ナジャハウス スタッフブログ

フラメンコ衣装制作・レンタルの「ナジャハウス」のスタッフブログです。

コラボ企画 シン・エヴァンゲリオンを踊る!その1

2021年10月26日 | メルマガ

立川です。

世の中が動き出してきました。

ナジャハウスも今はバタデコーラの制作でバタバタしていて

さらにパソコンが寿命を迎え、動かなくなったりと

ブログを書く時間もありませんでした。(言い訳)

さて、

今回はフラメンコダンサーの永田健さんとのコラボ企画となります

永田さんの踊りは正統派であり

スマートでクールな印象を与えますが実際はフラメンコという枠にこだわらない

自由で好奇心に満ちたエネルギッシュな人で私にとっても興味深いダンサーです。

 

元々はガチガチのエリートサラリーマンからまさかのフラメンコダンサーになるまでの

葛藤の日々を綴った本も出版しているので是非読んでみてください。

https://read.amazon.co.jp/litb/B096419C24?f=2&l=ja_JP&rid=TR1CW6QN2SVGW0B57FDH&sid=358-5739916-6011611&cid=AQXMAE1JXNZ8F&ref_=litb_m

 

安定を捨てて不安定で未知な世界に飛び込む瞬間ってバンジージャンプみたいですよね。

怖くて怖くて足がすくみ、震えてしまいますが、飛んでしまえば、

ちゃんと生きているし、勇気を出した自分に誇りと達成感さえ感じます。

勇気と元気をもらえる本です。

 

さて、そんな永田さんとのコラボですが、

以前webのコンクールで永田さんがエヴァンゲリオンの音源を使って創作していた

ダンスが素晴らしく、ナジャハウス賞として、衣装を提供することになりました。

そしてそれを着て、私のイメージする映像を作っていただくという

完全遊び感覚のコラボが成立したのです。

永田さんが提案してきた楽曲はシン・エヴァンゲリオンの戦闘曲で

かなり重厚感あり、カジュアルな衣装では釣り合わないと判断して

衣装もできるだけ重厚感だしました。

 こちらは仮縫い風景となります。

遊びといっても衣装は本気モードでしっかり作り上げ、

永田さんも本気モードで素晴らしい映像を作り上げてくださいました。

撮影場所はホテル全体が美術館と称される和歌山の高級感ある「ホテル川久」

まるでお城のようですね。

http://www.hotel-kawakyu.jp

 

その広々としたエントランスは宮殿のようで、その空間を独り占めして踊る様は

まるで独裁者のような風格さえ感じました。

 

本日はそんな映像ができるまでの簡単なストーリーを2本の動画に

まとめてみたのでみたのでご覧下さい。

衣装が出来上がるまでと、和歌山の「ホテル川久」での

フラメンコ本番映像の二本立を

今日と明日に分けてお届けいたします。

 

本日の動画は衣装仮縫いシーンとなります。

 

それでは明日の本番映像もお楽しみに!立川でした!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする