アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

まっすぐ座る

2018-08-29 05:42:10 | 冥想アヴァンギャルド
◎ヨーガでも禅でも共通

「ヒマラヤ聖者最後の教え -伝説のヨガ・マスターの覚醒と解脱 スワミ・ラーマその生と死」を読み返しているが、その中で、背骨をまっすぐにして座るくだり(P156)があり、毒素排出と健康回復(P177,178)が個人のことだけではなく、世界全体にもつながっていく原理であることが示されている。

まず、まっすぐ座ることについて。

頭、首、胴をまっすぐにして座るのが、最も健康的で、最も快適な座り方。そうすると、脊柱の基底部に圧力がかかり、熱が生じる。その熱が強まると、プラーナのエネルギーが広がり、上へ上へと上昇していく。脊柱をまっすぐにし、神経系がリラックスしていくことで、プラーナのエネルギーは脊柱に沿って、頭に向かってのびのびと上昇していく。この座り方では、怠惰やぼんやりした状態を避けられる。

これは、まっすぐ座っている人は毎度実感されていることではないか。その感じを知らない人に伝えるのは難しいので、やってもらうしかないのだが。

禅でも背骨をまっすぐは変わらない。

帰宅してから、疲れて頭の中がごちゃごちゃのところで座れるかというところでも、一つ自発的意志力は必要となる。
コメント   この記事についてブログを書く
« チベットのグランド・マスタ... | トップ | パラ・カーヤ・プラベーシャ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

冥想アヴァンギャルド」カテゴリの最新記事