アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

慧命経の出神-2

2007-04-21 06:29:55 | 道教
◎魂の成熟と離脱テク

人が初めて肉体を出る時は、どんな大物覚者でも驚くもののようだ。そうした驚きはOSHOも、ドン・ファン・マットゥスも率直に表明している。以下は慧命経の肉体離脱の説明。

『法身が出定して、凡体を離脱したなら、最初はすぐに泥丸に帰ってくるようにする。その後、まる七日間、さらにこれを養い育て、そしてまた出定する。最初の出定の際、仏祖や菩薩の姿や、美しげな情景が見えてくることがあるのだが、この時、決してこれらに心をとめてはならない。

これらは魔の変化したものであり、もしそれらに心を奪われると、魔の虜になり、魔の誘いのまま自己の帰るべき所を見失ってしまう。

これでは寂に帰すといえども、仏果はいまだ果たせず、自立して存在することができないため、必ず後世において再び生まれ変わることになる。必ず九地から十地を修し、更に十一等覚にまで修し、無色界を越える程まで心境を高めておく必要がある。

また初めて出定する際、肉体から3~5尺程まで出るようにし、驚いたり恐れたりしてはならない。やがて車輪のような一つの金光が現れるのを待ち、念をもって〔意識的に〕その光の中に入り、性の中に収め入れる。

〔肉体に帰ってくる。〕
これが形を変えるための微妙な基本方法である。』
(慧命経/柳華陽/たにぐち書店から引用)

※泥丸:サハスラーラ・チャクラ

※仏教の修行者(菩薩)は、十信、十住、十行、十回向、十地、等覚、妙覚の合計52段階の修行をする必要があるが、九地は49番目、十地は50番目、等覚は51番目の境地。等覚は、仏の正しいさとりに等しいさとり。

※「性の中に収め入れる」の「性」は心・精神を一般には指す。

肉体を出ると魔がお待ちかねであるので、それにかかわってはならないとしているが、逆に魔に関心を払いまくるのがモンロー研究所ということになろうか。拳銃と防弾チョッキの完全武装が当たり前の街に、丸腰で登場してはならないということでしょう。

そこで必要な拳銃と防弾チョッキにあたるものが、無色界を越える程の心境であり、無色界を越えるとは、欲界・色界・無色界の三界という、物質世界も精神現象の世界も超えた人間を超えた心境である。これには冥想修行を通じた魂の熟成が必要である。

このトリップの表現では、アストラル体レベルの出神なのかそうではないのかを確定することはむずかしいが、頭頂から出るので、メンタル体レベルなのだろう。また車輪のような一つの金光が何を意味するのか、つまりアートマ光の輪か、コーザル体なのか、それ以外の何かなのかは、わからない。


    1日1善。1日1クリ。

出胎図


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 慧命経の出神-1 | トップ | 霊界知識と呼吸と想念コント... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アドバイスありがとうございました (みうです)
2007-04-22 01:06:45
学校の友達から、メールが届いて、私とお話ししたくないので、もう話しかけないで下さいと言う内容をもらったのですが30代にもなって人に嫌われるのにも慣れたのですが、あまりにストレートで衝撃的だったのですが、こんな日常も有るかぁなどと思い、自分の世界を見つめる方が、私が安定すると思い、座っています。このblogのような世界観は、ありませんが、少しずつはじめたいと思います
みう殿へ (湖南)
2007-04-22 07:49:03
すわることで、まともな感じ、正しい感じ、爽やかな感じなど、ポジティブなものを感じることから始めることになるのだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

道教」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事