 仕上がっています。


主なハイライト 新型「T-Cross」のキーワード

・SUV ファミリーに追加された魅力的なモデル:新型「T-Cross」は、VW の SUV ファミリーをさらに拡大。

・個性的なキャラクター:力強いデザインと広範囲なカスタマイゼーションの 可能性を提供するクロスオーバーモデル。他の SUVファミリーとの明確な繋がりを示すデザイン。

・ユニークな多用途性:最高の柔軟性を実現する革新的なインテリア コンセプト。

・コンパクトながら本格的なボディ:「T-Roc」よりも 12cm 短い全長で ありながらも本格的な 4 ドア SUV。

・広々とした室内と高い積載能力:スライド式のリヤシート。 リヤシートの背もたれを折り畳むと最大 1,281ℓの積載スペースが出現。

・生活のあらゆるシーンで活躍:優れた柔軟性によりあらゆる日常ユースで 利用可能。

・高い安全性:上級セグメントに限定されていた多数のアシスタンスシステム。

・パワフルなエンジン:4 つのターボエンジン。 3 つのガソリンエンジン:70kW/95PS、85kW/115PS の1.0 TSI、 110kW/150PS の1.5 TSI。 1 つのディーゼル エンジン:70kW/95PS の1.6 TDI。

・魅力的な 3 つの装備ライン:「T-Cross」、「Life」、「Style」。 「Life」と「Style」は、デザインパッケージと R ラインパッケージを設定。

・広範囲な標準装備:ベーシック バージョンでも幅広い標準装備を設定。

・急成長を続けるコンパクトSUVセグメント:コンパクト SUV 市場は、今後10年で2倍になると予想。最大の成長市場:欧州、南米、中国。

・2モデルを共同生産:「T-Cross」は、スペイン・ナヴァラの VW工場でポロと一緒に生産。











概要
新型「T-Cross」
2018 年 10 月 ウォルフスブルグ/アムステルダム:

家族のためのコンパクト SUV、「T-Cross(T クロス)」は、急成長するコンパクト SUV セグメントにフォルクスワーゲン(以下:VW)が投入する実用的でスタイリッシ ュ、多用途なニューモデルです。洗練され、さまざまな用途に使えるこのクルマは、 VWブランドの他のSUV ファミリー同様、人目を惹くエクステリアデザインを特徴として います。カジュアルなスタイル、優れた実用性、手頃な価格を組み合わせたこの クルマは、移動のパートナーに対して最大の費用対効果を求めながらも、人生に 対する積極的な態度を、自信を持って表現したいと考えている若者や、いつ迄も 若々しい気持ちを忘れない人々に向けて開発されました。「T-Cross」の全長は、 「Polo(ポロ)」よりも 54mm 長い 4.11m、全高は 112mm 高い 1.56m です。 このカテゴリーの標準となるものを多く備えながら、全モデルが魅力的な価格設定に なっています。70kW/95PS のエンジンを搭載したエントリーグレードでも(ドイツ価格 €17,975)、利便性、安全性、コネクティビティに関して、実質的に必要なすべての 機能を備えています。さらに、カスタマイズの幅を広げる、さまざまな組み合わせや デザイン オプションが用意されています。

力強いグリルを備えた印象的なフロント:エクステリア
「T-Cross」は、一目見ただけで、SUV モデルならではの頑丈な印象を与えます。 印象的なフロントエンドは、ニューモデルの個性を主張しながらも、VW による SUV ファミリーの一員であることを強調しています。その他の特徴では、力強いボンネットと、 両サイドにヘッドライトが組み込まれた幅広いラジエーターグリルが挙げられます。 サイドビューでは、力強い外観を創出する、水平に設置された 2 本のキャラクター ラインが印象的です。これらのラインは、力強いショルダーを形成しながら、リヤへと 繋がっています。リヤエンドでは、この部分が横幅一杯に広がる帯状のリフレクターに なり、印象的な新しいデザイン要素になっています。このリフレクターは、「T-Cross」の 幅を視覚的に強調する、ブラックのトリムパネルに囲まれています。この新型 SUV の 全長は 4.11m で、「T-Roc(T ロック)」より約 12cm 短くなっています。しかし、 乗員は、4 枚の大きなドアを通して、簡単に乗り込めます。これは、フロントアクスル を車両前方に配置できる MQB(モジュラートランスバースマトリックス)の大きな 利点です。2.56m の長いホイールベースは、最大 5 人の乗員がゆったりと座れる、 広々とした室内の基盤となっています。ラゲージ容量は、385〜455ℓを確保しています。「T-Cross」は、スライド/折りたたみ式のリヤシートのおかげで、フラットな荷室 を備えた小型のバンに匹敵するスペースを生み出すことができます。その積載容量は、 最大で 1,281ℓに達します。

