アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

七つの次元を貫くもの

2017-04-28 05:26:21 | チャクラと七つの身体
◎パイロットとクンダリーニ

スピリチュアルおたくとして色々と調べていくと、行き当たる大きな疑問が残る。その一つが、七つの次元を貫くもの。

7つの身体は、それぞれ7つの次元に存在する。そしてチャクラが存在するのは、第4身体であるメンタル体まで。

ここまでは良い。しかしこの他に七つの次元それぞれに存在するものがある。それは神なのだが、もう2つある。

それは、7つの次元すべてのパイロット水先案内人であって、ヘルメスでありミトラであり、猿田彦である。

残る一つはクンダリーニのエネルギー・コードなのだが、ダンテス・ダイジの明かした神人合一にあっては、個はコーザル体までであり、「コーザル体は7つの次元を超えて霊線上を上昇する」という矛盾に満ちた表現で説明している。

コーザル体は上昇を続けそれがアートマンの光線であったことに目覚め、「あらゆる多次元の現象宇宙は私自身の身体である」というアートマンの自覚に至る。

これは、なぜか“ブラフマンとアートマンの合一”という見出しのところに記述されている。(ニルヴァーナのプロセスとテクニック/ダンテス・ダイジによる)

クンダリーニのエネルギー・コードとは霊線のことで、自分がアートマンであるというところにまで至るが、ここまでなら6つの次元だが、あくまで説明は「7つの次元を超えて霊線上を上昇する」となっている。

クンダリーニのエネルギーコードは、正常人ならチャクラと接している。ところが、体外離脱や発狂に際しては、接続がはずれる。

それと関係があるかどうかわからないが、人は絶対絶命の状況に直面した時に、人は取る分かれ道が3つある。発狂か自殺か悟りかということになる。これは、神人合一を悟りとすれば、これは紛れもない悟りのチャンスである。

だから、「恐怖の恵み」などという微妙な、大きく誤解されかねない表現すら出してくる。凡俗の目から見れば、発狂も自殺もあり得るけれども、それでもチャンスなのかと感じられるからである。

そんなことを思うのは、まだまだなのだろう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 光明とは何か | トップ | バルドル殺し »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

チャクラと七つの身体」カテゴリの最新記事