アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

クリシュナムルティのアウトライン

2013-04-10 05:54:39 | シャンバラ
◎何か完璧に清廉であるもの

ジッドゥ・クリシュナムルティは、理性に訴えかけて、個々人の世界認知の方法が身心脱落の境地からみていかにずれているかを繰り返して講演することで、世界の進歩を狙った。

ただし、クリシュナムルティのその境地が只管打坐的なものであったにもかかわらず、特定の坐法に依る冥想手法を説くことはなかった。

そのため、彼の説く境地が誰の頭にも真正なものであることは理解できても、どうすればその境地に到達できるかは想像もつかなかった。

特定の冥想を進めなかったやり口は、必ずしも成功しなかったように見える。それを意識してダンテス・ダイジの著書「ニルヴァーナのプロセスとテクニック」の巻頭に『―――恐らくは、現代の最高最大の救世主であるJ.クリシュナムーティの教えが、正しく聞きいれられるならば、この書を世に出す必要はないであろうに』
という言葉が残されている。これがクリシュナムルティとダンテス・ダイジのリンクである。

クリシュナムルティは、当初は、リードビーターやペザント夫人によって、マイトレーヤー(弥勒)の乗り物になるべく訓練されていったが、結局決別した。彼の人生の初期は依り代としての生き方を強いられたが、その部分を放棄したのは、地球ロゴスの霊がかり脱却の動きに呼応したものと言えよう。


クリシュナムーティの死 (内的な死)

象徴できるものはない (クリシュナムーティの冥想手法)

反復による平静 (クリシュナムーティの只管打坐の勧め)

クリシュナムルティの究極 (彼自身の消失)

クリシュナムルティの意義 (それは成功したのか)

エクソシストなクリシュナムルティ (元の黙阿弥)

クリシュナムルティの善 (善だけの世界から)

クリシュナムルティの権威に従わないこと (自分に直面する)

たぶんそれは起こる-1 (クリシュナムルティの見たそれ)

たぶんそれは起こる-2(クリシュナムルティの冥想不要論)

クリシュナムルティと無為 (老子との類似)

クリシュナムルティの一日 (朝の起き抜け)

只管打坐の7ステップ-1(クリシュナムルティ冥想の5つのフェーズ )
クリシュナムルティの最期 (誰もわかってくれない)
クリシュナムルティも人の子 (虚栄心)
文庫本片手のクリシュナムルティ (一人の食事は退屈)

クリシュナムルティと只管打坐 (欲望の極大化と冥想)
クリシュナムルティの憑依 (何も覚えていない)

クリシュナムルティの弟の死 (並立する自分)
リードビーターがクリシュナムルティをひっぱたく (神人の卵の学校への適応)

クリシュナムルティが苦行者に出会う (力の意識)

クリシュナムルティの末期の一句 (坐禅をしない公案禅みたいな)

誰にも教わることのできない瞑想(クリシュナムルティの今ここ)

クリシュナムルティが潔癖性だったこと(聖者の弁別)

クリシュナムルティの「御身」(沈黙のローブ)

神智学とクリシュナムルティ (脱チャネリング)

2.悟りとは何か-4(只管打坐系-2.クリシュナムルティ)

4.悟りの効果-5(クリシュナムルティの効果)

覚醒して世界が変わる-10(クリシュナムルティ-1)
覚醒して世界が変わる-11(クリシュナムルティ-2)
覚醒して世界が変わる-12(クリシュナムルティ-3)
覚醒して世界が変わる-13(クリシュナムルティ-4)

クリシュナムルティを霊媒にする実験 (時代遅れのやり方)

クリシュナムルティのご神業 (ご神業の評価)

OSHOとクリシュナムルティ (入国拒否など)







コメント   この記事についてブログを書く
« ダンテス・ダイジのアウトライン | トップ | OSHOバグワンのアウトライン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シャンバラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事