アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

虚空蔵求聞持法 行者日誌

2018-07-27 05:38:05 | 密教
◎トランスの50日と現世利益

これは、50日間でマントラ百万遍を唱える行、虚空蔵求聞持法を、満行された方の話。

睡眠3時間で50日を通すのだが、正気を維持できるかというのも一つのポイント。

行中は、まとまった体裁の文章など書けなくてメモの山しかできなかったのを後に整理して本の形にされたとのことで、さもありなむ。

しばしば発生するトランスの中で、もちろん様々な魔にも遭遇するのだが、魔であると認識し、進む。

沐浴の時に鏡もないのに行を行う自分の姿を見て、非常に驚いた。この時肉体から出たようだが、そうだとは書いてはいないが、そういうところだろう。

虚空蔵求聞持法のキャッチコピーのように、満行した瞬間に超聡明になってスーパー記憶力をゲットしたなどとは書いていない。

そういう現世利益最優先でトランスの50日を正気で過ごせるものではないということなのだろうと思った。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 逍遥訣解読-3 | トップ | 宗派によらない黙照枯坐 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山蔭)
2018-07-27 22:48:33
虚空蔵求聞持法に限らず同じ行(ぎょう)をしても同じ結果が出るなどということはないでしょう。
その人の機根(才能)、あちらとこちらの同調等、いろいろな要素が考えられますから。
空海だったからこそという理由のほうがすんなりします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

密教」カテゴリの最新記事