アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

他人を監視することと幸福

2019-09-05 05:26:18 | マインド・コントロール
◎他人のプライバシーへの異常な関心と巨大監視システム

かつて職場に二人の還暦越えの男性がいて、その両人の話題は、いつも組織内の人物のプライベートな境遇のことであった。その話題は、不幸であったり気の毒であったりする内容であれば、興趣が盛り上がっている風であった。たまにその様子を見て、私はいつもどうしてそこまで他人の私生活に興味を持たねばならないのかと、訝しんでいた。

それは要するに他人の生活ぶりを妬み、そねんでいたのであり、自分が不幸であれば、他人が同様に不幸であることを以って自分を慰める類のことであった。
他人の不幸は蜜の味。

そうした蔭には、同等の生活環境であれば、できれば、その中で少しでも上回りたいという願望が蠢いているのだが、その際限のない堂々巡りを繰り返しても何十年倦むことのない心的エネルギーこそ恐るべきものだと思った。

これが、他人を監視したいというものに発展していく。世の中には異常に他人を監視したいとする願望を持つ者がいる。大はGoogleやfacebookやLine、さる共産主義国家や独裁国家であり、自分が権力を持った証の一つが他人のプライバシーを握れることとでも考えてでもいないと、このように大規模な監視システムは成立しないのではないだろうか。

その結果が、大規模な強制収容所で、中国と北朝鮮では毎度話題になる。他の自由主義国家では、どんどん監視の程度が進み、やがて国家ごと巨大な牢獄と化すことを予言されてもいる。

その元をたどれば、他人より少しでも良い目をみたいとか上回りたいという競争意識である。近代社会では、それにより自己実現ができると教え込まされて来てもいる。これぞ社会まるごと自我を膨張させるシステムであり、そのシステムは人間相互の小競り合いを増殖拡大させていき、世界戦争にたどり着くまで終わらないのだろうと思う。

殺伐、乾燥したその世界の風よ。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 人間の一生と性欲の盛衰 | トップ | オウム真理教 偽りの救済 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (沙羅)
2019-09-05 23:53:05
人のプライベートに興味をもったり知りたがる性格は女性特有の傾向だと思っていました。ゴシップ雑誌は女性読者を狙った雑誌がほとんどですが、昨今男性にもその傾向が表れてきたんですね?昭和時代は、男性同士の話題に同僚の私生活やプライベートの話題をする事じたい憚れる空気があったのですが・・・最近は男女の興味ある話題も均一化なのか?社会が監視=支配へと、生き辛い社会へと加担しているのでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マインド・コントロール」カテゴリの最新記事