アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

水銀の取り扱い

2018-08-31 05:06:21 | 錬金術
◎ささいな誤りひとつで命を失う技法

クンダリーニ・ヨーガは、死を扱う技法なので、ささいな誤りひとつで命を失う技法である。

さて水銀が中国の煉丹、西洋の錬金術、インドの錬金術でも重要なファクターになっていることをスワミ・ラーマは承知している。

だが水銀は常温で液体だが、猛毒であり、水銀化合物が水俣病となったなど、水銀の扱いに関しては、ささいな誤りひとつで命を失うことは知られている。

一日、スワミ・ラーマは、弟子の求めに応じ、水銀による覚醒そのものは実演しなかったが、ペニスから水銀を吸入し云々という技法があることに言及したところで、実際に体温計を割って水銀を取り出し(当時は体温計の中に水銀が封入されていた。)、手のひらからその水銀を吸収し、いつでも水銀を尿とともに排泄できると宣言して、直後に尿の中に排出してみせた。

スワミ・ラーマは、水銀を体内に吸収する技法の存在は肯定したが、その手法ができる人間は一握りであり、その手法の体系は消失したと強調した。

現代に残る文献では、水銀を治療に用いるにも覚醒に用いるにも不十分であり、わずかに残るその手法の継承者は、現代の人類がこうしたテクニックの誤用、乱用、歪曲するのにたけているから公開することはないとも彼は説明している。

(参考:ヒマラヤ聖者最後の教え -伝説のヨガ・マスターの覚醒と解脱 スワミ・ラーマその生と死-下 パンディット・ラジマニ・ティグナイト/著ヒカルランドP197-206)

だが、世界核戦争後、多かれ少なかれ被曝している人類にとっては、福島以後の東北関東の人にとって放射能の体外排出がテーマだったように、再びこのテクニックが真剣に求められる時節があるのだろうと思う。

こうしたテクニックができるには、猛毒を摂取しても耐える肉体と猛毒を意図的に排出するテクニックが必要だが、それは、ささいな誤りひとつで命を失う技法でもあるのだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« パラ・カーヤ・プラベーシャ | トップ | 弟子に神を見せてあげる »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

錬金術」カテゴリの最新記事