アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

真実にアプローチする勢い

2006-08-12 06:15:41 | マインド・コントロール
◎パワーも必要

無や神、仏にアプローチする勢いとは、常に存在しているものである。人間の意識が肉体にあるとか、アストラル体にあるとかいうことは、本来真実ではない仮象の世界に位置しているということであるから、意識の中心がそこにあるということそのものが、無や神、仏に迫って行こうとするモチベーションを与えていることである。

チャクラで表現するならば、現代人の心理的な位相は臍のチャクラ、マニピュラ・チャクラにあり、それが、ハートのチャクラであるアナハタ・チャクラに進んでいくようになっているなどという。クンダリーニというエネルギー・コードは、常に上昇しようという方向性をもっているものだから、頭頂のサハスラーラ・チャクラにある場合が安定した状態ということになる。

従って中途のアナハタ・チャクラやマニピュラ・チャクラにクンダリーニが留まっているということは、サハスラーラ・チャクラを指向して躍動する「勢い」が、不安定な状態で存在しているということになり、クンダリーニから見ても、無や神、仏にアプローチする勢いというものは、もともと存在していると考えられる。

理屈で説明すると以上のようなところだが、自分というものが死んで、神や仏を見て、更に自分がそれと合一することに対する恐怖を克服するためには、精神的・霊的成熟を待たなければならないのと、ある種の神秘的なパワーが必要になるだろうということは感じている。

見性寸前の張り切った、満ち満ちた状態になっていれば、目の前で蝋燭の火を吹き消しただけで大悟する。その満ち満ちる状態を作り上げるのが「神秘的なパワー」だと思う。神秘的なパワーはどうも消耗しやすいようで、禅家の清規でも、修道院のルールでも、禁欲せよとか、沈黙せよ等々細かい規則があるが、その中にどうすれば消耗するかが示唆されていると考えている。

いずれにせよ、今の社会で、通勤したり、通学したりする生活では著しく「神秘的なパワー」を消耗することは間違いないので、その意味でも、なおさら冥想が万人に必要と思う。単に消耗の緩和ということでなく、そのものズバリへの直観を与えていくという意味において。


    1日1善。1日1クリ。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 恐怖があるから冥想しない | トップ | ヒーリングと霊感の限界 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらでも失礼します。 (bashir)
2006-08-12 14:08:22
湘南さんの書き込みは、99%コメントしたくなりますね(^^。

僕の学んできた知識や経験、、、多少の獲得され、失われることのない境地にとても近いと感じます(^^



そして、今日の書き込みは、まさにその通りですね、、、社会の持っているエネルギーは、神秘性を奪い去っていく、、、禅家や修道院の「沈黙」の意味することの一つには、神秘性のエネルギーの浪費の防止や、体験を聞いた人のマインド錯乱防止などいくつかあげられると思います。

そのために、サンガ(コミューン、修道院、禅家など)の役割がある、、、そして、サンガの中で<それ>はより強烈に起こります。

そして、マスターと共にある時、、、完全なブッダフィールドの中である時、、、私達は神秘性を浪費することなく、さらなる深みへと入っていけると感じています。



長文ですみません(^^;
bashir殿へ (湖南)
2006-08-12 21:07:54
世の中にはちゃんと見神した人もおり、そういう方のほうが、間違いないことを述べるとは思いますが、共感していただけて恐縮です。



専門修行者の直面する問題は、衣食住の問題ですが、その解決のためには、周辺社会の理解は不可欠だと思います。



そういった点(社会からの理解を得ること)からも、精神世界のカリキュラムやエクササイズを、いかにも多額の金の掛かる形で出している人が多いのは、とても問題だと思っています。
そうですね、、、 (Bashir)
2006-08-12 21:39:56
特に、ヒーリングやセラピーの名のもとに、多額の参加費の徴収、、、そして、そのヒーラーになるためのお金も相当ですよね、、、しかも、本人の霊的な成長や認識なしに、ある一定の期間の講習(笑)とお金を払えば、資格を与える、、、その与える人間、与えれ満足する人間の無意識な相互関係もまた問題ですね。



探求のプロセスの中で、湘南さんに会えとても貴重に感じています。   Sw Anand Bashir
はじめまして☆☆~ (砂塵の砂塵)
2006-08-13 05:05:00
記事を読みました。

面白い記事を書きますね。



ところで、湘南さんって

御年齢お幾つなのですか?

お仕事はどの様なお仕事をされてらっしゃるのですか?

プロフィールのところに「精神世界ヲタクの研究試論です。ヲタク歴28年にして、いまだ神を見ず。・・・・・・・・・・・・・このブログは、いかなる団体とも関係ありません。」って書いてありますが…。

それと御結婚はされてるのでしょうか…。(お子さんはいらっしゃるのですか?)

それとも学生さんですか……。



不思議な感じなのでお聞きしました。







砂塵の砂塵殿へ (湖南)
2006-08-13 06:30:36
初めまして



ご関心を持っていただいて、うれしく思います。

年齢は40代後半です。

仕事は、精神世界と全く関係ないカタギの実業です。聖職者でも教職でも学者でもありません。

家族構成はご想像にお任せ致します。



ここの問題意識は、チョットおたくだけど、普通の勤労者が持っている考えを出していきたいというものです。



ではでは。
bashir殿へ (湖南)
2006-08-13 06:31:07
そうなんですよ。



ヒーラーのセミナーの料金表やノウハウ伝授料を見ると相当に高額であり、驚かされることがあります。



与えられるほうはともかくとして、与える方はどういうつもりなのかと考えさせられてしまいます。責任持てるのかなあって。カルマは背負うことになるのでしょう。



冥想がんばってください。
共有 (gb10)
2006-08-16 09:02:22
精神力が消耗していることを自分自身で感じることが

ありますが、満員電車の中で静かに瞑想してみたり、

車両の中に詰め込まれた人々から、ちょいと力を拝借

するようなさもしいことをすることがあります。



環境を整えれば「神秘的」な力を分け与えたり、受け

取ったりすることは十分可能だと思います。

そのような場でエネルギーのやり取りを体験することが

できれば、精神の成長も早いのではないかと思います。

gb10殿へ (湖南)
2006-08-16 19:49:46
神秘的な力を問題にする冥想の方向と、まったくそれを問題にしない方向もあります。



お好みしだいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マインド・コントロール」カテゴリの最新記事