見晴らしの良いシート:インテリア
「T-Cross」は、優れた視界を提供します。その高い着座位置により、乗員は、 素晴らしい視界と車両の全周にわたる見晴らしを楽しむことができます。地上からの シート高は、運転席と助手席が 597mm、リヤシートが 652mm です。インテリアは とても広々としているため、乗員は、より大きなサイズのクルマに乗っているような感覚 を味わうことができます。さらに、さまざまな用途に合わせて、室内のレイアウトを変化 させることも可能です。その手順は迅速かつ簡単で、極めて高い柔軟性を備えて います。リヤシートは、前後に最大 14cm スライドできます。それによって、リヤシート 乗員の足元スペースを広げたり、荷室容量を拡大したりすることができます。リヤ シートの背もたれは、60:40 に分割可能で、完全に倒すことも、部分的に倒すことも できます。オプションで、背もたれを折りたたむことができる助手席を装着すれば、 分割可倒式リヤシートと組み合わせて、とても長い荷物を積載することもできます。 広々としたダッシュパッドは、シート素材や、ステアリングホイールのスポーク(スポーク 部分の装飾パッド)、塗装仕上げのセンターコンソール、プラチナグレーのトリム カラーやエクステリアカラーとコーディネイトされています。これにより、スタイリッシュで スポーティなインテリが生み出されています。さらに「Life」および「Style」の装備ライン で選択可能なデザインパッケージには、ダッシュパッドの 3D 仕上げ、ツートーンシート、 エクステリアカラーに合わせたステアリングホイールのスポーク(同上)とセンター コンソール、そして、ドアミラーとホイールが装備されます。このパッケージでは、ブラック、 エナジェティックオレンジ、バンブーガーデンのカラーを選択することができます。また、 間接照明のアンビエントライトは、インテリアをさらに魅力的に照らし出します。 すべてのドアはパワーウィンドーで、運転席には高さ調整機能が標準装備されます。

パワフルで経済的:
ターボチャージャー エンジン 「T-Cross」の発売時には、俊敏で経済的な走りを実現する 4 つのターボエンジンが 用意されます。ガソリン粒子フィルターを装着した 2 つの 1.0 TSI 3 気筒ガソリン エンジンは、70kW/95PS または 85kW/115PS を発生。1.5 TSI 4 気筒エンジンの 最高出力は 110kW/150PS です。さらに、70kW/95PS の 1.6 TDI 4 気筒エンジン を加えて、ラインナップが完成します。すべてのエンジンは、最新の Euro 6D-TEMP 排ガス基準に適合しています。エンジンに応じて、5 速/6 速マニュアルギヤボックス または 7 速 DSG がフロントアクスルにパワーを伝達します(FF)。

安全をサポート:
アシスタンス システム プレミアムセグメントのアシスタンスシステム:「T-Cross」には、これまでにより上位の セグメントにしか搭載されていなかった安全システムを沢山装備し、このセグメントで もっとも安全なクルマの 1 つに仕上がっています。「T-Cross」は優れた衝突安全性と 乗員保護機能に加え、衝突のリスクを減らし、快適性を高める広範囲な運転支援 システムを搭載しています。標準装備には、歩行者モニタリング機能と シティエマージェンシーブレーキを備えた“Front Assist”(フロント アシスト)周辺 モニタリングシステム、“Lane Assist”(レーンアシスト)車線逸脱警告システム、 “Hill Start Assist”(ヒル スタートアシスト)坂道発進アシスト、予測乗員保護 システム、駐車およびステアリング操作アシストを組込んだ“Blind Spot Detection” (ブラインドスポットディテクション)車線変更アシストシステムが含まれています。 “Driver Alert System”(ドライバーアラートシステム)、アダプティブ クルーズコント ロール ACC、“Park Assist”(パークアシスト)もオプション設定されています。

直感的な操作:
コネクティビティ 「T-Cross」は、最高レベルのネットワーク機能とコネクティビティを提供します。搭載 する各機能の操作とカスタマイズは、直感的に行えます。最大 4 つの USB ポートと ワイヤレス充電機能により、スマートフォンに最適なコネクティビティと十分な電源を 確保しました。オプションの“Keyless Access“(キーレスアクセス)ロック&スタート システムを選択すると、「T-Cross」へのアクセスがより便利になります。また、“Light Assist”(ライトアシスト)を装備すれば、対向車が近づいた際、自動でハイビーム を切り替えます。オプション装備でのもう一つのハイライトは、有名な米国のビーツ サウンドシステムです。このシステムは、300ワットの出力と8チャンネルのアンプを備え、ラゲージルームにサブウーファーを搭載しています。

仕様パッケージ
追加装備とパッケージ。「T-Cross」は、さまざまな追加装備と、いくつかの魅力的な パッケージを使用してカスタマイズ/アップグレードできます。ベースグレードには、 オンボードコンピューター、ラジオ、スライド式リヤシート、高さ調整式運転席、 スピードリミッター、歩行者保護システムが標準装備しています。 2 番目のグレードは「Life」で、上記の機能に加え、マルチファンクションステアリング ホイール、フロント&リヤの“Park Distance Control”(パークディスタンスコント ロール)、エアコンディショナー、高さ調整式助手席、助手席下の引き出し式小物 入れ、16 インチアルミホイールが追加されます。 3 番目のグレードが「Style」です。「Style」には LED ヘッドライト、マルチファンクションレザーステアリングホイール、フロントのスポーツ/コンフォートシート、アンビエントライト、 クリマトロニック、1 インチ アルミホイールが装備されます。 さらに、「Life」と「Style」と組合わせ可能なデザインパッケージも提供しています。 このパッケージには 3 色の専用ファブリック「ダイアグニュートラル」、「ダイアグオレンジ」、 「ダイアグターコイズ」 のシートカバーが含まれます。この 2 グレードには、エクステリアと インテリアの R ライン パッケージも用意されています。













注記: 本プレスリリースに記載されているモデルの装備仕様および技術データは、ドイツで販売されているモデルのものです。他の国々では、仕様が 異なる場合があります。
本プレスリリースに記載されているすべての性能仕様、燃料消費量、CO2排出量は、正式な型式認証値(2018 年10 月時点)に従った推定値です。
1=本モデルはまだ販売されていないため、(燃料消費量および CO2 排出量などの情報提示を義務付けている)EC 指令1999/94 は 適用されません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 箱根で朝風呂 プロジェクト ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。