アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

輪廻転生を否定する宗教

2018-05-22 03:44:54 | エクスタシス 夢の夢なる
◎キリスト教とユダヤ教

キリスト教にもユダヤ教にも転生はなく、人は、死後、天国か地獄か煉獄に進み再生しない。これは、まさにマンツーマン輪廻を否定する宗教である。

あらゆる人種、あらゆる宗教信者が結婚しているこの時代に、それは本当なのだろうか。結婚の組み合わせによっては、片方が輪廻転生し、もう片方が輪廻転生しないなんてことがあるのだろうか。

こうした輪廻転生を否定する宗教があることそのものが、マンツーマン輪廻への大きな疑義となる。

煉獄は、天国には行けなかったが地獄にも墜ちなかった人の行く中間的なところ。

輪廻転生のない世界観は、世の終わり、最後の審判とワンセットになる。

この輪廻転生がないことと最後の審判がワンセットであるというのは、大悟覚醒の際の自我の死において、あらゆる宇宙が死ぬということを世の終わり、最後の審判と表現したと見れる。

つまり、実際に起きることは同じだが、表現の仕方が、「世の終わり」か「あらゆる宇宙の死」と異なるだけとも考えられないこともない。

◎エクスタシス 夢の夢-33
◎現代文明あるいは現代人のウィークポイント-22
◎マンツーマン輪廻への疑義-1

コメント   この記事についてブログを書く
« 転生活仏制度の今昔 | トップ | キリスト教の最後の審判 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エクスタシス 夢の夢なる」カテゴリの最新記事