アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

クンダリーニ覚醒のプロセス-10

2005-05-29 07:48:32 | クンダリーニ・ヨーガ
◎クンダリーニ覚醒-8

10.中心太陽への接近

クリシュナムルティの中心太陽(神、仏、タオ、宇宙意識)への接近体験は、こんな感じです。

『勧められるままに木の下に行き、私はそこで座禅を 組んだ。そのようにしていると、私は自分が肉体を離れ出るのを感じた。私は若葉の下に坐っている自分を見た。私の身体は東を向いていた。私 の前には自分の肉体があり、頭上にはきらきらと輝く美しい「星」が見えた。』
(クリシュナムルティの世界/大野純一)

クリシュナムルティは、神を「無上の垂直道」の遠くの方から見た。だから、太陽ではなく、「星」として見えたのだと思う。そういう見え方をするケースは他にもある。

ただクリシュナムルティの悟境は、瞑想録などを読む限り、クンダリーニ・ヨーガによる中心太陽への合一ではなく、只管打坐による身心脱落の実感を語っており、窮極(空、宇宙意識)を体験していることには間違いない。
そしてクリシュナムルティは、クンダリーニ・ヨーガによる段階的な進歩よりは、むしろ直接現実そのものに融合する身心脱落を勧めている。

なおクリシュナムルティは、この「星」の体験後、ブッダのバイブレーションを感じたと言っている。

人気blogランキング精神世界 ランキング目次
    1日1善。1日1クリ。


コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« クンダリーニ覚醒のプロセス-9 | トップ | クンダリーニ覚醒のプロセス-11 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ワンダー赤い風船)
2005-05-29 18:19:49
すてきな写真ですね。セントラルサンとも言われる中心ですよね♪
ワンダー赤い風船殿へ (湖南)
2005-05-30 04:23:39
コメント&TBありがとうございました。



写真というよりも、素人の思いつきのへたな挿絵です。

わかり易さを主眼にとは考えています。
太陽大好きです。 (きときとさん)
2005-07-17 11:24:35
私は精神世界の詳しい知識はないのですが、太陽が神様だと思っています。

できるだけ、朝日をみつめるようにしています。



朝日を見つめると、なにかが目から入ってくるのです。

メッセージだと思っていますが。



夕日もみています。夕日からも、なにかが流れてきます。



太陽はやはり神様だと思うなあ。



きときとさん殿へ (湖南)
2005-07-17 22:06:14
コメントありがとうございました。



何か正しい感じのものが、流れてきていらっしゃるのであれば、結構なことだと思います。

よろしくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クンダリーニ・ヨーガ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

女性は太陽だった (ワンダー赤い風船)
女性は太陽だった今までの女性性をクリアできていれば、2012年からはその役割も変わってくるのかもしれない。古来、なぜ女性は太陽だと言われ続けてきたのか、その理由に迫る前に、元気のワンクリックお願いね。人気ブログランキング父方の祖母も私の母も、にぎやかで明る...