アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

通俗人間性からのジャンプのアウトライン

2013-04-19 05:39:09 | シャンバラ
◎天の露あるいは天の精気

人間は、動物からの生物学的ジャンプという形で、動物的な自意識を離脱して、想念・思考機能を有する知情意から成る自意識、そして7つの意識レベルを展望できる自意識を獲得した。

この革命的飛躍と同様に、人間の覚醒というのは、7つの意識レベルからなる統合された人間としての自意識にあって、ニルヴァーナという超意識の高みと深淵とを生きることであり、日夜情けない自分に悩み苦しむ通俗人間の生業のことではない。


天の露あるいは天の精気-3(タロット・カード)

修行の結果に個人差 (二重の不確実性)

誠実に生きる(大いなる禁欲)

2012年の終わり(既成宗教と精神操作)

アストラル人間にも救いはない(非論理的説明、非論理的垂直ジャンプ)


願望⇒実現⇒自我膨張(ホロスコープの水平展開から垂直ジャンプ)

アセンションと人間のカルマ(必滅と不滅&ジャンプ・アップ)

アヤワスカ-1 (現実からのジャンプアウト)

ゾシモスのクンダリーニ(手に剣をもって探せ)

タントラの現実(谷体験)

Googleは世界をググれなかった!(Google秘録)

OSHOの誕生日(あなたはブラフマンの夢 そしてあなたは私自身)

自我の結晶化と第五身体(願望実現と謙虚さ)

でっちあげ (真理のかけら)

神に貫通される (自分が悟る覚悟の時代)

百万遍 (虚空蔵菩薩のマントラ)

7.悟りの実現可能性 (二重の不確実性)

典型的な素人(しろうと)考え (自分がどうか)

アマゾンの口噛み酒 (外丹の心得)

モンローのアストラル・トリップ (楽しいだけでは)

恐怖があるから冥想しない (飛び込んでいく)

チョコレートをあてにお酒でも (カカオはカフェインの豆)

豊臣家と徳川家 (東西と南北)

七日間で悟りを得る-1 (リフレッシュ&トライ)
七日間で悟りを得る-2(定力で推し詰める)
七日間で悟りを得る-3(現成公案)

クンダリーニとウパニシャッド-7(管の中を動く風-3)

シロシベ-1 (呪術師マリア・サビナ)

クンダリーニ覚醒のプロセス-6(クンダリーニの覚醒-3)

ソーマ・ヨーガ(薬物冥想)-1 (概観)

意識の裂け目 (意識の裂け目 )


コメント   この記事についてブログを書く
« 本山博の神様とのコンタクト | トップ | 肉体のアウトライン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シャンバラ」カテゴリの最新記事