アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

野宿して親鸞に思いをはせる

2019-06-30 06:47:43 | マントラ禅(冥想法7)
◎祖師もかように石枕

1207年、エリート階層出身の親鸞は、念仏禁止令に触れたとして、同信4名の死罪と同時に越後に流罪となった。師法然は土佐に流罪。

5年後に赦免はされたものの、1216年頃から常陸の下妻や笠間などで布教する。
その際に頼る者もなく、野宿も何度かはしたであろう。
禅のうしかひ草にも野宿シーンは出てくる。

小林一茶は、常陸の板橋山の麓で野宿することになった。

秋の夜や 祖師もかように石枕


枯れ残る草葉に露や霜がかなり降りている上に、夜寒の風も渡っている。そこで石枕とは、風情があるなどと洒落込んでいる場合ではないが、歌詠む人には、そうした一厘の余裕があるものだ。

故人はそこまでして旅をしたかったのだろうかとも思う。
コメント   この記事についてブログを書く
« 毒酒、濁酒、清酒 | トップ | 韓国壊乱 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マントラ禅(冥想法7)」カテゴリの最新記事