アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

冥想の深浅高低-1

2014-10-15 03:38:52 | ザ・ジャンプ・アウト
◎ヨーガ・スートラに見る定と三昧-1

冥想の縦軸である時間的広がりは、肉体、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーザル体、アートマン、ニルヴァーナと七つの身体に沿って展開する。七つの身体は七つのチャクラにそれぞれシンクロしているので、この展開は、ムラダーラ・チャクラ、スワジスターナ・チャクラ、マニピュラ・チャクラ、アナハタ・チャクラ、ビシュダ・チャクラ、アジナー・チャクラ、サハスラーラ・チャクラと進むとも言える。

そしてかたや、横軸である空間的広がりが、いわば冥想の深浅高低と位置づけられる。

定と三昧は、冥想の深浅高低の基本である。定と三昧の定義は、インドで5世紀頃成立としたとされるヨーガの根本聖典であるヨーガ・スートラに、基となる説明がある。
前の6種は、定や三昧までの準備段階であり、7番目が定で、8番目が三昧である。

1.制戒(ヤーマ)
  不殺生、真実、不盗、不淫、無所有の五戒を守る。

2.内制(ニャーマ)
  肉体と心を清浄に保つこと。生命をつなぐに足るだけのものに満足すること(知足)。
断食その他の肉体的苦行。マントラ・ヨーガの実践(読誦)。一切万象それ自体であり、一切万象の母であり、一切それ自体万象である神への祈念(自在神への祈念)

3.坐法(アーサナ)
  冥想をするのに安定した快適な坐り方

4.調息(プラーナヤーマ)
  呼吸法により、粗い呼吸の流れを整えること。出息、入息、保息を行い、調気(呼吸  停止)に進む。

5.制感(プラティーヤハーラ)
  五感の諸器官が音や光などの外から来るものに惑わされず、心の動きに従うこと。

6. 総持(ダーラナ)
  心を一つの場所に集中すること。

7.定(ジャーナ)
  対象と心そのものが一体化すること。

8.三昧(サマディー)
  対象だけになり、心をなくしたような状態。

【チャクラと七つの身体-299】
◎アートマン-3
1.クンダリーニ・ヨーガ ◎冥想の深浅高低-1 ◎ヨーガ・スートラに見る定と三昧-1
(ザ・ジャンプ・アウト353)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« アートマン-2 | トップ | 冥想の深浅高低-2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ザ・ジャンプ・アウト」カテゴリの最新記事