アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

OSHOバグワンのアウトライン

2013-04-11 05:59:28 | シャンバラ
◎一定数の覚者を冥想コミューンで創る

バグワン・シュリ・ラジニーシは、何生にもわたりクンダリーニ・ヨーガを修してきた、ベテラン・ヨーギ。

この転生では、インドのプーナやアメリカのオレゴンに大規模な宗教コミューンを建設した。その教えはクンダリーニ・ヨーガを中心とした教えであって、晩年は禅を推したが、結局教えの焦点がさだまらないまま終わったような印象を受ける。

しかしながら七つの身体、七つの次元について具体的なまともな説明を残したのは空前のことであった。アメリカ官憲に毒を盛られたり、世界各国から入国拒否されたりして、晩年は不遇であったように想像する。

OSHOバグワンの事跡としては、宗教コミューンによる世界の進化にトライしたこと。
残念ながら、現代の組織宗教がはまる資金濫用と組織内の規律の乱れという落とし穴からそのコミューンも結局抜け出せなかったが、その社会通念を打破し、固定観念を払拭するという動きの影響は、世界中に熾火のように続いている。

この時代には、彼のオープンにした七つの身体論でもって世界を操作するという人々が続々と出現するというところまでは至らないだろうが、霊がかりを完全に払拭した形で、人間の更なる可能性への糸口を与えたという功績は評価してもし過ぎることはない。

OSHOバグワンとダンテス・ダイジのリンクは、、ダンテス・ダイジの命日が12月11日で、OSHOバグワンの誕生日が12月11日であるところにある。



日本のソフトランディングと金(OSHOバグワン来日せず)

狂人ノート=和尚バグワン(何百万ものブッダ)

狂人ノート-2=和尚バグワン(転生の終焉)

瞑想とはなにか (バグワン(OSHO)の見解)

和尚バグワンの高弟(群衆に誤解され続けた二十五年)

マンションの高層階に暮らす (OSHOが木の上で冥想)

OSHOも木から落ちる (霊魂は肉体と別にあり)

OSHOの死の見方 (肉体の死と自我の死)

OSHOの前世と今生 (いきなりニヒルな人生展開)
OSHOの中有 (中有と夢)

OSHOの悟後 (長き沈黙)
OSHOとクリシュナムルティ (入国拒否など)

OSHOのヴィパッサナー-1 (想念と行動の意識化)
OSHOのヴィパッサナー-2(出入する腹への気づき)
OSHOのヴィパッサナー-3(入息出息を鼻の先で見守る)
OSHOのヴィパッサナー-4(取扱注意が必要な呼吸覚醒)

OSHOの誕生日(あなたはブラフマンの夢 そしてあなたは私自身)

OSHOの暗夜-1 (OSHOをしのぶ)
OSHOの暗夜-2(OSHOの暗夜)
OSHOの光明-1 (光明の始まり)
OSHOの光明-2(光明)

OSHOの9種の意識 (顕在意識の上方)

OSHOの自我の壊し方 (意志の道もあり)

OSHOが毒を盛られた事件 (OSHO流というもの)

OSHOの血脈(毒を飲まされて去る)

OSHO没後20年 (新瞑想法入門)

OSHOの禅指導 (自己の存在の中心)

OSHOの高弟の死 (肉体へ帰還せず)
OSHOの父の死 (死の恐怖からの解放)

禅者OSHO (枯淡ではない教え方)

OSHOのトランスの見方 (脱魂癖と自己催眠脱魂)

4.悟りの効果-3(身心脱落の効果-OSHO-1)
4.悟りの効果-4(身心脱落の効果-OSHO-2)

神秘家はみずから進んで死ぬ(過去を死なせて現在を生きる)

回光とヨーガの違い(行為を通して無為に到る)

カルマ理論には穴がある(地獄なこの世)

愛する者との出会いは、別の生で顛倒す(釈迦は釈迦、自分は自分)

ブッダの骸骨-1(時は来た)
ブッダの骸骨-2(悟るに必要なものは、すべてあなたに備わっている)

催眠術と冥想-1(絶えず意識の中に保たれた想念は人を変容させる)
催眠術と冥想-2(催眠術とオープンマインド)



コメント (3)   この記事についてブログを書く
« クリシュナムルティのアウト... | トップ | 釈迦のアウトライン »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひろぼう)
2013-04-12 01:13:32
ダンテスさんが意図的にその日に合わせて自死されたのでしょうか?
ひろぼう殿へ (湖南)
2013-04-12 05:54:17
ダンテス・ダイジの直弟子渡辺さんのHP
http://www5a.biglobe.ne.jp/~scl/medi.htm#ダンテス・ダイジについて

を見ても自死なんてことは書いてません。

それはさておき、どの覚醒も自分が死ななければならないのです。

出口王仁三郎も6回死にましたと自分で言ってます。

Unknown (ひろぼう)
2013-04-13 00:51:30
こちらで知り、興味を持ちネットで検索したらガス自殺されたと出たので質問してしまいました。ご紹介のHPをチェックしますね。ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シャンバラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事