アヴァンギャルド精神世界

冥想により、限りなき知性と底知れぬ優しさを。そこに次の時代が・・・。この世はドリームでもあり、リアルでもあり。

中国人論、韓国人論

2019-10-06 07:04:34 | 冥想アヴァンギャルド
◎下部3チャクラと何でもあり

最近何かと話題になる、韓国人論、朝鮮人論。文末の〔併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達〕という朝鮮人論を読んで、大半の部分が中国人と重複していることに気がついた人も多かったのではないか。

なお個人的に知っている韓国人、中国人もいるが、皆君子である。

世の中に中国人論、中国人の品格論は多く、いかに多くの日本人はひどい目にあってきたかということである。

中国と言えば、何でもあり。人間には10チャクラあるが、下方3チャクラ(太腿、ふくらはぎ、足裏)は、現代ではほとんどつかわれないというのは、動物に属するチャクラであるから。

何でもありというのは、そこを使うということであって、中国人、朝鮮人がより動物的であるというのは、そういうこと。(野口整体では、男女比較すると女性の方がより動物的だとする)

第二次世界大戦以前は、荷役で苦力(クーリー)というのがあって、わずかな賃金で苦役同様の稼業を行っていたのだが、目撃した日本人がこれを哀れに思う話はいくらでもある。ところが中国農民は現代の苦力であって、農奴と変わらないという。中国の人権圧殺恐るべし。だが、あれだけ街頭に監視カメラをつけ、ネット言論を徹底監視しているわりに、年間海外旅行者1億人というのは、言論、思想統制と言う見地からは大きく片手落ちであり、それよりは有事直前に海外脱出を容易にできるようにしたいとでも思っている人がいるのだろうか。

さて中国人論での中国人の代表的特徴は、
1.エロに恥も外聞もない(性欲を隠さない)。
2.グロ(人肉を食う、人を虐待する、犬猫鼠を食べる)にも恥も外聞もない。
3.嘘をついたり、詐欺をすることに躊躇がない。
4.金もうけなどで、我欲を露見させることをみっともないなどと思わない。
5.喜怒哀楽を表に出さないので、愛嬌がなく、それと裏腹に、人情を顧みず酷薄、
6.面子は重視するのと裏腹に、腹黒く、モラルがなかったり、低かったり。
7.戦争が悪いと思わない。平和を求めない。平和が続くのは、下剋上での生活の上昇チャンスが発生しないことと見ているせいか。
特に中国は、日中戦争では戦場が面ではなく、線で拡大したため、自国が戦場になった体験は大都市圏の人しかいないので、平和希求の意識が希薄である可能性はある。
 この点日本人は平和希求は人類皆共通と思い込んでいるが、大きく誤解するところ。易姓革命の伝統であれば、造反有理であり、戦争歓迎なのだと思う。反日記念館などへ行けば、戦争が悪いなどとは書いていないという。

一方李氏朝鮮は中国の属国として500年あり続けたので、中国人的特徴はかなり有しており、更に屈折している。
また日本人にとっては、朝鮮人によるテロとして、伊藤博文暗殺、上海天長節爆弾事件(白川義則大将爆死、海軍中将野村吉三郎(対米開戦時の駐米大使)が片目を失い、在上海公使重光葵(ミズーリ艦上での降伏調印)が右脚を失う等)を忘れることはできない。

以下は、ネットからパクッてきた朝鮮人の扱い方。それらしい出典はないかと当たってみたが、とりあえず見当たらなかった。

『〔併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達〕

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。
   勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。
   殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、
   最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。
   権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。
   特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。
   仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。』

人間には、上も下もないので、中国人、朝鮮人でも、もちろん覚者は出ている
コメント