アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

クンダリーニ覚醒のプロセス-9

2005-05-28 11:45:59 | クンダリーニ・ヨーガ
◎クンダリーニ覚醒-7

ユーミンの「時を駆ける少女」に
『時を駆ける少女 愛は輝く舟 過去も未来も星座も越えるから 抱きとめて』という歌詞があります。(古いですかね?)
ここは死の世界のまっ只中ですが、コーザル体で肉体を抜け出して、過去も未来も星座も越えて上昇していくパートです。

ここでは多分パドマ・アサナ(蓮華坐)の格好で、ずーっと上昇していく。でもこれは、死の世界の話なので、巷間でいう空中浮揚や、アストラル・トリップ(アストラル体)であっちこっち旅行することとは、全く性質の違う出来事です。

クンダリーニが、過去・現在・未来を含む現象世界を越えて、異次元を上昇することは、絶対なる宇宙意識に目覚め、回帰していくことなのです。

9.コーザル体の離脱

⑴頭頂から肉体を離脱する。
メンタル体意識は消滅する。
⑶コーザル体は6つの次元を越えて、中心太陽に向かって上昇していく。
コーザル体は、最後の個人性・個別性を残してはいるが、完全な透明な光明意識である。つまり自分と他人が違う世界は、コーザル体までだけど、コーザル体には、何の苦しみや悩みなど何の問題もない状態だってこと。

そういった何の問題もない状態にも別れを告げて、更に人間を超えた神の世界へと上昇を続ける。

※頭頂に意識があった時には、白銀色であったクンダリーニは金色となる。

《それから私は、頭のてっぺんから肉体を離脱した。
そして、一直線に金色の光線となって六つの次元を通過した。
あらゆる存在形式、あらゆる宇宙、あらゆる生命形体を包含するところの霊的次元である。

私はすべてを見た。
それは、私の最初にして最後の個別性であった。》
(ダンテス・ダイジ/ニルヴァーナのプロセスとテクニック)

人気blogランキング精神世界 ランキング目次
    1日1善。1日1クリ。


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« クンダリーニ覚醒のプロセス-8 | トップ | クンダリーニ覚醒のプロセス-10 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (赤い風船)
2005-05-29 18:37:06
トラバありがとうございました♪

アヴァンギャルド精神世界さんのページは、いつもすてきな写真でわかりやすいです。
赤い風船殿へ (湖南)
2005-05-30 04:31:23
コメント&TBありがとうございました。



ここはビジュアルにできていますが、実際はこんなものではなく、もっと迫力のある、神秘そのものに圧倒されるほどの有り様だと思います。

これからもよろしくお願い致します。
過去、現在、未来、空間 (JULE)
2005-06-01 06:58:20
湖南さん、こんにちは。



大変興味深く拝見させていただいています。



私も今年からヨガを本格的に始めました。



魂の旅に興味があり様々な方向から探っていくうちに、自分なりにおぼろげなビジョンが出来上がったのですが、それは、実は過去、現在、未来、そして空間それらがすべて一体混合となって存在しているのではないか、ということです。



この場をお借りして論理的な根拠を示すとなると、とても長くなってしまいますので差しひかえますが、いずれまとまったらブログに書こうと思っています。



これからもどうぞよろしくお願いします。
ユーミンと精神世界とワーズワースの詩 (minato)
2005-06-01 09:03:29
TBありがとうございます。最近、思っていたことと合わせて記事にさせていただき、ご紹介させていただきました。覚醒のプロセス読んでいると、身体が活性化していくような気分になれて心地よいです。
JULE殿へ (湖南)
2005-06-01 19:46:15
コメントありがとうございました。





実は過去、現在、未来、そして空間それらがすべて一体混合となって存在しているのではないか>



という実感は、他人に説明するとなると、用語の問題もあってなかなか大変なことだと思います。



私もここで、似たようなことにトライしている訳ですが、わかりにくいという反応が多く苦労しています。

でもせっかくブログを作っていらっしゃることですから、じっくり取り組まれてはいかがでしょうか。

よろしくお願いいたします。

minato殿へ (湖南)
2005-06-01 19:53:28
ワーズワースの>>

肉体の衣のうしろに 栄光の雲をたなびかせて 我々は神のみもとの故郷より やってくるのだ>>



ってすごく颯爽とした気分になりますね。

弊ブログをわざわざご紹介ありがとうございました。



今の時代は、そういう颯爽としたものが全然評価されなかったり、ないがしろにされることが余りにも多すぎる時代です。



気負いなく、そういった気持になれる時代になって欲しいと思っています。



クンダリーニ覚醒とオーラの関係 (hish)
2006-04-15 10:02:16
頭の上の金のオーラというのはクンダリーニ覚醒をしているということを示しているのでしょうか。。
hish殿へ (湖南)
2006-04-15 21:27:54
それについて、あらゆるバリエーションを知っているわけではありませんので、よくわかりません。
こんにちは。 (茶こしの記憶)
2006-04-23 11:03:27
昨22日、ご訪問有難うございました。



記事をぼちぼち拝読しつつ、リンクを辿って

戻れなくなってしまったり、迷宮のようです。



テーマ自体は、自分に遠いものが多いのですが、

来場の皆さんと交わされる穏やかなコメントの

中に注目したりしています。
茶こしの記憶殿へ (湖南)
2006-04-23 16:18:36
コメントありがとうございました。



いまだに精神世界系はマイナーですので、ご来訪いただくだけでありがたく思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クンダリーニ・ヨーガ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事