アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

NHKスピリチュアルジャパン 坐禅

2019-10-17 05:34:28 | 丹田禅(冥想法8)
◎理屈ではなく体験、言葉では説明できない

NHKスピリチュアルジャパン 坐禅という番組を拝見した。

3人の日本語の流暢な外国人男女が、臨済宗円覚寺と曹洞宗総持寺などをめぐって、坐禅もし、禅とは何かも問うて見せるという趣向。

3人の外国人は日本語が上手いわりに禅のことは知らないし、坐ったこともない。これは、日本人が同じ立場で出て来ても同じだろうと思った。

若干の禅についての質問が出るのだが、坊さんの回答は、禅は理屈ではなく自分で体験するもの、言葉では説明できないというのはよいが、「心が落ち着く」などと言ってみせるものなのだろうか、とは思った。

坊さんが、禅の坐る姿勢は最高の技術だみたいな評価をしていたのは、門外漢にも訴えるものがあるかもしれないなどと思った。禅には何かあるかもしれないと思うもの。

円覚寺の坊さんが、鈴木大拙の無という字の掛け軸を出して、これは無だが、何もないという意味ではなくすべてという意味だというような説明をしていたのは面白かった。

無字の公案をもらってムームーとやらされれば、無字が何もない無のことなのだろうかと疑うもの。

十牛図第八図は一円相だが、それは無だが、どういう無かは日常感覚にはない。十牛図では、全体のシンボルは牛であり、牛は太母で、諸行無常で色即是空の色全体のことだが、牛は修行者が乗ったり一体化するので、個なる牛とか、個なる本来の自己とか、個であることを思わせぶるので、個と誤解しやいすいが、牛は個ではなく全体のことである。

第三図で牛のしっぽを見るとは、そのことか。禅に取り組むということは人生を卒業しましょう、輪廻転生を卒業しましょうということではある。平たく見れば、肉体死では卒業できないことを見聞きするものだから。

コメント   この記事についてブログを書く
« 念仏は行者のためには非行非... | トップ | 笑いと覚醒 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

丹田禅(冥想法8)」カテゴリの最新記事