アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

釈迦が罵られた時

2018-08-21 05:30:29 | 冥想アヴァンギャルド
◎それを受け取らない

サンユッタ・ニカーヤでは、釈迦が罵られた場面がいくつか出てくる。

そもそも罵られても罵られる原因がない釈迦ではあるが、それを耐え忍び、反撃せず諭す釈迦という面が出てくる。
(ブッダ 悪魔との対話 /岩波文庫P129-133)

これは不愉快だが、受け流すというどちらかというと人格の練られ具合の話。これは大悟覚醒とは何の関係もない側面の話である。罵られても決して傷つくことのない自分を承知しているし、他方聖者も泣き悲しみもすれば怒りもする。

さて罵った相手を諭すといっても、縁なき衆生は度し難しであり、釈迦といえどもどんなクレーマーをも改心させることなどできない。

非のない相手を罵るような手合いにその罵詈雑言は、釈迦が受け取らなければ自分に返ってくると諭すのだが、わかってくれるのかどうか。

この辺の議論は、やや本質とはズレた議論ではある。
コメント   この記事についてブログを書く
« NHK「ねこねこ55」 | トップ | 危機と唯物論者・無神論者 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

冥想アヴァンギャルド」カテゴリの最新記事