アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

山岡鉄舟の修行-1

2005-12-12 05:27:52 | 丹田禅(冥想法8)
◎男女の別を超える。

山岡鉄舟は、明治維新の時に大兵団を率いて江戸に入場しようとする薩摩の西郷隆盛と静岡で直談判をして、江戸の無血開城を決めた人物である。
その名を知っているのは、剣道をやっている人か禅をやっている人くらいのものだろう。

山岡鉄舟は、190センチ位の巨漢であり、名誉と金銭には生涯恬淡としていた。県知事の職を与えられながら、もめごとがおさまると数カ月でさっさとその職を辞し、明治天皇の侍従職を西郷隆盛との約束どおり10年勤めてさっさとやめてしまうなど、その生涯の有り様は、剣客でありながら、純粋一徹な求道者であることが、見て取れる。

鉄舟は、結婚後、2~3年はなかったが、24、5の頃から盛んに女郎買いを繰り返した。それもひとりの女に絞って買うのではなく、日本中の売春婦をなで斬りにするのだと語っていた。

鉄舟が、ある時、「色情というものは、一切衆生の生死の基本だから実にしつこいものだ」というと、
弟の飛馬吉が、「色情なんて年をとれば自然になくなりますよ。」と笑った。
すると鉄舟は、「馬鹿なことを言うな。お前のいう色情とは肉体的欲望のことだろう。おいらの言っているのは、男女という差別観念のことだ。そいつが根こそぎなくならなきゃ、本物じゃねえ。」と戒めた。

この会話から、鉄舟は、情欲からの解放を狙っていたのではなく、男女に象徴される相対的な区別の観念を捨て去ろうとしていたのである。

山岡鉄舟の述懐に「予21歳の時に色情を疑い、・・・その間に言語を絶する苦辛をなめた。」とあり、40代半ばまでの、その境涯を得るための修行において、あらゆる辛酸をなめたのである。

人気blogランキング精神世界 ランキング目次
    1日1善。1日1クリ。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冥想の深浅高低-12 | トップ | 山岡鉄舟の修行-2 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (田中)
2014-09-26 09:26:15
はじめまして

風俗(遊郭)通いも、
不倫とか 浮気の一つであるように思えて

鉄舟の奥さんも 身を切られるようにつらかったと
言っていたみたいですが
 
一休の場合 破戒僧といわれてますが 1人の女性
を基本愛していますよね 

クリシュナとか イエスが不倫とかはいけないことだと
言っているいるんなら 鉄舟はどうななのかなと??

チベット密教のミラレパの師匠
マルパは お布施にも強欲で 8人妻がいたと言われていますが

悟り 解脱といった概念の中で
鉄舟や マルパのような 人間はありなんですかね?

田中殿へ (湖南)
2014-10-02 05:40:46
コメントありがとうございました。

覚者の行動原理は、欲得でなく、「天意」というのがあります。つまり自分が行動するのでなく、天が行動せしめているというのが。

行動の表面だけでは真相はわからないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

丹田禅(冥想法8)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事